Nishio Lab.
ユーザコンテキストを反映した
セマンティックキャストの基盤技術
立命館大学大学院理工学研究科
西尾研究室
首藤幸司、西尾信彦
Nishio Lab.
従来の情報配信


インターネット
– 家庭やオフィスなど屋内利用
– 最近では携帯電話で屋外利用
– ユーザが意識的に情報を取りに行く
→ ユーザ側からサービス側へ
それに加えてこれからは・・・
– ユーザコンテキストを活用
– ユーザは無意識
– 各ユーザに見合った情報をサービス側から配信
→ サービス側からユーザ側へ
Nishio Lab.
情報配信における基盤技術

情報の配信方法
– PULL型

ユーザの要求に対する配信
– PUSH型


サービス側の一方的な配信
基盤技術
– ユーザの要求の出し方
– 配信対象の決定
– 配信対象までの情報伝搬

想定環境
– 多人数(1~n)を対象とした情報配信
ユーザに配信される情報を有意なものにする
Nishio Lab.
ポスター閲覧支援システム(1)
発表開始を通知する
– 誰に通知するべきか?


ポスターの前に来ていない人
来てもすぐ帰った人
– どのように発見するか?
ポスター前の通過履歴をとる
 ユーザの予約履歴を参照する
 ユーザが誰かに依頼し、
その依頼先を探す
配信対象の決定

– どのように配信するか?


ユーザ間のアドホックネットワークを用いる
複数の基地局で全ユーザを管理(ローミング)
Nishio Lab.
ポスター閲覧支援システム(2)
個人の専門と関係あるポスター情報を提示する
– 誰に提示すべきか?

ポスター情報と関連のある人
– どのように発見するか?


ユーザが基地局などに個人情報を登録しておく
登録情報を元に、情報を配信
– どのように配信するか?

複数の基地局で全ユーザを管理(ローミング)
ユーザが嗜好や個人情報を公開することは重要
Nishio Lab.
ポスター会場想定図
:ポスター
Nishio Lab.
セマンティックキャスト
情報を受け取って意味のある人々に配信する

共通コンテキストでグルーピング
↓
↓
グループコンテキスト セマンティックグループ


ユーザコンテキスト
– 物理空間コンテキスト

位置情報 = 公的な情報
– 駅、空港、店舗
– 非物理空間コンテキスト

嗜好情報 = 私的な情報
– 興味、好物
非物理空間コンテキストの扱い方が難しい
Nishio Lab.
閉ざされた空間を考えた場合・・・

似たような目的を持った人々が集まる
– 空間例
 遊園地、学校、ポスター発表会場
– 喜ばれるサービス、意味のあるサービスを想定しやすい
– サービス対効果が高い
– 街中は一見閉ざされた空間とは言い難いが、区画ごと(店舗ご
と)に注目すれば、街中は閉ざされた空間の集合体
空間を限定して情報を配信する
物理空間コンテキストのみでも有効な情報配信が可能
Nishio Lab.
ユーザコンテキストの扱い方

サービス側が推測した嗜好情報などの非物理空間コンテキ
ストは厳密性に欠ける
→ 適切なサービスを提供することは困難
それならば・・・

非物理空間コンテキストはユーザが意識的に公開する
サービス側がユーザコンテキストを予測する技術
ではなく
ユーザの嗜好情報や個人情報をセキュアに扱う技術
※個人情報をどこまで保護するかも課題である
Nishio Lab.
属性ベースルーティング

従来のTCP/IP通信
– IPアドレス → ホストベース

セマンティックキャスト通信
– グループコンテキスト → 属性ベース
情報を適切なユーザに適確に配信する
and
IPv4(or v6)ネットワークで通信を行なう
グループコンテキストとIPアドレスの対応付け機構
Nishio Lab.
予備考察

関連研究 - Content Cruising System
–
–
–
–
意思を持った情報の伝播モデル
コンセプトは「憑依性と地縛性」
発信者のポリシー = 意思
応用例


映画の口コミ情報を、映画館の周りに集める
人の移動に便乗して、情報に方向性を持たせる
– 応用例


ある方面への情報の伝播
団体の誘導
ダウンロード

ユーザコンテキストを反映した セマンティックキャストの基盤技術