第8回大阪府市医療戦略会議
提言とりまとめイメージ 戦略編抜粋 ⑤
10.戦略実現のプレイヤーとメカニズム
● 戦略実現の主役(プレイヤー)は、府民(消費者)・保健医療提供機関・企業
● 各プレイヤーにとってのインセンティブを設計
● 行政の役割は、コンセンサスの形成、ルールやしくみづくり、啓発や発信、プレイヤーにメリットのある
環境整備
凡例:
:実現の主体、強く関与
府民
①
疾病モデル別健康対策
②
レセプトデータの戦略的活用
:実現に協力・支援、関与
(消費者)
(国民健康保健組合等)
保健医療
提供機関等
生活行動変革
間接支援
サービス提供
保険者等
受療行動改善 データ活用・行動変革
③
医療情報の電子化と
ビッグデータの戦略的活用
④
地域密着型
医療・介護連携最適モデル実現
⑤
民間病院の
高度化・経営基盤強化
⑥
スマート・エイジング・シティ
⑦
スマート・エイジング・バレー構想
(産業振興)
:実現に合わせて活動
情報共有
診療プロセス改善
情報共有
包括ケア提供
企業・研究機関
新サービス創出
:特段関与なし
基礎自治体
関連政策実施 関連政策実施
マクロ分析
支援
主要政策実施
活用・ビジネス分析・研究
コミットメント・主要政策実施 支援
関連政策実施
増益モデル実現
サービス提供
サービス提供
大阪府
実証・ビジネスモデル創出
新サービス提供
関連政策実施
主要政策実施
実証・ビジネスモデル創出
新サービス提供
関連政策実施
主要政策実施
1
戦略領域の関連イメージ
短期
長期
Practical
Approach の視点
[保健医療提供体制]
ガバナンス改革
(戦略④)
次世代型健康づくり
(戦略①)
[保健医療提供体制]
民間主導改革
(戦略⑤)
[保健医療提供体制]
保険者改革
(戦略②)
超高齢社会型・
生活総合産業の展開
(戦略⑥⑦)
価値創造型保健
医療産業の振興
(戦略③)
Scientific
既存政策の構造改革
新たな政策の展開
政策エリア
2
ダウンロード

5. [PowerPointファイル/525KB]