マイクロリアクターグループ
マイクロリアクター
の特長
◆反応器容積が極小
表面積効果(m2/m3)が大
熱交換が効率的
◆Reynolds数が小さい粘性力
層流領域での反応が支配的
◆拡散による混合が支配的
拡散反応時間 t ~ L2 / D
( D: 拡散係数 L : 代表長さ )
期待効果
◆迅速かつ精密な温度制御
・急激な発熱反応 爆発性反応
への適用が可能
・熱的に不安定な物質・毒性の高い物質
の合成に有効
◆不均一反応効率の向上
・温度や流速の迅速かつ精密な制御が
可能なため気‐液、気‐固、固‐液反応
の効率が向上
◆反応時間の短縮
・流路サイズが超小型なためRe数が500
以下となり、拡散混合が支配的であり拡
散時間がリアクタサイズの二乗に比例す
るため反応時間が極端に短縮される。
マイクロリアクターを用いた
触媒反応器
L
D
従来型充填層
触媒反応器
触媒比表面積 ( m2 / m3 )
6( 1- ε)/ Dp
D
触媒比表面積 ( m2 / m3 )
4DL / D2L
D = 100μm とすると
比表面積=40000 m-1
マイクロリアクターの
比表面積は50倍以上
Dp : 球状粒子径 数mm以上
ε : 空間率(-)
Dp= 5mm ε= 0.5
とすると
比表面積=600 m-1
100倍以上も実現可能
数十~数千μm
多孔質高表面積
優れた伝熱性
断面図
触媒担持部
反応器基盤概念図
基板母材として応用
リアクター性
能が更に向上
流路幅500μm 流路長500mm Cu,Zu触媒
反応器基盤完成図
ダウンロード

マイクロリアクターグループ