07応用行動分析
(その7)
第7回:
行動的QOL:行動の選択肢の拡大を軸
とする作業目標
1
QOL(Quality of Life)とは何か?
ADL vs. QOL
2
ノーマリゼーション、QOL、
行動的観点からの見直し
1.主観的QOL:本人の主観的満足度による
行動分析学からのアプローチもあり
2.環境的QOL:“規範的”な意味でのノーマル
な設定を含んだ物理的・社会的環境設定による
3.行動的QOL:正の強化で維持される行動の
選択肢の数による
→本人の選択(評価)
望月(2001)「行動的QOL」、行動医学研究、6, 1, 8-17.
3
重度の障害のある個人のHappinessの指標
4
最も高い(あるいは低
い)Preferenceを示した
刺激を呈示した場合:
Happiness and Unhappiness
の行動的反応がどう現れる
か?
2つのパターンあり
5
客
観
的
指
標
と
し
て
通
用
す
る
?
6
Happinessはコント
ロールできるのか?
7
好きなものが示された場合にはHappyな反応
嫌いなものが示された場合にはUnhappyな反応
・表情などを見ていればhappyであると
言える(?)
・表情なども独立にshapingできる
→主観的な指標にのみ頼っていてはダメ
8
2.環境的QOL
生活環境が、一定の社会水準に匹敵する
ものがある?
・個室がありますか?
・壁紙は新しいですか?
・個人で使える電話はありますか?
一定水準は確保されるが、個人の問題が
消えてしまう →主観的QOLに逆戻り?
9
3.行動的QOL
・各個人が、正の強化で維持される行動の
選択肢がどれほどあるか。
これは、
「個人の行動」(環境との相互作用)を
生活(人生=Life)の基本ユニットとして
捉える。( get vs given)
10
行動的QOLの考え方の特徴とメリット
1)本人の評価(選択)であり環境的要素も同時
に併せ持つ
2)障害の軽重にかかわらず達成が可能である
3)どのような環境設定の中からでもその改善
を計ることができる
4)定量化できる(選択肢の数の変化)
問題点:「選択」のみが目的化される恐れもある
★「選択肢拡大」について外部的チェック必要
11
図1)-8 選択箱に設定された新しい選択肢の累積
ある居住施設で提供された選択肢
個数
30
1998/12/13
1998/11/13
1998/10/13
1998/9/13
1998/8/13
1998/7/13
1998/6/13
1998/5/13
0
1998/4/13
5
1998/3/13
10
1998/2/13
15
1998/1/13
20
プラスチックの玩具
ラップの芯/ハサミ
おもちゃ箱/ひも/段ボールの空箱/台車
鍵盤/バス/犬のおもちゃ/ラッパ
色紙/コップ/おもちゃ スーパーボール
パンフレット
ブロック
紙袋
針金
りんご
靴
雑誌/服/毛布
1997/12/13
25
望月・渡部・野崎・小野・織田
(1998)から
日付
12
行動的QOLの3つの段階(ステップ)
(施設の食制度を例に)
1st Stage:正の強化で維持されるが選択できない
「うちの施設では食材に『秀』ランクを使用」
2nd Stage: 提供された選択肢の中から選択
「選択メニューから選択できる」
3rd Stage: 既存の選択肢から外れた要求がで
きる 「何か別の(甘い)ものが食べたい」
(Something new /sweet)
既存選択肢の否定:新しい強化子の探索
13
14
オリジナルの実験
Parsons,M. B., & Reid, D. H., (1990)
Assessing food preferences among persons
with profound mental retardation.
Journal of Applied Behavior Analysis, 23,
183-195.
米国の施設における選択実験
(先に紹介したもの)
15
選択反応に分化あり:
「好み」を表明した。
(第6回で紹介)
16
Parsons & Reid (1990)
の実験を、日本の施設
で追試してみると・・
望月・野崎(2001)
重複障害のある施設
利用者(成人)の選
択結果
17
同年齢の職員
の場合
軽い知的障害
のある施設利
用者の結果
18
なぜ交替反応が出てしまうか?
「本当に好きな方をとってもいいの?」
●指示的な社会的関係から?
選択行動を「復活」させる設定は?
その援助設定:「自己決定」の援助設定
1)「否定選択肢つきメニュー」
2)お金
19
実験設定1:否定選択肢つきメニュー
Choice
option 1
Choice
option 2
Rejection
20
21
22
否定選択肢つきメニュー
否定選択肢つきメニューを長期間使用したら、
人間関係が変化する?(自由に選択できる?)
