4.「血液透析看護共通転院サマリーVer.2」
の説明
1)開発の必要性・概要・操作の仕方
なぜ、今 共通転院サマリー
群馬県腎不全セミナー会員より
?
【サマリー作成の目的】
転出、転入時の情報収集を効果的・効率的に行う
転院時サマリーの記載項目に共通性をもたせる
看護の情報が解りやすく記載してある書式が必要
共通転院サマリーを作成
方法
どの施設でも
使用できる
記載項目の
抽出
幹事が話し
合いを重ねた
項目
①患者基本
情報
⑦安全に関
わる項目
⑥看護問題
⑤自己管理・教育
情報
②透析条件
③薬剤
④連絡伝達
事項
患者基本情報
氏名・年齢等
連絡先・住所
透析条件・薬剤関連
DW関連
時間・曜日・時間帯
アクセス関連
薬剤関連
転院目的
連絡伝達事項
アクセス関連
合併症・既往歴
キーパーソン・
通院方法
自己管理・教育 情報
自
己
管
理
教
育
内
容
看護問題
安全に関わる評価
ADL
視力・
聴力
認知
関連
操作方法
リストからの
選択式
フォーマット使用ソフト
エクセル
直接コメント記入
まとめ
 共通転院サマリー使用により転出・転入双方が情報の共
有がしやすくなる。
 看護の伝達ができる。
 リスト使用により操作が簡便になる。
 直接コメントを記入できることにより、リスト使用不可項目
に対応できる
ダウンロード

1)開発の必要性・概要・操作の仕方