Proper High Voltage value searching of T0 and PCR counter
at S1/2=200GeV Proton-Proton collisions
in RHIC-PHENIX experiment
T0/PCR group
Univ.of Tsukuba
For the PHENIX collaboration
目的
T0counterおよびPCRの運用HV値を決定する。
Basis
•FEMへの入力が1V~1.5V程度であること
•全てのカウンターのHVは同じにする。(Gainを合わせるために各PMT毎に
HVを変更するとtimingがずれるから)
•KEK-testの結果から1700V付近で最もresolutionが良くなることがわかって
いる。(ただしシンチ厚さ2cm)
•宇宙線実験結果では印加電圧1800Vで50-75psが得られている。
KEK-test結果
宇宙線実験結果
T01-T02
T03-T01
印加電圧[V]
T02-T03
Resolution
テスト方法(1)
•β線源90SrをT0counterの中心に置いて、オシロスコープでの波高をチェックした。
•β線源で得られた波高から、実際にpp-run中に荷電粒子が通過したときのFEM直前での波
高の推測は以下のように行った
A.Energy deposit の違い
今回用いた90Srのエネルギーは2.282MeVである。このエネルギーが全てシンチレーターで落されると仮定。
また、MIPの荷電粒子が1.75cmの厚さのシンチで落とすエネルギーは
(dE/dx|min [MeV/g/cm2])*(シンチ厚さ[cm])*(シンチ密度[g/cm3])
=(1.956)*(1.75)*(1.032)
=3.53MeV
B.FEMまでのケーブルによる減衰
KEK-testで用いた24m cableでは波高が約70%に減衰していたことからケーブルによるパルス減衰を
98.5[%/m]と仮定。((0.985)^24=0.696)
T0からFEMまでのケーブル長は(佐藤さんトラペ参照,pig-tailは共通なので考えない)
(counterからrackまで:RG8 581cm)+(cable-buffer:400cm)+(rack内部FEMまで:214cm)
=1195cm(=約12m)
よってケーブルによる減衰は(98.5%^12)=83.4%
テスト方法(2)
A.B.より
期待される出力 1.0  1.5V 

(オシロ出力 ) dE
(
)  ケーブル減衰 
β線energy dx MIN
オシロ出力   3.53MeV  83.4% 
2.282MeV 
 オシロ出力  1.29

と、なればよいから結局、「オシロでの出力が0.8-1.2VとなるHVを求める」
ことになる。
テストに用いたT0counter
調べたカウンターは以下の通り。
最もゲインの高いものと低いもの、そしてそれらの平均のゲインを持つものの
3種類を調べた。
呼び名
PMT number
Gainの大きさ
20,21
ADCmean(@1400V
)
1180,1036
No.1
No.2
4,17
737,770
2位/8本中
No.3
9,18
443,438
8位/8本中
1位/8本中
Results(1)
No.1(最もGainが高いもの)
1500V(PulseHight=0.8V)
縦軸range
1600V(PulseHight=1.2V)
横軸range
Results(2)
No.1(最もGainが高いもの)
1700V(Pulse-Hight=2.0-2.5V)
1800V(Pulse-Hight=3.0-3.5V)
Results(3)
No.1(最もGainが高いもの)
1900V(Pulse-Hight=5.0V)
Results(4)
No.2(平均Gainのもの)
1500V(PulseHight=0.6V)
1600V(PulseHight=1.0V)
Results(5)
No.2(平均Gainのもの)
1700V(Pulse-Hight=1.5-2.0V)
1800V(PulseHight=3.0V)
Results(6)
No.2(平均Gainのもの)
1900V(Pulse-Hight=4.0-5.0V)
Results(7)
No.3(最もGainが低いもの)
1500V(Pulse-Hight=0.20.3V)
1600V(Pulse-Hight=0.6V)
Results(8)
No.3(最もGainが低いもの)
1700V(PulseHight=1.0V)
1800V(PulseHight=1.5V)
Results(9)
No.3(最もGainが低いもの)
1900V(Pulse-Hight=2.0-3.0V)
2000V(PulseHight=4.0V)
Results(10)
結果をまとめると以下のようになる
Test counter
1500V
1600V
1700V
1800V
1900V
No.1(Gain高)
0.8
1.2
2.0-2.5
3.0-3.5
5.0
No.2(Gain中)
0.6
1.0
1.5-2.0
3.0
4.0-5.0
No.3(Gain低)
0.2-0.3
0.6
1.0
1.5
2.0-3.0
単位[V]
他の5本のcounterのGainはNo.2とNo.3の間である。
よって1600Vでは多少Pulse-Hightが小さく、1700Vでは少し大きい
しかし、(2cm厚シンチを用いた)KEK-testでは1700Vが最も良い
点であった。
実際に使うものは1.75cmであるからT0のperformanceの点からは
1700V以上が望ましい。
1650V !?
1700V !?
提案
今回の実験結果よりT0counter用のHVの希望は
第一希望:1700V
第二希望:1650V
第三希望:1600V
また、PCRは宇宙線実験において2000Vにて十分な
efficiencyが得られたので2000Vで運用すべき。
ダウンロード

目的 - 高エネルギー原子核実験グループ