エレクトロニクスII
第8回バイアス回路
実用エレクトロニクス:ディスプレイ
(2)LCD
2003.11.28
佐藤勝昭
前回の問題
•
•
•
•
•
動作点を決めよう
図(a)に示すベース特性、図(b)に示すコレクタ特性をもつトランジ
スタの動作点を決めたい。電源電圧VCC=10Vとする。
1. いま、R1=0.25M として、ベース電流Ib[A]とベース・エミッタ
間電圧VBE[V]の間になりたつ関係式を書け。
2. 図(a)に負荷線を書き込み、動作点VBE[V]、Ib [A]を決めよ。
3. いま、R2=0.5k として、コレクタ電流Ic[mA]とコレクタ・エミッタ
間電圧VCE[V]の間になりたつ関係式を書け。
4. 図(b)に負荷線を書き込み、動作点VBE[V]、IC[mA]を決めよ。
Ib
R2
Ic
R1
Vcc
3
1
C
2
VCE
VBE
4
図3(a) VBE-IB
図3(b) VCE-IC
問題解答コーナー
ベース回路の動作点を決める
• R1ib+VBE=Vcc
• Ib=VCC/R1-VBE/R1
=10/0.25-4VBE
=40-4VBE [A]
• VBE=0のときIb=40,
VBE=1のときIb=36
として負荷線をひく
• Ib-VBE特性との交点から
• Ib=37[A], VBE=0.77[V]
図(a) V -I
問題解答コーナー
コレクタ回路の動作点を決める
• R2iC+VCE=VCC
iC=VCC/R2-VCE/R2
=10/0.5-VCE/0.5 [mA]
=20-2VCE
• Ib=37[A]に対応する
iC-VCE特性を内挿する
• 交点より
iC=7.4[mA],VCE=6.3[V]
Ib=37A
図(b) VCE-IC
実用エレクトロニクスコーナー第4回
TVシステムとディスプレイ(4)
液晶ディスプレイ(LCD)
•
•
•
•
液晶を光スイッチとして使用
直交偏光板ではさんだ液晶内での偏光の伝搬
電界印加により液晶分子の配向を制御
TFT(薄膜トランジスタで各画素のRGBを個別に
選択制御):アモルファスSiから多結晶Siへ
• 利点:薄型、省電力、高精細度、ちらつきがない
• 欠点:視角依存性、バックライト必要、大画面に問
題
液晶とは
●液晶は、液体と固体の中間的物質
•1888年:液晶を発見:ライニツァー(オースト
リアの植物学者)
•「液晶」とは、固体と液体の中間にある物質
の状態(イカの墨や石鹸水など)を指す。
•ディスプレイへの応用:1963年ウィリアムズ
(RCA社), 液晶に電気的な刺激を与えると、
光の透過が変わることを発見。
•1968年:ハイルマイヤーら(RCA)、この性
質を応用した表示装置を試作→液晶ディス
プレイの始まり。
•ディスプレイの材料としては不安定で商用
として問題あり
•1973年:シャープより電卓(EL-805)の表示
として世界で初めてLCDを応用。
•1976年:グレイ教授(英国ハル大学)が安
定な液晶材料(ビフェニール系)を発見。
www.bohlken.com/
C
O
N
H
www.chem.wisc.edu/
21
45
T
液晶分子の配向と電界制御
• 液晶分子の配向
– 配向剤を塗布、
ラビング。分子を
ラビング方向に
配列
• 電界による配向
制御(液晶分子は
電気双極子)
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/lcd/index.htm
液晶ディスプレイの構造
カラー液晶ディスプレイの構造は、構成
要素が層状になっている。
1-偏光フィルター :出入りする光をコン
トロールする。
2-ガラス基板 :電極部からの電気がほ
かの部分に漏れないようにする。
3-透明電極 :液晶ディスプレイを駆動
するための電極。表示の妨げになら
ないよう透明度の高い材料を使う。
4-配向膜 :液晶の分子を一定方向に
並べるための膜。
5-液晶 :ネマティック液晶
6-スペーサー :液晶物質をはさむ2枚
のガラス基板に、均一なスペースを確
保する
シャープのホームページより
http://www.sharp.co.jp/products
/lcd/tech/s2_3.html#2
アクティブ・マトリックス
1. X電極が、各画素に付
いたアクティブ素子を
ON/OFFする。
2. ON状態にあるアクティ
ブ素子は、そのままの
電圧を保ち、Y電極と通
じることができる。
3. Y電極に電圧をかけ、
ON状態にある目的の
画素を点灯させる。
http://www.sharp.co.jp/products/lcd/tech/s2_3.html#2
TFT (thin film transistor)
• 各画素(Pixel=picture element)の色や明るさを独立に制御するた
め、画素ごとにトランジスタをつけ、液晶にかかる電圧を制御して
いる。このトランジスタは、ガラスの上に堆積した薄膜を用いてい