→ NO (同じ選択状況であればやはり交替反応
が出てしまった)
●否定選択肢のメニューがある場合には、様々な
選択反応が保障される。
→
「それがある時には」自己決定が可能になる
23
実験設定2:消費(交換)設定
自分で得た金銭を選択場面で物品との
交換に使用する
消費経験(6ヶ月)の経験:
「学習訓練」の場で、お金を稼ぐ。
そのお金で売店や自販で買い物を
する。
24
お金を稼ぐ
お金の使用を6ヶ月経験した後で、選択場面に戻る
25
濃いメッシュ:
お金を使う
選択あり
26
1)「自己決定」(自由に選択する)の困難さ
は、障害の軽重とは関係なく、社会的関係や
選択設定の方法で生じる可能性がある
2)「否定選択肢メニュー」あるいは
「お金」という設定:
ある「社会的関係」が既にあっても、
“それがある場合には「自由に」選べる”
(他者とは関係なく「自由」に要求できる)と
いう設定を見つけられる場合がある
27
“それがある場合には「自由に」選べる”
(他者との関係ではなく「自由」に要求/交換でき
る) という設定
→「公正交換指標」(Fair Exchanger Marker)
(注意:ここだけの造語です。社会的にauthorize
されたものではない)
→その設定と効果を確認することで、当該個人の
「権利」を具体的に把握できる。
行動的QOLの測定に対応:選択肢の否定を伴う
選択行動が「それがある場合」には可能となる
28
フランス人権宣言
「人は、自由かつ権利において平等な
ものとして出生し、かつ生存する」
世界人権宣言
「すべての人間は、生まれながら自由で、
尊厳と権利について平等である」
ルール(契約)による人権の保障
(トップダウンの権利要求)
29
●理念や思想として,自己決定(自由)を
問題にするのではなく,
●人間関係の問題として,これを操作する
のでもなく(トータルな人間関係を作る
という意味ではなく)
●その時々で、「自己決定」(=他者の存
在や指示ではなく,選択肢の内容そのもの
から選択する)という「行動」を生み出す
具体的な設定を環境に布置していく
30
「社会形成フィクション」
「人間」であること:
・・・譲渡や交換が、ようするに
交易が可能であれば、われわれは
火星人でも「人間」であると定義
して、少しも不都合だと思わない
だろう(笠井潔、1995, p.101)
交易(交換)という具体的な関係が、
相互に「人間であること(人権)」
を保証する
具体的社会的行動から人権が発生(権利のボトムアッ
31
プ)
昔から言われていることですが・・・
消費者モデル(consumer model)
人権があるから消費者としての権
利がある
ではなくて・・・・
消費あるいは交換(否定も可能な選択)
という具体的な行動を通じた対等な人間
関係の創出
32
「社会的援助関係」 のひとつとして
福祉や教育の文脈ではない個別の行動成
立について別個の援助者が存在する
具体的行動随伴性からの「権利」の発生
●施設において選択メニューをスタートさせたのは?
心理職、福祉職?
(野崎・望月,1993)
●スーパーマーケットで、補助具を使った(時間のかかる)
支払いを援助してくれたのは?(赤根,1995)
●バス通学を支援してくれた人は?
33
自己決定を基本とした「人権」を保証し
ていくことをノーマリゼーションの実現
と考え、それを「今」、実現するために
は・・・・
教育・福祉・心理という文脈から
つまり、Human Serviceというより
より単純な、Service という文脈や
方法を追求すべき?
34
援助の基本的スタンス
被援助者を、「神様」でも「子ども」
でもなく、特定のサービスの消費と提
供という限定された関係の中で過不足
なく援助していくにはどのような設定
が必要か?
→ビッグ・イシュー ?
→FSJG ?
→ベテルの家 ?
35
参考文献
• 今回の授業の望月らによる研究は、
●望月昭・野崎和子(2001) 障害と言語行動:徹底
的行動主義と福祉.浅野・山本(編)「ことばと行動」、
第10章,213-235.
簡便版は
●望月昭・野崎和子(1988-1999)
「講座コミュニケーション指導・再考」(10回連載
月刊実践障害児教育, 以上の後半
http://www.ritsumei.ac.jp/kic/~mochi/14Mochizuki(1998-1999).pdf
36
ダウンロード

第7回