学習目標
【第5章 食物アレルギー患児の看護】
1.食物アレルギーの発生機序(I型)を理解できる.
2.食物アレルゲンの種類と侵入経路を理解できる.
3.食物アレルギーの症状を理解できる.
4.食物アレルギーの検査・治療を理解できる.
5.食物アレルギー患児・家族への看護を理解できる.
6.幼稚園・保育園・小学校との連携を理解できる.
【第6章 花粉アレルギー患者の看護】
7.花粉症の発生機序(I型)を理解できる.
8.アレルゲンの種類と侵入経路を理解できる.
9.花粉症の症状を理解できる.
10.花粉症の検査(皮膚反応テストとIgE抗体検査)・診断を理解でき
る.
11.花粉症の治療(減感作療法と局所療法)を理解できる.
12.花粉症患者の日常生活管理・看護を理解できる.
食物アレルギーとは
1.食物あるいは食品添加物などの摂取後に起こる免疫学
的機序に由来する反応のことである.
2.年々,増加傾向にある.
3.増加要因として,食生活の変化があげられる.
即時型食物アレルギーの原因アレルゲン
アトピー性皮膚炎の臨床症状
1.急性症状
アレルゲンを摂取後,15分の間に生じる.
1)口腔・口唇違和感,口腔粘膜腫脹など.
2)重症の場合
浮腫のための呼吸困難→悪心,腹痛,嘔吐,下痢,下
血
2.慢性症状
アトピー性皮膚炎の悪化,発育障害,体重減少,鉄欠乏
性貧血,間欠性の下痢,腹痛など
食物アレルギーの診断の進め方
食物アレルギーの診断
1.病歴の問診
2.皮膚テスト
3.特異的IgE抗体
4.食物の除去・負荷試験
食物アレルギーの治療
1.急性症状に対する治療
エピネフリンの皮下注,副腎皮質ホルモン製剤(ステロ
イド薬),アミノフィリン薬剤,酸素投与など
2.除去食療法
3.抗アレルギー薬:予防を目的とする.
アナフィラキシーショック時の看護の要点
1.アナフィラキシー症状の理解
2.迅速な救命救急処置
3.症状や検査データなどを合わせた総合的な判断と処置
家庭での日常生活上の注意
1.食物日誌の活用
2.食品添加物
3.除去食療法を行う場合の注意点
保育園,幼稚園,小学校との連携上の注意
1.保育園,幼稚園,小学校などに理解を求める.
診断書や除去食品と摂取できる食品リストを提示する.
2.強度に過敏な食物アレルギー患児
集団生活で起こりうる危険に対して医療者を含めて,対
策を決めておく.
減感作療法とは
1.減感作療法とは
アレルゲンエキスを低濃度から維持量まで投与し,アレ
ルギー反応を減弱させる状態にすること.
2.治療期間
2~3年
3.副作用
アナフィラキシーショック
花粉症発症時の標的臓器,症状
花粉症の症状
1.花粉症の三大症状
1)漿液性鼻汁
2)鼻閉
3)くしゃみ
2.好発年齢
20~40歳
資料映像:花粉症の検査と診断
花粉症の検査と診断
1.皮膚テスト
2.血清IgE
3.鼻鏡検査
4.鼻汁好酸球検査
5.鼻粘膜誘発テスト
花粉症の治療と看護(1)
1.アレルゲンの除去と回避
2.薬物療法
1)経口薬(抗アレルギー薬,抗ヒスタミン薬,ステロ
イド薬)
2)局所薬(点鼻,点眼)
3.手術療法
4.花粉症患者の日常生活管理と看護ケアのポイント
花粉症の治療と看護(2)
花粉症患者の日常生活管理と看護
ケアのポイント
1.患者とのコミュニケーション
2.アレルゲンの除去と回避
3.薬物療法
4.日常生活指導
ダウンロード

パワーポイント