Microsoft Open Value 提案書テンプレート
Ver. 6.4
マイクロソフト株式会社 ライセンス&プライシング グループ BMO
本日ご案内したい事柄
1. ソフトウェアに関わるお客様の課題とニーズ
2. 課題解決のためにご推奨するマイクロソフト オープン バリュー (OV)
3. マイクロソフト オープン バリュー(OV) で標準装備されるソフトウェア アシュア
ランス (SA)
2
1. ソフトウェアに関わるお客様の課題とニーズ
3
お客様から良く頂く課題・ご要望
課題・ご要望
ソフトウェア投資への計画
ソフトウェアのアップグレードのための都度予算化が困難
 ソフトウェアの中長期の計画的な予算化が困難

ソフトウェアのライフサイクルに応じたサポート
 ミッションクリティカルなサポートが必要
 PCの導入展開が非効率
 個人情報漏洩のリスクを懸念
セキュリティやコンプライアンスの対策
 ライセンス管理にかかる工数がかかる
 ユーザートレーニングやヘルプデスクサポートのコストが高額
 コンプライアンスの観点からソフトウェアの違法コピーを懸念
 複数バージョンが混在し、最も古いバージョン環境に合わせた設定を
せざるを得なく、セキュリティ対策が不安
等々
4
コーポレートガバナンスの視点から見たソフトウェア管理
日本においても、粉飾決算事件などからコーポレートガバナンスに対する規制(日本版SOX法制定)
の動きが高まってきており、企業における内部統制の基本的要素の一つとして「ITの利用」が盛り込
まれています。
業務の有効性及び効率性
財務報告の信頼性
事業活動に関わる法令等の順守
企業ガバナンス
資産の保全
ITガバナンス
内部統制
【内部統制の目的】
【内部統制の基本的要素】
統制環境
リスクの評価と対応
IT統制
統制活動
情報と伝達
財務報告
に関わる
内部統制
•
•
モニタリング
ITの利用
法的リスクの回避
 社内での偶発的違法コピーも含めて回避
 企業イメージの向上
ITガバナンスの整備
 最新バージョンによるプラットフォームの統一と迅速な企業情報戦略への活用
 戦略的情報ツールとしてのPCの利用
 セキュリティー強化(セキュリティーポリシーの策定が容易)
•
コスト削減と資産の明確化
 ライセンスコストの削減(調達、管理、運用、教育コスト 等)
 予算化プロセス短縮を実現し、関連コスト削減
 ライセンス資産管理(納税上特に重要)
5
2. 課題解決のためにご推奨する
マイクロソフト オープン バリュー
6
三種類の購入方法比較
費用対価値比較
OV契約者の
ご満足項目
OVが提供する価値
価値
Value
強化項目 #1 トレーニングクーポン
2006/3 #2 インフォメーションワークソリューショ
ンワークショップ
•ソフトウェアおよびバージョンの標準化
•より低い管理コスト
•より低いセキュリティーリスク、個人情報リスク
•全社契約値引き、プラットフォーム値引
1
3
#3 Windows Vista Enterprise (Virtual PC Express
付き)
#4 24*7 技術サポート、プレミア契約との融合
#5 延長Hot fixサポート
SAが提供する価値
•アップグレード権による有利な価格
•年額払い
2
•自宅使用プログラム、従業員購入プログラム、TechNet Plus
•ボリューム値引き
•ダウングレード権
Lの価値
ご購入
オプション
•ソフトウェアオンライン管理ツール(MVLS)
ライセンスのみ(L)
FPP / PIPC / Open License
