情報社会とガバナンス
歴史的経緯から
吉田寛
ガバナンス
ガバナンス=統治、共治
– 合意形成や秩序形成の仕組み、やり方
ガバメント=政府
– 近代的国家のガバナンスの中心
Q:なぜガバナンスが問題になるのか?
A:技術と社会の変化から見てみましょう
古代帝国の専制的統治
エジプト、メソポタミア、中国の古代帝国
– 巨大な王権の成立 権力と情報の集中
– 農耕技術の成立と大規模な治水の必要性
– 神権政治、貴族政の可能性も
神
王
情報
神官
外国人
奴隷
協力?
貴族
国民
支
配
ポリスの直接民主制
古代ギリシャ(BC500年ごろ)
– 都市国家(アテネ)
– 小規模(数万人~数十万人)
– 生産に従事する奴隷と政治、学問、軍事を受
け持つ教養ある「市民」(情報の共有)
– 市民による直接民主制による統治
情報
– 衆愚制?
市民
協力?
奴隷
市民
支
配
共和制ローマ→ローマ帝国
 ローマの統治(BC300頃からAD1500年ごろま
で)
 市民による統治=共和制
– 元老院による統治 代議制
– ローマ市民と外国人、奴隷の区別
 シーザー→アウグストゥスによる帝政の開始
– 治安と軍事のための強力な指導力、権力
– 市民の支持のもとでの帝政
市民 協力?
市民
支
配
奴隷
中世 キリスト教、都市、荘園
 ローマ帝国の解体&キリスト教の普及
– 学問、宗教は教会による統治
• 「神」とその意思を代行する教会による統治
– 皇帝権力の弱体化と都市、荘園の自治権
• 荘園:土地所有者としての領主と労働者としての領民の契
約関係
• 都市:代表者による自治
神
– それぞれの
権力と情報は
拮抗
支
配
?
教会
対立?
皇帝
情報
分散
領主 都市(市民)
領民
絶対王政
 皇帝権力の増大→絶対的王権の確立
– 都市の自治権、荘園の自治権、教会の支配力を奪う
– 王権による貴族・官僚機構(情報所持者)を利用した
国家統治
– 「印刷技術」の普及→知識や命令の集中と普及
– 「国民」の成立と成長→都市と農村部を合わせた「国」
王
の意識
• →フランス革命による絶対王政の終幕 支
情報
配 貴族・官僚
• 共和制、立憲君主制、啓蒙君主
国
庶民
民
近代市民国家
 市民革命(イギリス、フランス、アメリカ)
–
–
–
–
市民による政治=民主主義(選挙と代議制)
市民は自由と平等を保障され、政治の主体となる
「市民」は国民尾一部(しだいに拡大)
言論的アクター
(大学、ジャーナリズム)
– 「政府=ガバメント」
政府(機関)
情
機関に権力集中
言論機関
協力?
報
国民 市民 支
配
貧乏人 奴隷
女性
子供
外国人
資本主義
 市民社会の成熟
– 自由競争の結果
 産業革命による生産の変化 大量生産
– 帝国主義(資本家のための国家)へ
 市民の分化
– 持つ者と持たざるものへ
情報
 国家、企業による情報
の管理(マスコミ)
(教育、報道による支配)
企業
資本家
自営業 契支
約配
労働者・他
政府
国
民
社会主義
 帝国主義、資本主義の是正
– 自由競争→公共の福祉
– 企業・言論等は政府機関(公営)へ
– 労働者、貧乏人、異民族→国民へ
 マルクス主義 社会主義
政府機関 情報
高級官僚
 官僚制?
 パターナリズム
支
配
配慮
国民
平等
現代社会
 市民社会と資本主義のミックス
– 市民社会:国民、選挙、政府、市場、競争
– 資本主義:企業、独占、先進国/後進国、勝ち組/
負け組み、核兵器
– 資本主義:国家戦略としての情報技術、情報産業の
振興
– 市民運動(70年代以降) 人種、女性、消費者運動
– 情報、通信技術の発達→情報社会の成立
情報社会とガバナンス
 情報技術の発達 インターネット、PC
 個人による情報の発信
 大量生産からワン・トゥー・ワンへ
 NGO、NPO、市民の力の増大
 政府、資本家の地位の相対的な低下/市民、
情報、技術の重要性の相対的な向上
 政府の支配、配慮、情報管理から、多様なアク
ターの参加、協力モデルへ
情報社会のガバナンス
(吉田のイメージ)
多くのアクターに
よる共同(協同)
統治
NGOなど
コミュニティ 市民組織
リーダー
アカデミズム
有識者?
ステークホルダー
合意と協力
による舵取り
技術者
政府
専門家
自治体
企業
ジャーナリズム
営利組織
終わりに
 「ガバナンス」を考えることは、情報社会のあり
方を考えることになる。
 「ガバメントからガバナンスへ」というが、別にガ
バメント(政府)が消えてなくなるわけでも、ガバ
ナンスが新たに現れたわけでもない
 「ガバナンス」が、従来のガバメント主導型の統
治に対してつねに優れているとは限らない。
 ただし、従来型の統治システムが、情報化に対
応して多方面で見直されていることは事実。
レポート
ダウンロード

ガバナンスの潮流