位置情報履歴を利用した
サービス提供機構の構築
慶応大学環境情報学部4年
徳田研究室
土田泰徳
[email protected]
本日の発表内容
研究の背景・目的
 概要
 応用例
 評価方針
 今後の課題・予定
 まとめ

2
背景

移動計算機・携帯電話などの急速な普及

ユーザのニーズの多様化

サービスのカスタマイズ
3
問題意識


ユーザごとのカスタマイズ
ユーザの置かれる状況を正確に判断

個人情報、嗜好、位置情報、時間、周辺情報

時間と位置情報

位置情報履歴
4
目的

位置情報履歴を用いたサービスの高度なカスタ
マイズ
ユーザに最適なサービスの提供
5
時間

リアルタイムな環境情報と比べて

過去・現在

時間の流れ

未来の予測
6
位置情報

位置情報




全ての物体が持つ
非常に動的な情報
移動計算機・携帯電話などの急速な普及
位置情報を意識したサービスの必要性


研究・論文
商用のサービス DDIなど
7
位置情報履歴

時間の流れに注目
過去
現在
未来
現在の位置情報
1
過去の位置情報
2
移動
3
定期的な行動
8
シナリオ1
1.
一定時間前の過去の位置情報
2.
ユーザの移動
定期的な行動パターンに関する情報
3.
昨日のミーティング
今日
9
シナリオ2
1.
一定時間前の過去の位置情報
2.
ユーザの移動
3.
定期的な行動パターンに関する情報
移動計算機
現在
移動計算機
移動計算機
時速100kmで移動中
移動計算機
5分間移動なし
10
シナリオ3
2.
一定時間前の過去の位置情報
ユーザの移動
3.
定期的な行動パターンに関する情報
1.
じんさんが、毎朝スターバックスでコーヒーを飲む。
•新商品の広告配信
•メールで自動的に事前に注文
•ある程度の将来の予測
11
サービスとは

本システムにおけるサービスの定義

様々なデバイスの機能
• JVMによって管理可能なデバイス

Javaアプリケーション
• SOUNDの再生
• E-mailによる情報配信など
12
本研究の概要

構成要素
移動計算機 (+ 位置情報取得デバイス)
 位置情報履歴管理サーバ
 サービス提供機構

13
システムの流れ
過去
現在
移動計算機
移動計算機
サービスの提供
位置情報取得
サービス
位置情報の検索
位置情報
位置情報履歴
管理サーバ
履歴DB
サービス提供機構
サービス管理
モジュール
アクション管理
モジュール
14
システムの流れ
• 任意のユーザによって構築される
• 大学/研究室 単位
• 友人同士
• ビジネス
サービス
サービス提供機構
サービス管理
モジュール
アクション管理
モジュール
15
システムの流れ
過去
現在
移動計算機
位置情報取得
位置情報
位置情報履歴
管理サーバ
履歴DB
移動計算機
位置情報の検索
16
本研究の概要

必要とされる機能
位置情報取得機能
 履歴管理機能
 サービス提供機構

17
1.位置情報取得機能

GPSやPHSを用いた位置情報取得

緯度・経度を用いた表記


ユーザの移動速度
デバイス非依存な表記方法
o208
Shibuya
:
:
208.o.sfc.shonan.fujisawa.japan
Sibuya.tokyo.japan
18
2.履歴管理機能

履歴情報の容量



履歴の保存間隔
履歴の保持期間
保持するデータ構造


位置情報及び個人情報
柔軟性
XMLを用いて記述する

履歴情報を用いるためのAPI
19
位置情報履歴 表記
<lis name=“yasut”>
<gender>male</gender>
<age>21</age>
<job>univ. student</job>
<address>ikuta.kawasaki.kanagawa.japan</address>
<data date=“200006151900”>
<location>
i208.sfc.shonan.fujisawa.kanagawa.japan
</location>
</data>
<data date=“200006151850”>
<location>
……
</location>
</data>
</lis>
20
履歴情報の検索

検索のキー:
現在の位置情報
過去の位置情報
個人情報(ユーザ・プロファイル)
移動
定期的な行動パターン
厳密さ・正確さ
21
3.サービス提供機構

サービス管理モジュール


アクション管理モジュール


現在、提供可能なサービスの管理
位置情報履歴及び個人情報をキーにしたサービスの起
動を記述
アクションの構築のためのツールキット

GUI、パラメータ
22
実装項目
位置情報の取得はPHS・GPSなど
 履歴管理DBはPostgresを利用


HLIS API
サービス提供機構
 ツールキット

23
関連研究・事例

楠本晶彦, “計算機の位置情報に応じたサービスのグループ
化と透過的利用環境の構築”

Yasuhito Watanabe, “The Design and Implementation of the
Geographical Location Information System”, INET’96, 1996.

伊藤佑輔, 時空間限定オブジェクトシステムSpaceTagの能動
機能の設計と応用, DICOMO2000シンポジウム, 2000.

DDI(株), 位置情報コンテンツサービス
24
今後の課題

卒論へ向けて
アクション管理モジュール
 履歴の分析


関連研究・事例
25
長期的展望

嗜好や健康状態のような動的な個人情報な
どを利用

ユーザに負担をかけずに
最適なサービスの提供を実現する

特に時系列なデータに注目
26
実装計画
8月
 9月
 10月
 11月
 12月
 1月

関連研究のリサーチ&設計
設計
実装
実装
評価
卒論執筆
27
まとめ
「位置情報履歴を利用したサービス提供機構の構築」

時間と位置情報によるサービスのカスタマイズ

カスタマイズしたサービスの配信
28
ダウンロード

位置情報履歴を利用したサービス提供機構の構築