「焼却ごみ1/3削減」推進市民会議活動発表会
ごみ出しルール・啓発分科会
啓発推進グループ活動報告
ー 啓発活動の結果と課題について ー
(主としてごみステーションの活用と今後の展開)
平成22年2月1日(月)
中央コミュニティセンター8F
啓発推進グループ(9名)
公募委員
津田正臣(リーダー) 今村甫之(サブリーダー)
角田好男
勝又照寿
佐藤 明
丹羽淳一郎
南山 旭
老人クラブ連合会
小関澄子
NPO環境カウンセラー千葉県協議会
戸村 泰
報告内容
①なぜ啓発が必要か(啓発推進グループの発足)
②計画の策定と実施の結果
③今後の課題(今後の展開・提案)
○なぜ啓発が必要か
<市民の認識>
「焼却ごみ1/3削減運動」という言葉は聞いたことはある。中味は知らない。
<市の情報発信>
市ホームページ、市政だより、出前講座、ポスティング等数多くある。
・あまり関心がわかない(理由がわからないと協力が得られない)
・簡潔明瞭でない(冗長な資料は読まない)
啓発推進グループの基本計画
あるべき姿 : 削減計画が分り易い情報として、市民の
末端まで浸透すること
実施施策の討論
○情報そのもの
・特別PR版の作成
・多面的で分り易いもの
・小中学生向けパンフレット
・削減メリットを強調
・我が身との係りが分かる ・きわめて簡潔な
・DVD化
○情報伝達
・小学校でのプレゼン
・自治会・管理組合の指導
・説明会、見学会開催
・ステーションの活用
・NPO、環境団体の活用
・市ごみ袋の改善・活用
・適正化推進員の活用
・市施設を利用したイベントの前座でプレゼン
・出前講座活性化
・発信チーム編成(市職員、自治会、団体で構成)
○インセンティブ
・コンテスト
・ごみステーション整備費用支援
・自治会、管理組合の成果対応インセンティブ
計60項目ほど
具体的実施施策と実施の状況
○分かり易いシンプルな資料の作成
(構成:削減する理由、市民がすべきこと)
・小冊子(配布用)
・ パワーポイント資料(プレゼン用)
・ちらし(配布、掲示用)
○伝わり易い啓発活動
行政―自治会・管理組合―住民ルートの活用
・ごみステーションでの掲示
・戸別配布
実施済み
未実施
市施設でのイベント、講演会の利用
・イベント、講演会の前座を利用したプレゼン
作成した小冊子
千葉市清掃工場の現状と削減の必要性
焼却ごみ1/3削減計画の概要
市民が出しているごみの現状調査
我々が早急になすべきこと(古紙、雑紙の分
別資源化の方法紹介)
皆さんが出している可燃ごみの例
(分別してみたところ)
プラスチック、ビニール類
リサイクル紙類
生ゴミ
布類
紙類、他(焼却処分)
皆さんが出している可燃ごみの例
(分別、重量測定てみたところ(5袋))
生ゴミ 6.2kg(46%)
プラスチック、ビニール
2.6kg (19%)
紙類他(焼却処
分)1.9kg(14%)
ペットボトル はさみ
リサイクル紙類 2.9kg(21%)
作成したプレゼン用資料(パワーポイント)
作成したチラシ(2種類ーポスター掲示、戸別配布用)
●ちらしの内容のポイント
・削減の理由
・市民がまずやるべきこと
ダウンロード

スライド 1