2005年度
卒業研究
HMIPv6の技術的解説
能登研究室 200203065
斉藤 隼人
HMIPv6の技術的解説
• 通常、経路を最適化するにあたり、MNは
CNに認証情報を送信し、BUをCNへ送信
して直接通信を可能にすることで、HAを
経由しない経路を確保した。
HMIPv6の技術的解説
• しかし、CNが経路最適化機能に対応して
いなかったり、経路最適化の手続き(認証
など)がMN主導で実施されていることを考
慮すると、将来モバイルネットワークの拡
大が世界中(特に中国)で広まってくるのを
考えると、現状のMIPv6だけでは困難に
なることが予想される。
HMIPv6の技術的解説
• そこでHAを階層化し、HAの下に
Mobility Anchor Point(MAP)と呼ばれる、
狭範囲におけるMobile IPv6の管理を行
う、階層化モバイルIPv6(Hierarchial
Mobile IPv6:HMIPv6)と呼ばれるプロト
コルが登場した。
HMIPv6の技術的解説
• HMIPv6を用いることで、高速なハンド
オーバーや、経路制御の簡素化を行うこ
とが可能になっている。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• まず『HMIPv6』では、
移動するノード:
Mobile Node(MN)、
ホームエージェント:
Home Agent(HA)、
そして通信相手:
Correspondent
Node(CN)の3者が
登場し…
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• 『HMIPv6』では、
Mobility Anchor
Point(MAP)と呼ば
れる、いわゆる『HA
より下のHA』が登場
し、階層構成の出入
り口のルータの役割
を行っている。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
HoA
LCoA
RCoA
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• 左図のように、MN
はHoAを持っており、
さらにMNは自身の
位置を識別するonLink Care-of
Address:LCoA、自
身のエリアを識別す
るRegional Care-of
Address:RCoAを持
つ。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
HoA
LCoA
RCoA
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• RCoAはMNのいる
エリア情報としてHA
により管理され、
LCoAはMNのその
エリアの中の位置情
報としてMAPにより
管理される。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
HoA
LCoA
RCoA
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• その時、MNが別の
MAPへ移動したとす
る。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
LCoA
Mobile Node(MN)
HoA
LCoA
RCoA
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• すると移動先の
MAPの属するネット
ワークは、MNに
DHCPv6により、動
的に新しいLCoAを
発行する(HAの配
下外に移るときは
RCoAも発行)。
• 図では、古いLCoAが青、
新しいLCoAは緑である。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• 次に、MNはLCoAと
RCoAの対応表を
MAPにBinding
Update(BU)として
通知しなければなら
ない。
Mobility Anchor
Point(MAP)
Binding Update(MAP)
Mobile Node(MN)
RCoA:wwww.xxxx…
LCoA:yyyy.zzzz…
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Binding Update(HA)
HoA:uuuu.vvvv…
Home Agent(HA)
RCoA:wwww.xxxx…
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• また、HAをまたがる
場合は、RCoAも更
新されるため、HAに
もBUを施すべきで
あり、BUにはHoAと
RCoAの対応付けを
送信する。
• ただし、ここでは
RCoAが変更されて
いないため、HAに
BUする必要はなし
HMIPv6の技術的解説
• このようにして、HA
はHoAとRCoAの対
Binding Update(HA)
応付けを、MAPは
HoA:uuuu.vvvv…
Home Agent(HA)
RCoA:wwww.xxxx…
RCoAとLCoAの対
Mobility Anchor
Point(MAP)
応付けを持っている
ことで、MNのBU時
Binding Update(MAP)
Mobility Anchor
における、HAへの
Mobile Node(MN)
Point(MAP)
RCoA:wwww.xxxx…
LCoA:yyyy.zzzz…
負担が軽減されるの
である。
Correspondent Node(CN)
Mobile Node(MN)
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
From:CN
To:MN HoA
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• そこで、CNがMNの
HoA宛にパケットを
伝送したとき、まず
はHAがそのパケッ
トを代理受信する。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
From:HA
To:MN RCoA
Home Agent(HA)
From:CN
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
To:MN HoA
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• 次に、HAは、その
パケットをカプセリン
グをし、送信元をHA、
宛先をMNのRCoA
として、MNのいる
MAPへ送信する。こ
れによって、HAは
MNの詳しい位置を
知らずに済む。
HMIPv6の技術的解説
• 続いてMAPは、その
受信パケットを、送
信元をMAP、宛先を
Home Agent(HA)
MNのLCoAとして、
更にカプセル化して
From:HA
From:MAP
To:MN RCoA MNへ送る。
Correspondent Node(CN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
To:MN LCoA
Point(MAP) From:CN
To:MN HoA
Mobile Node(MN)
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
From:HA
From:MAP
To:MN RCoA
To:MN
LCoA
Mobile
From:CNNode(MN)
To:MN HoA
• そして、MNは二重
にカプセリングされ
たパケットを取り出
す。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• このようにして、
HMIPv6では、
HA(HoA→RCoA)と
MAP(RCoA→LCoA)
で、送受信されるパ
ケットが二重にトンネ
リングされることがわ
かる。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• また、パケットの順序
が、経路的には2つ
のルータを通るが、ま
ずHAでHoA→RCoA、
MAPでRCoA→LCoA、
そしてMNに到着した
パケットはLoopBack
を利用してカプセル
化が解かれる。
HMIPv6の技術的解説
Correspondent Node(CN)
Home Agent(HA)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
Mobility Anchor
Point(MAP)
Mobile Node(MN)
• これによって
HMIPv6でのMNと
CNとでの通信の透
過性を保っている。
ダウンロード

Hierarchal Mobile IPv6の技術的解説