New NKS 打ち合わせ資料
塚田 暁
2006/4/3
1
検出器
• 3月の実験で使用した検出器
–
–
–
–
–
IH : 12本 (=12ch) !! 新IHは間に合わず。旧IHで代用。新IH1本だけ設置。
OH : 29本 (=58ch) !! 前方の左右#7,8と、横置き左の#1、後方全部未設置。
EV : 2本 (=2ch)
Tagger finger : 48ch、 backup : 12ch
CDCは、外側フィルムが直前に全損したため、未使用
新IH
IH & OH
EV
See “http://lambda.phys.tohoku.ac.jp/~k0/Photos/LNS-Mar2006/index.html”
2006/4/3
2
回路 – trigger
• IH、OH、EVいずれも実験室~計測室にロジック信号ラインとアナロ
グ信号ラインを用意。
– 実験室内でのOHのケーブルが長すぎたため、トリガーのタイミングが合
わなくなってしまい、混乱の原因となってしまった。
• Trigger logic
– TULによるMultiplicity logicと、IHに対してはNIMのMultiplicity logicを
使用。
(nIH>=2×SUM>=1)×nOH>=2×not(EV)
Trigger概略
2006/4/3
Timing 調整に失敗してしまった。
3
回路 – TUL
• TUL
– Mean timer : 64ch input (ECL) – 32ch output (ECL)
• 通過時間 : 40 nsec
– Multiplicity logic : 64ch input – 4ch output (ECL) + 8ch output (NIM)
• Output : 2×(>=1,2,3,4)
• 通過時間 : 50 nsec
Accidental eventが
TDC rangeから出
てしまっている。
TDC情報から求めた#hits分布
2006/4/3
IH、OHのTDC sprctrum.
TULは正常に動作している、と思われる。
4
Trigger rate
• Trigger rateをどこまで下げられるか、調べた。
– 真空チェンバーの位置の最適化 (標的から遠ざける)。
– アクリル標的 2mm (~液体重水素標的 3cm)。
– EV使用、midaplaneにある横置きOHはtriggerに入れない。
• という条件で、trigger rate ~ 120Hz (@beam 2MHz)まで落とすことが
できた。
• IH、OHの増加、CDCのインストール、でどうなるか?。
• チェンバーのハの字に開いたところにEVを設置する、という手はどう
か?
2006/4/3
5
Trigger rateは思ったよりも低く抑えることができた。
Tagger – tagging efficiency
•
•
今まで同様、鉛グラスを使用してtagging efficiencyを測定。
実験後、簡単に解析した。
黒丸&黒線が今回の結果
Tagging Efficiency
0.85
0.8
0.75
0.7
Sep
Nov
0
10
20
Dec
Apr
30
May
40
TagF segment number
50
大体、今までどおりの結果となった。
2006/4/3
6
Tagger – hit pattern
•
以前、taggerのhit patternがずれていて、その原因について悩んだことがある。
で、今回も調べてみたところ、さらにずれていることが分かった。
•
以前、行なったシミュレーションにより、
– Tagger 位置を5 mmずらす
– Radiator 位置を3 mmずらす
•
•
という操作で、tagger hit patternの1 segmentのずれが説明できる。
radiator fileの中を見ると、特に相関はない。そこで、以前はtagger boxを引き
出した際に位置がずれたのだろう、と結論を下したが、今回の件でまた分か
らなくなった。
2006/4/3
7
BM4 の柱
柱
• ガンマ線の高エネルギー側の柱を
切り取った。
• Taggetのhit patternはなだらかなもの
になってしまうので、hit pattern がず
れていた原因をちゃんと理解してお
く必要がある。
2006/4/3
8
DAQについて
• AMTを読む速度がやはり遅い。今はmemory map を行なって読んで
いるが、Event by eventに読むとevent sizeが小さいのでDMA転送に
してもたいして得しない。
• Beam offの時にまとめて読むような形にしたいが、どうやるのかいま
いちわかっていない。
• k0daq1 (AMT用) 、VMEクレート、Bit3 (620-3)、AMT 4台等を核理
研から持ち帰った。チェンバー部屋でテストしている。
• Bit3のdevice controllerで、もっと使いやすい方法があるのを知った
ので、現在はそちらでVMEモジュールを読むテストをしている。
• できれば、SMPなんかも自分で使えるようにして、TKO TDC(ADC)と
VME TDC(ADC)が共存できるようにしたい。
2006/4/3
9
次回に向けて
• Trigger について
– Triggerを遅くしている原因はOHラインなので、できればTULは実験室
内に置いてOH triggerラインを数本の短いケーブルで引きたい。
– IHで使ったNIMのmultiplicity logicはKEKに帰すべき。速度を考えても
TULで行なった方がよさそう。
– EVは複数台設置するので、対応するOHにvetoをかけるように、TUL
mean timerを書き換える。
• モジュールについて
– IH、OHが増えるため、discriの数がきついです。とりあえず、生きチャン
ネルの確認と、修理を早急にしましょう。修理ができれば、数は足りるは
ず。
2006/4/3
10
ダウンロード

DAQ