ライセンス(L) + SA
Open License
ライセンス(L) + SA 全社標準
Open value
I. 都度購入型
II. 都度購入型+SA(オプション)
III. 全社標準型(SA付)
Win CAL
Exch CAL
SPS CAL
SMS CAL
参考価格
Price
3年分
Total
Core
CAL
Total
アップグレード不可
Core
CAL
7
* このサンプル価格は概算による参考価格をベースとしたものであり、実売価格は異なる場合があります。価格は予告なく変更になることがあります。
Platform
OV顧客に対する調査の結果
• 既存のOVを契約されているお客様に対しアンケート調査を行ったところ、「コンプライアンス対策」、「ソフトウェア管理の簡素化」、
「購入価格」をOV契約のきっかけとされたお客様が多く、またこれらをきっかけにご契約頂いたお客様に関しては、契約満了後の更
新意向が強いことがわかりました。
出典: マイクロソフト調べ
契約のきっかけのトップ3であるとともに、
契約後の更新意向も強くなります。
Q11.O V 契約のきっかけ(n=103)
0
(
%)
10
20
30
40
50
コンプライアンスの不安
70
45.6
管理の手間が減る
n
コンプライアンス
の不安
管理の手間が
減る
購入価格が
安くなる
41.7
購入価格が安くなる
39.8
標準化の一環
37.9
標準化の一環
資産管理の
一環
プログラムの
各種特典に魅力
31.1
資産管理の一環
11.7
プログラムの各種特典に魅力
わからない
60
わからない
OV
全体
103
更新意向別
更新 意向有 意向
意向高
計
なし
15
54
45
45.6
33.3
55.6
37.8
41.7
46.7
46.3
33.3
39.8
33.3
44.4
33.3
37.9
40.0
31.5
48.9
31.1
26.7
27.8
37.8
11.7
20.0
14.8
6.7
3.9
6.7
3.7
4.4
*更新意向別:Q18(プログラム更新の予定)の回答別。
「更新意向高」=更新する予定、「意向有計」=更新する予定+おそらく更新する、
「意向なし」=更新しないかもしれない+更新しない予定
3.9
8
Open Value の特徴
マイクロソフト オープン バリュー
企業、企業グループ単位で効率的なシステム導入を実現
全社契約オプションではOffice/Windows/Core CALをすべて
のPCにご提供
•
•
•
•
•
•
5ライセンスから契約可能
契約期間は3年間
ソフトウェア アシュアランス(SA)が標準
年次の分割払いが可能(3年間)
全社包括契約による割引もご用意
契約満了後もソフトウェアを使用できる
永続ライセンスを提供
9
対象、 契約期間
対象
250台未満のパソコンを保有する
企業、企業グループ様、及び個人の
お客様
250台まで
契約期間 ご契約期間は 3年間
契約期間中に発売された最新バージョンへの
アップグレード権を取得可能
契約更新
3年間
契約開始
1 年目
2 年目
3 年目
契約満了
契約期間終了後30 日以内に、契約更新が可能
更新時には、安価な価格で更新が可能
10
提供製品
エンタープライズ
製品
Office Professional/Windows Upgrade/Core CALの3 製品を割引価格に
てセット購入(Enterprise Desktop Professional Platform)、またはそれぞれの
製品単体で購入可能

