社会経済学1
宇仁宏幸
テキスト

宇仁宏幸/坂口明義
遠山弘徳/鍋島直樹
『入門・社会経済学 第
2版』ナカニシヤ出版、
2010年
社会経済学Political Economyと
は何か
もともとは、19世紀の古典派経済学者が
自らの理論をPolitical Economyと呼んだ
 19世紀の古典派経済学と20世紀のケイン
ズの有効需要理論を結びつけて、社会的
視座と長期的視野を有する経済学を再構
築しようとする経済学の諸潮流の総称

資本主義経済の3つの段階
商業資本主義(16~18世紀)
大航海時代を経て成立。既存生産物の
空間的配置の変更により、富を創出。
 産業資本主義( 19世紀)
産業革命を経て成立。生産方法や生産物
の革新によって富を創出。
 20世紀の資本主義
「大転換」を経て成立。大量生産・大量消費

経済学における3つの理論的革
命
古典派経済学の成立(スミス、リカード、マ
ルクス) 生産と労働生産性が分析の焦点
 限界革命(メンガー、ワルラス、ジェボン
ズ)新古典派経済学へ。交換が分析の焦
点(この点では重商主義へ逆戻り)
 ケインズ革命
「大転換」を経て成立した20世紀経済を分析
(数量調整、寡占的競争、管理通貨制等)

社会経済学と新古典派経済学
古典派経済学の成立
スミス
リカード
マルクス
限界革命
ミル
ワルラス
ヒルファーディング
カレツキ
マーシャル
ケインズ
ピグー
ケインズ革命
社会経済学
新古典派経済学
社会経済学
新古典派経済学
理論と現実
との関係を
どう考える
か
理論の基礎仮
説にも現実性
が必要である
(実在論)
理論の基礎仮説
は非現実的でも
よい(道具主
義)
個人と社会
との関係を
どう考える
か
個 人 と 社 会 と 社会は個人の総
は 相 互 依 存 し 和である。個人
て お り 、 分 割 から出発して社
不 可 能 で あ る 。会を説明できる
( 社 会 有 機 体 (方法論的個人
論)
主義)
社会経済学
新古典派経済学
合 理 性 を ど う 限定合理性、 完全合理性
とらえるか
手続的合理性
分 析 の 主 要 な 社会経済シス 希少な資源の効
課題は何か
テムの再生産 率的配分と均衡
分 析 の 焦 点 は 生産と分配
何か
交換
社会経済学の創始者たち
A・スミス
 D・リカード
 K・マルクス
 J・M・ケインズ
 M・カレツキ

以下、写真は
http://www.eumed.net/cursecon/economistasより
社会経済学の創始者たち
 A・スミス
(1723-1790)
『諸国民の富』
『道徳感情論』
社会経済学の創始者たち
 D・リカード
(1772-1823)
『経済学および課税の
原理』
社会経済学の創始者たち
 K・マルクス
(1818-1883)
『資本論』
『経済学批判要綱』
『経済学哲学草稿』
『ドイツ・イデオロギー』
社会経済学の創始者たち
 J・M・ケインズ
(1883-1946)
『雇用・利子および貨幣
の一般理論』
『貨幣論』
社会経済学の創始者たち
 M・カレツキ
(1899-1970)
『資本主義経済の動態
理論』
社会経済学に属する諸潮流
ポスト・ケインズ派(ロビンソン、カルドア
等)
 マルクス派(ドッブ、スウィージー等)
 新リカード派(スラッファ等)
 レギュラシオン派(アグリエッタ、ボワイエ
等)
 ラディカル派(ボールズ、ギンタス等)
 新制度学派(ホジソン等)

ポスト・ケインズ派の経済学者
 J・ロビンソン
(1903-1983)
『不完全競争の経済学』
『資本蓄積論』
『資本理論とケインズ経
済学』
ポスト・ケインズ派の経済学者
 N・カルドア
(1908-1986)
『経済成長と分配理論』
『マネタリズム;その罪
過』
マルクス派の経済学者
 M・ドッブ
(1900-1976)
『資本主義発展の研究』
『価値と分配の理論』
マルクス派の経済学者
 P・スウィージー
(1910-2004)
『資本主義発展の理論』
『独占資本』
新リカード派の経済学者
 P・スラッファ
(1898-1983)
『商品による商品の生産』
社会経済学1の構成

第Ⅰ部 資本主義の基本的構造

第Ⅱ部 現代資本主義の制度的基礎

第Ⅲ部 現代資本主義の動態
第Ⅰ部 資本主義の基本的構造
第1章
 第2章
 第3章
 第4章

市場と資本
価格、賃金、利潤
資本蓄積と所得分配
技術変化と労働過程
第1章 市場と資本
主なテーマ
市場はどのようなは
たらきをするのか
 労働と資本との関係
は、市場の場と生産
の場とではどのような
違いがあるのか
 資本の権力(Power)
の基礎は何か

1. 資本主義とは何か
資本-----将来において収益をもたらす資金
 資本の目的-----価値の増加=利潤の創造
 利潤の創造の方法
商業資本主義-----交換過程(市場)で
安く買って高く売る or 資源の最適配分
産業資本主義以降----生産過程(企業)で
労働者を支配することにより、剰余を取得

2. 市場の機能
調整機能-----価格変動を通じて需要量と供給量
を調整し、両者の一致(資源の効率的配分)を実
現
ただし、いくつかの前提条件(価格付けが可能、
右上がりの供給曲線、右下がりの需要曲線な
ど)が必要→賃金、資産価格の調整不全
 規律づけ機能-----効率が優れているものには高
利潤、効率が悪いものには低利潤→イノベーショ
ン(技術革新と組織革新)を促進する。
ただし、労働市場や資本市場では、情報の非
対称性などにより、規律づけは不完全→「抗争
的交換」

3. 資本と労働
資本・労働関係----労働力を販売する労働
者と、資本財を所有する資本家との関係
 労働市場においては、法的には対等
 生産過程においては、資本家は労働者に
対する指揮命令権(権力の一種)をもつ。
また、生産手段の所有権にもとづいて、剰
余を取得する権利を持つ。

3.(1) 剰余の生産
GDP=企業の付加価値の合計
(企業の付加価値=企業の収入-原材
料費用)
 国民所得=賃金所得+利潤所得
(剰余)
剰余とは企業のつくりだす付加価値のうち、
賃金として支払われない部分

3.(2) 利潤創造をめぐる資本・労
働の対立
賃金と利潤の分配をめぐる利害対立
 その根拠----労働力商品の特殊性
賃労働――労働者の所有する労働能力
(労働力)の使用権を時間ぎめで譲渡(賃
貸)
労働契約――商品である労働力の売買は
労働者の雇用という形態をとる

労働力商品と一般商品との違い
貯蔵・保存がきかない――生存を維持できる所
得が日々必要。売り惜しみが困難――労働者が
もつ資産少ない。労働力販売の停止・中断――
労働者の生存の問題
 売り切りではない――労働力の使用は、その販
売者である労働者の労働という形態をとる。労働
力と労働者は不可分。労働者と使用者との関係
が発生(労使関係) 。労働力の使用条件(労働条
件)が、労働力再生産に影響する。労働契約だけ
では、契約内容の履行は保証されない→規律づ
けの仕組みが必要
 労働力の再生産(子供の養育含む)は家族を基
盤とする社会的生活をつうじて行われる

労働者を規律づけるしくみ
強制メカニズム
・解雇の威嚇
・監視、監督
 同意メカニズム
・高賃金―――「効率賃金」仮説
・内部昇進―――「内部労働市場」

ダウンロード

入門・社会経済学