経営システム工学総合実験
第4回 ビールゲーム
実施日2006年5月12日
発表日2006年5月19日
班名 ジローラモ
1
方針
在 庫 (管理費
0.5ドル/ケース)
– できるだけ少なく持つ。
– 上流で持つより下流で持つ。
その方が需要の変動に対応できる。
受注残(損失費
1.0ドル/ケース)
– できるだけ発生させないように。
2
結果
在庫の合計 593ケース
受注残の合計 95ケース
総費用 391.5ドル
表1.各部門の在庫・受注残・注文の平均(単位:ケース)
平均在庫数
平均受注残
平均注文数
工場
3.6
0.1
7.3
一時卸
5.0
0.1
7.5
二次卸
5.0
0.3
7.6
小売店
2.9
2.2
7.8
3
考察
どうしてこのような結果になったのか?
– 小売店から二次卸への発注量の変動が小さかった。
– 第5週目より小売店における在庫が減りはじめ、第7週目
より小売店において大量の受注残が発生したが、在庫を
持つなら上流よりも下流で持った方が良いという考えのも
と、初期の段階で二次卸における在庫を多く持っていた。
– 一次卸が小売店の出荷量と二次卸の在庫量を見て発注
量を決めていた。
– 工場が各コンポーネントの在庫量が多くなりすぎないよう
配慮しながら、生産を行っていた。
4
結論
他班と比べて費用をかなり抑えることができ
た。これは、工場や一次卸がそれぞれの発注
量を決めるとき、それぞれの前にあるコン
ポーネントから受ける発注量だけでなく、小売
店の在庫量や発注数を参考にしていた、また、
できるだけ発注先で受注残が発生しないよう
に発注量を決めていたためと考えられる。
5
ダウンロード

経営システム工学総合実験 第4回 ビールゲーム