第8章
有形固定資産と減価償却
IC3年 馬ブンセイ
第1節 固定資産の範囲と区分
• 固定資産は主として2種類の項目がある。
①1年を超える長期にわたって利用する事業用
資産
②決算日から1年を超える金融資産
• 固定資産形態の特徴
①有形固定資産
②無形固定資産
③投資その他の資産
有形固定資産とは
企業が1年を超えて利用するために保有し
ている資産で、物理的な形態をもった項目を
いう。
①償却資産 建物や機械装置のように、使用や時の
経過により価値が減少する。
②減耗性資産 鉱山や山林のように、採取によって数
量的な減少が生じる。
③非償却資産 土地や美術品のように、通常は価値
の減少が生じない。
④建設仮勘定 建設際に、建設業者に支払った手付
金や前渡金
無形固定資産とは
• 物理的な形態をもたないが1年を超える長期
にわたって利用される資産項目をいう。
①特許権のような法律上の権利
②コンピュータのソフトウェア製作費
③収益性の高い他企業の買収に伴って計上さ
れるのれん(営業権)が含まれる。
投資その他の資産とは
•
•
•
•
•
株式・公社債
預金・貸付金
破産債権・更生債権
長期前払費用
賃貸など不動産
第2節 引当金
• 引当金とは
将来の特定の費用又は損失であって、そ
の発生が当期以前の事象に起因し、発生の
可能性が高く、かつ、その金額を合理的に見
積ることができる場合に、貸借対照表上に積
み立てられる金額。
• 引当金設定の要件
1.将来の特定の費用または損失に関するもの
であること。
2.その費用・損失の発生が、当期またはそれ
以前の事象に起因していること。
3.その費用・損失の発生の可能性が高いこと。
4.その金額を合理的に見積もることができるこ
と。
引当金の分類
資産から控除する引当金
[評価性引当金] 例、貸倒引当金
企業会計原則
注解18の引当金 負債たる引当金
[負債性引当金]
条件付債務
例、退職給付引当金
債務以外の経済
的負担
例、修繕引当金
租税特別措置法 利益留保性の準備金
その他の特別法 例、海外投資など損失準備金
会の準備金
渇水準備引当金
ダウンロード

「81_102」をダウンロード