知能情報工学演習I
第13回(C言語第7回)
岩村雅一
[email protected]
C言語の予定
7.
8.
9.
5月31日
6月 7日
6月14日
12.
6月21日
6月28日
7月 5日
13.
7月12日
10.
11.
プログラミング環境(テキスト1,2章)
変数とデータ型(3章) 、演算子(4章)
コンソール入出力(6章) 、配列(3章)、
数学処理の標準ライブラリ(11章)
制御文1 (テキスト5章)
制御文2(テキスト5章)
関数1(テキスト7章) 、
プリプロセッサ(テキスト10章)
応用プログラム
本日のメニュー

応用問題: 文字認識
応用問題: 文字認識

文字認識
 パターン認識の一つ
パターン認識

ちょっと
古いけど
パターン認識とは?
 パターンを概念に対応付けること



文字認識
音声認識
顔認識
ぺヨンジュンです。
 人には簡単
音声認識
 機械には難しい
顔認識
文字認識
ぺヨンジュン
5
簡単な文字認識の仕組み
重なり部分が一番多い
学習パターン
全ての文字との重ね合わせ
認識するパターン
画素単位で調べる
2枚の画像の重なりの度合い
d1   aij  bij
尺度1
i
尺度2
j
d 2    aij  bij 
i
aij
bij
2
0
j
:画像Aの(i,j)画素
:画像Bの(i,j)画素
画素の値は、白色なら0、黒色なら1
1
文字認識のまとめ
全ての文字と重ね合わせて、重なりの度合い
が最も大きい文字が正解
 文字画像は(画素の)配列で表すとよい
 重なりの度合いは画素単位で調べる

 画素の値:
白色は0、黒色は1
ダウンロード

授業内容(PowerPoint)