SARDINIA 2007
Eleventh International Waste
Management and Landfill Symposium
Environmental Protection Center
Osamu Hirata
S. Margherita di
Pula, Cagliari,
Sardinia, Italy
• 1987年から隔
年開催されて
いる世界でもっ
とも有名な廃棄
物に関する国
際シンポジウム。
• 今回は第11回、
20周年記念会
議であった。
会議詳細
• 参加者人数:約1000名
• 参加国:約80カ国
会議詳細
• 応募総数:827編
• 選考論文:576編
会議詳細
• オーラルセッション数:
128セッション
• セッション内容:
廃棄物管理法、病院
廃棄物、埋立地の後
処理、リサイクル、
RDF、MBP、CDM等
廃棄物分野の世界の動向
• オープニングセッション題目
「Global anthropogenic climate change」
H.Grabl(Denmark)
6t-C/p,y:USA,2.5t-C/p,y:EU
Waste management can contribute up to 50Mill ton
CO2 reduction (about 10% of total reduction)
CCS:CO2 capture and storage
• 導入講演
「Waste management in times of climate change」
「Modern role of landfills as geological sink for carbon and other
elements」
発展途上国の現状
•
•
•
•
•
•
•
•
•
インド:0.7kg/p,day
南アフリカ:0.4kg/p,day
エジプト(カイロ):0.8kg/p,day
バングラディシュ:0.32-0.48kg/p,day
キプロス:1.8kg/p,day
タイ:1.1kg/p,day
日本:_____??
ほとんどすべての国でオープンダンピング
コンポースト処理が一部。
廃棄物の現状キーワード
•
•
•
•
•
•
•
•
GHG
CCS(CO2 Capture and Storage)
LCA(Life Circle Assessment)
IPCC (Intergovernmental Panel on Climate
Change)
CDM project(Clean development mechanism)
Annamox
In situ aeration (EU)
Semiaerobic landfill is not a world trend system!
ダウンロード

PPT