MIRS1005
システム提案
目次
班員
コンセプト
システム構成
各問題突破法
班員紹介
メカ
高木千寛 内野 竜一 土屋 愛実 石金 佑介
ソフト
田村 俊徳 刑部 勝也 金森 広樹
エレキ
グエン クアン フイ
宮田昌輝
コンセプト
正確
小型、軽量化、丸い体にすることで、どんな隙
間も通り抜ける!
さらに、電子コンパスを使い、ロータリーエン
コーダーでは得ることのできない情報を手に入れ
る。
新機能
新シャーシ
ころころ
電子コンパス
カメラのライト
MIRSのシャーシ
現在のアルミのシャーシを廃止し、
ポリカーボネート板で新しいシャーシ
を作る!
ころころ
モータ
ボード
タ
イ
ヤ
本
体
その他もろもろ
タ
イ
ヤ
本
体
モータ
ボード
ボード(下)
ボード(上)
ころころ
図のように円盤にころころをつける。
ころころにより、壁に引っかかって
しまう可能性を減らすことが可能
ポリカーボネード板
約8000円
10mmの厚さなら15m離れた場所から狙
撃されても安心(ロケット弾は除く)
小型軽量化!
電子コンパス
約4000円
MIRSがどこを向いているのか判断。
方向の補正に使用する。
電子コンパス
ライト
カメラの上部にライトをつける
会場の照明の明るさに左右されな
いで、画像認識をすることができる。
ライト(USBカメラの上)
3つの超音波センサー
左右の超音波センサーで、通路で
あるかどうかを、一瞬で判断すること
ができる。
左右の超音波センサーの値により、
安定した走行が可能
超音波
購入予定品
ポリカーボネート板 4000円
ライト
500円
電子コンパス
8000円
残り
7500円
通路
左右の超音波の値をとりながら進
む。
コンパスの値を常に調べることによ
りまっすぐ進めているかを確認する。
ステップ
通路と同様に進む
衝撃を吸収するものをつける
DB(数字認識)
白線を発見したらライトを点灯し、
画像を認識
ロータリー
超音波センサー、タッチセンサーと
ころころを使い攻略する。
シーソー
パワーを出して進む。
落ちないように、各センサーを使い
まっすぐ直進する
小部屋
3つの超音波センサーを駆使。
壁沿いに進み、壁のなくなった場
所を出口と判断する。
鍵
赤外線を頼りに進む。
十字路
詳細不明のため、検討中。
END
ダウンロード

システム提案パワーポイント