選択した製品の最新バージョンをすべてのパソコンにインストールし、標準ソ
フトウェアとして利用可能

Enterprise Desktop Professional Platform
Microsoft Office Professional
Microsoft Windows Professional Upgrade (XP)
Microsoft Windows Enterprise Upgrade (Vista)
Microsoft Core CAL
以下のマイクロソフトのサーバー製品にアクセスするためのライセンス




追加購入製品
Microsoft Windows Server
Microsoft SharePoint™ Portal Server
Microsoft Exchange Server
Microsoft Systems Management Server
エンタープライズ製品以外の製品を追加購入製品として
契約期間中いつでも購入可能 (例: Windows Server ほか)
※すべてのパソコンに対して購入いただく必要はなく、1 ライセンスから購入可能
11
一つの製品の
み選択も可能
価格設定、支払方法
価格設定
• 「オープン ライセンス ビジネス」の「ライセンス&ソフトウェア アシュアランス パッケージ」と同額
• 全社契約オプションを選択することで割引価格を設定
• さらに、Desktop Professional Platform契約オプションを選択することで割引価格を設定
(※Windows Professional Upgrade, Office Professional, Core CALの3製品全てで全社契約)
支払方法
• 契約締結時に一括払い・分割払いのオプションを選択可能
• ライセンス料金は3 年間を通じて均一
1回目
1 / 3 定額
お支払い
契約開始
2回目
3回目
契約更新
ソフトウェア
アシュアランス
価格で更新可能
1 / 3 定額
お支払い
1 / 3 定額
お支払い
1 年目
2 年目
3 年目
契約満了
追加ライセンスの発注
一括お支払い
追加ライセンスの発注
一括お支払い
追加ライセンスの発注
一括お支払い
※追加ライセンスの発注は、毎年の契約応答日に増加分のパソコン台数をご報告いただき、一括でお支払い
12
3. マイクロソフト オープン バリュー(OV) で標準装備
されるソフトウェア アシュアランス (SA)
13
ソフトウェアアシュアランス 2006
•
•
ソフトウェアアシュアランスは、契約期間中に発売される全バージョンへのアップグレードを可能にするので、
Windows Vista, Office 12, Exchange Server 12, Windows Longhorn Server等の導入を検討/評価するお
客様のライセンスコスト削減と計画的な予算化を実現します。
ソフトウェアアシュアランスの特典は、Windows Vista Enterpriseや導入サービス、トレーニング、技術サポー
ト等が強化されます。これによって、計画、導入、活用、運用、移行にいたる一連のソフトウェアのライフサイク
ルにおけるコスト削減と生産性向上をさらに強力に支援します。
新規
アップグレード権
年額払い
デスクトップ導入展開サー
ビス
新規
インフォメーションワーク ソ
リューションワークショップ
Windows プレインストール
環境 (WinPE)
強化
延長Hotfix
サポート
Windows
Fundamental
s for Legacy
PCs
新規
新規
Windows Vista Enterprise
(Virtual PC Express)
トレーニング受講券上限の拡大 強化
強化
年中無休(24x7) 技術サポート
運用
TechNet Plus および
TechNet Managed Newsgroup
企業内エラー報告 (CER)
障害回復を目的とする コールド バックアップ
eLearning
社員購買プログラム
自宅使用プログラム
エンタープライズ ソースコード
ライセンス プログラム (ESLP)
14
フェーズ 1: Plan ( 計画 )
より効果的に予算を管理し、ソフトウェアの調達プロセスを簡略化し、コストを削減
課題・ご要望
アップグレードのライセンスコストの負担が大きい
 アップグレード費用の予算化が困難
 自社のスケジュールにあわせて計画的にアップグレードしたい

等々
これで解決!!
アップグレードの権利
 SA有効期間中、常に最新バージョンを含む、お好きなバージョンをご利用可
※実際にアップグレードするのは契約期間満了後でも可能
 お客様のアップグレード計画に合わせて、柔軟にアップグレードや
ダウングレードか可能
 最新バージョンのテクノロジが十分に活用でき、アップグレードを含めた予算化を実現
■ その他の特典
年 額 払 い
初期コストを抑え、導入費用の予算化を実現
15
フェーズ 2: Deploy ( 導入 )
ソフトウェアの投資効率を向上させる導入計画サービスを提供
課題・ご要望
• ソフトウェアの実装に要する時間とコストが非常に高い
• ソフトウェア不正使用やセキュリティ・データ保護などリスク面が心配
• IT投資に対するROIが低い
• ダウンタイムや従業員の生産性、システムの信頼性
等々
これで解決!!
(2006 年 3 月より)
インフォメーション ワーク ソリューション ワークショップ
•
•
•
•
•
•
専門家によるアドバイス
低コストで生産性を大幅に向上させる方法を明確化
IT インフラストラクチャの性能の有効活用を支援
最少の時間とコストで短期間に効果を出す手法を提供
企業の事業運営の全体的なコストを削減
将来の革新的な拡張にも対応
16
New in 2006
フェーズ 3: Use ( 使用 )
最新のテクノロジを活用し、テクノロジの導入展開や移行、管理にかかわるスキルを向上
課題・ご要望
クライアントのセキュリティが不安
 Windows 98などの旧バージョンOSをアップグレードしたい
 業務システムの制約等でこれまでOSがアップグレードできなかった

等々
これで解決!!
(2006 年 秋以降)
Windows Vista Enterprise
New in 2006
 Windows Vistaの最上位エディションへアップグレード可能
※ Enterprise エディションはSA特典でのみ提供される特別なエディションです
 機密データと知的財産を完全に暗号化、セキュリティが向上
 仮想マシン上でレガシー アプリケーションを実行可能(Virtual PC Express)
■ その他の特典
自宅使用プログラム
従業員の方が自宅でもソフトウェアを使用可能
e Le ar ni ng
ソフトウェア教育コンテンツを提供
17
トレーニング受講券の拡張
強化
スキルアップのためのトレーニングを無料受講
フェーズ 4: Maintain ( 運用 )
ネットワークやデスクトップをサポートするためのサービス、ツール、参照資料を使用して、安定した IT
環境を維持
課題・ご要望
システムのトラブル対応が不安
 いつでも頼れる技術サポートがほしい