るので薄膜トランジスタ(TFT)と呼ぶ。
• 材料としては、アモルファスシリコンが使われたが、最近では、多
結晶シリコンが主流になりつつある。
X
Y
液晶
TFTアクティブマトリクスLCD
http://www.nanoelectronics.jp/kaitai/lcd/index.htm
トランジスタの主なバイアス回路
(教科書p.30)
• トランジスタを動作させるには、予め電流を流さね
ばならない。
• しかし、温度変化により動作点が移動したり、回
路が不安定になったりする。熱暴走
• 自己バイアス回路
• 電流帰還型バイアス回路(安定なバイアス回路)
• ブリーダ電流バイアス回路(最も安定なバイアス
回路)
熱暴走が起きるわけ
• トランジスタの温度が上昇
→コレクタ電流が増加
→コレクタ損失PC=IC×VCEが増加
→発熱の増大
• これを防ぐには、バイアス回路の安定化が必要
自己バイアス回路
• Ic増加→R2の両端の電圧増加→VCEの電圧降下
→R1Ib+VBE=VCEを通じてVBEまたはIbが低下→Ic
低下
Vcc
R2
R1
Ib
Ic
C
E
電流帰還バイアス回路
• エミッタに抵抗R3を挿入してバイアスを安定化
• Icが増加→IEも増加→VE=IE×R3が増加→VBEが
減少→Ibも減少→Icが減少
R2
R1
Ic
Ib
VE
IE
C
R3
E
Vcc
このままでは、負帰還がかかって
交流増幅率が低下するので、
R3の両端にバイパスコンデンサ
を並列に付加する
R3
C3
ブリーダ電流バイアス回路
• エミッタに抵抗R4を入れ、さら
にR1,R2にベース電流IBより大
きな直流電流を流すことに
よって、VBを安定させ、VBEへ
の帰還効果を強める。
• Icの増加→IEの増加
→IE×R4=VE増加→VBが固
定されているのでVBE減少
→IB減少→Ic減少
Vcc
R1
R3
C
IB
VB
R2
Ic
VE
IE
R4
E
最も安定なバイアス回路であるが
消費電力が大きい。
トランジスタで交流増幅するには
• トランジスタ(Tr)は1方向にしか電流を流せないか
ら、基本的には直流電流しか増幅できない。
• しかし、実際には交流増幅に使われる。
• それには、増幅したい交流信号に、十分大きな直
流を加え、大きさが微小変化する直流に変える。
• これをTrで直流増幅し、増幅された直流分をコン
デンサなどでカットして、変化分すなわち交流分
のみを取り出す。こうすれば、交流信号が増幅さ
れたことになる。
(赤羽進他著「電子回路1」コロナ社1986による)
交流信号が増幅できるわけ(図解)
直流バイアスがないと、
入力した交流は、半波整
流されて出力される。
(これはB級プッシュプル
で使われる)
交流波形を保って増幅
するには、直流バイアス
を加え、直流と交流を合
わせた信号を直流増幅
し、交流成分を取り出す。
飯高他著:絵ときトランジス
タ回路、オーム社1984 より
余談ですが、大切なRC回路の知識
コンデンサによる結合について
• CとRからなる回路の性質を使っています。
• CのインピーダンスはZC=1/jC
• Ic=V/{1/jC+1/(1/R+1/hie)}
=V/{1/jC+Rhie/(R+hie)}
• 0とするとIc0、 とすると、Ic=V(R+hie)/Rhie
• c= (R+hie) /RhieC; R=20k,hie=60k, C=33Fとすると
c=2.02rad/s (時定数の逆数) →f=0.32Hz この周波数より十分
周波数の高い交流に対してはコンデンサはないものとして扱える。
等価回路p52
Vcc
R
20Log Ic
Ic
C
=交流的には
V
C
E
R
hie
c
Log 
先取り学習
ブリーダ帰還回路の設計指針
• ブリーダ抵抗R1,R2を流れる電
流をIBより1桁大きくとる。VCE
は電源電圧の1/2くらいになる
ようにする。
Vcc=12V,Rc=4.7k,RE=1.2kと
するとIc=1mA程度が最適
→β=200としてIB=5μA,ブリー
ダ電流は50μAとなるから、
R1+R2=12V/50A=240k
• VE=1mA×1.2k=1.2V
• VB=1.2+0.7=1.9V
• R2/(R1+R2)=1.9/12=0.16
• R2=240k×0.16=38k~40k
• R1=240-40=200k
p62
問題
1. CRからなる交流結合増幅回路において、10Hz以上
の交流を通すには、Cはいくらにする必要があるか。た
だし、R=10k、トランジスタの入力抵抗は十分高いも
のとせよ。
Vcc
2. 右図の自己バイアス回路
R2
において、R1=500k、R2
R1
Ic
Ib
=3kとしたときのコレクタ
エミッタ間電圧VCEを求めよ
ただし、hFE=120,VBE=0.7V
C
とする。
E
ダウンロード

エレクトロニクスII第8回 2003.11.28