等々
これで解決!!
強化
年中無休(24 x 7)の技術サポート


マイクロソフトがサポートする製品 (サーバー製品、Windows、Office 等)の使用時に、業務に重大な
影響を与えるシステムの停止が起こった場合に備え、年中無休 24 時間体制の電話によるサポートを
提供
プレミア契約を締結頂いているお客様は、電話サポートをプレミアの「問題解決サポート」時間に振替
える事が可能
■ その他の特典
TechNet Plus および TechNet Managed Newsgroups
ソリューション情報のある Webサイトへナビゲート
障害回復を目的とするコールド バックアップ
コールド バックアップ サーバー ライセンスを無償提供
18
フェーズ 5: Transition ( 移行 )
ソフトウェアの移行が必要となるお客様に、移行を円滑にするためのサポートと特典を提供
課題・ご要望

製品サポート期間(メインストリーム)の終了後、修正プログラムの
サポートが必要
等々
これで解決!!
強化
延長ホットフィックス サポート契約
 必要な時にいつでもサポートを利用可能
お客様のニーズに合わせて申込期間を延長
(通常メインストリーム サポートの終了後、90 日以内に延長修正プログラム契約の購入が必要)
 通常必要となる延長サポートの年間費用は免除
実際にサポートが必要になった時にサポート費をお支払い
サポートを受けるには、プレミア サービス契約締結が必要
「ホットフィックス」 = ソフトウェアの特定の問題解決のためにマイクロソフト製品のコードに加える修正プログラム
19
各種情報サイト・お問合せ窓口
• マイクロソフト ボリューム ライセンス プログラム Webサイト:
ボリュームライセンス全般に関する情報が掲載されています。
http://www.microsoft.com/japan/licensing/default.mspx
• ソフトウェア アシュアランス:
http://www.microsoft.com/japan/licensing/sa/default.mspx
・ライセンス プログラム 比較表:
http://www.microsoft.com/japan/licensing/renew/comparison.mspx
•お問い合わせ窓口:
ボリュームライセンスコールセンター
フリーダイアル: 0120-737-565
営業時間: 9:00~12:00, 13:00~19:00
営業日: 月曜日~金曜日(土日祝祭日、弊社指定休業日除く)
http://www.microsoft.com/japan/licensing/contact-us/
受付内容
•プログラム全般
•管理ツール(MVLS, eOpen)サポート
オンラインチャット
http://www.microsoft.com/japan/customer/chat/vlchat.aspx
営業時間: 9:30-21:00 土日祝日、弊社指定休業日を除く
•キャンペーン・セミナー情報
20
お見積り・ご発注の方法
• 「オープン バリュー」、 「オープン バリュー サブスクリプション」は全国の販売会
社様よりご購入可能
• マイクロソフトの認定パートナー様一覧については、下記URLを参照
http://www.microsoft.com/japan/partners/default.mspx
• ボリュームライセンスに関するお問い合わせ全般に関しては、ボリュームライセ
ンスコールセンター(VLCC)まで
電話番号 : 0120-737-565
9:30-12:00/13:00-19:00 土日祝日、弊社指定休業日を除く
21
SA特典の利用、ライセンス管理
Microsoft Volume Licensing Services (MVLS)
https://licensing.microsoft.com/eLicense/L1041/Default.asp
ライセンス管理者の方は、
MVLSのWeb サイトにアクセスすることで、ライセンス購入履歴や発注状況な
どお客様のご契約情報に関してオンラインでアクセスする事が可能
サービス内容
 SA特典の有効化、ご利用
 ライセンス契約内容や購入履歴を検索
 契約の要約情報およびご契約詳細情報の提供
 契約履行状況: ご契約されているセレクト契約の価格レベル
応じた最低購入量と実際のライセンス購入量を比較した
情報を加入契約毎に参照可能
 ライセンス サマリー: 実際のライセンス購入履歴の照会
 個々の契約に対する発注と発注明細情報の提供
 マイクロソフト ボリューム ライセンス プロダクトキー の照会
操作方法に関するお問合せは、ボリュームライセンスコールセンターまでご連絡ください
22
© 2006 Microsoft Corporation. All rights reserved.
本プレゼンテーションに記載された内容は情報提供のみを目的としており、明示または黙示に関わらず、これらの情報についてマイクロソフトはいかなる責任も
負わないものとします。
23
ダウンロード

Microsoft Open Value 提案書テンプレート Ver. 6.4