平成20年11月15日
於:富山市 CiCビル
アユ、そして川は森と海との
キューピッド
田子泰彦(富山県水産研究所)
森( 山) と 川と 海は 恋人同士!?
豊か な 海は 山か ら
ー有明海の再生願い漁師が植林活動ー 佐賀県佐賀市
魚庭( な に わ ) の 森づく り で 豊か な 海を
ー「 森・ 川・ 海はひと つ」 漁業者が立ち上がっ たー
大阪府貝塚市
海と 森の 縁結び ー漁業関係者がブナの苗木で森づ
く り ー 青森鯵ヶ 沢町
山 は 海 の 恋人 ー漁師が 10 0 年後の豊かな 海を 目
指し て植樹ー 三重県紀伊長島町
広葉樹で 川と 海の 浄化
ー源流での植林続けて 6 年目ー 愛媛県玉川町
漁民の 森づく り 推進協議会設立
ー将来の漁業のために植林ー 山口県岩国市
水源の 森
ー豊かな川つく り 水源確保事業ー 宮崎県北川町
森林が 作り 出し た 腐植土の 持つ、 保水能力と 栄
養素は 、 川と 海に は な く て は な ら な い も の
富山湾
3km以内
期
魚 月
仔 12
~
10
稚魚期
1~5月
仔魚の
降下
10~12月
遡上 4 ~
5
月
5.5km
南郷大橋
5.5km
10km
15km
水道管
仔魚期 10~12月
産卵10 ~
11 月
仔魚の
降下
10~12月
有沢橋 10km
新保大橋 15km
20km
太田橋
な
合口ダム
わ ば
新婦大橋
20km
り
7 ~8 月
26km
神通川第三ダム 24km
神通川第二ダム
小牧ダム
庄川
神通川
富山湾産アユの一生
そ森
しと
て海
アを
ユつ
な
ぐ
川
54.6
庄川沖
40
40
N=313
20
0
0
40
20
頻度(%)
11月
N=84
10月
11月
N=128
20
0
0
12月
40
40
20
12月
N=277
N=109
0
神通川沖
N=405
20
40
頻度(%)
10月
20
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
標準体長(mm)
0
3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21
標準体長(mm)
富山湾で採集されたアユ仔魚の体長分布(2005年)
出現頻度
(%)
1992-1996年
10-12月
N=5,807
40
20
0
4
6
8
22
10 12 14 16 18 20 20
22
0
標準体長(mm)
水温、塩分
24
26
28
30
32
(℃)
34
(‰)
富山湾で採集されたアユ仔魚
の体長分布
水深(m)
5
10
水温
塩分
15
20
1996年10月29日Ý
アユ仔魚が採集された表層は、塩
分躍層から上側の汽水域
庄川河口沖合1km地点
25
庄川河口付近における水温と塩分の鉛直変化
海域と淡水湖でのアユ初期仔魚の分布の違い
河口域
沖合いの浅海域
河川水の影響が強い
アユ仔魚(表層)
水温・塩分躍層
河口域
中層に拡散
河川水
暖かい湖水
海水
(中層)
海底
(底層)
湖底
アユ仔魚
水温躍層
冷たい湖水
水深100~200m
富山湾でのアユ仔魚の分布水深
琵琶湖でのアユ仔魚の分布水深
アユ初期仔魚の分布は物理環境条件によって
律せられる!
a.
富山湾
渚域に隣接する浅海域 (表層)
10~12月 (5-16 mm)
2.5 km 以内
・ 回遊
・ 分散
(表層経由)
(表層経由)
河口域 分散
10~12月
・
渚域(波打ち際近く)
(5-7 mm)
10~12月
(10-30 mm)
砂浜
・
川
中流域
仔魚の降海
9月下旬~11月中旬
産卵
富山湾におけるアユ仔稚魚の回遊模式図(9-12月)
b.
浅海域に隣接する沖合いの海域
3~5月 (40-90 mm)
・
富山湾
0.1 - 3 km
回遊
・
渚域に隣接する浅海域
・
1~3月 (30-90 mm)
回遊
・ 回遊 ・
渚域(波打ち際近く)
・
河口域
4~5月
100 m程沖
3月下旬~5月下旬 (40-90 mm)
・
遡上 (水温
砂浜
≧10 ℃)
川
中流域
4~5月 (50-90mm)
富山湾におけるアユ仔稚魚の回遊模式図(1-5月)
富山湾でのアユ仔稚魚の生態特性
• 降海時期が太平洋側に比べて早い。
• 沖合方向への仔魚の分散範囲は約3km以内(大型
個体ほど岸に近いところで採集)。
• 体長約20mmまでの仔魚は塩分躍層より上の表層
(汽水域)に生息。
• 汽水域には餌が豊富で、アユ仔魚の生残や成長が
良い。
• 砕波帯へは表層を経由して蝟集。
• 砕波帯では10〜1月に、体長約30mmまでの仔魚が
生息し、水温が10℃を下回る2月以降には隣接した
浅海域へ移動。
• 河川への遡上は水温が約10℃を超えた頃に大型個
体群から始まり、海の水温が17℃を超える頃に小型
個体群で終わる。
河川・沿岸環境の激変
• ダムの構築によるアユの遡上範囲の激減
(森に届いていない?)
• 低水護岸の建設や砂利採取などの河川工
事による、河道の中央化、直線化。
• 結果として、早瀬、淵の喪失。下流域におけ
る礫帯の後退。
• 港や漁港それに伴う埋め立てで多くの砂浜
海岸が喪失。
10月に雨が降ると、アユが増える理由
降雨による
大出水
アユ仔魚
の生残率
の向上
陸地からの
栄養塩類
の増加
動物プラン
クトンの大
発生
流量 = 栄養塩類量
汽水域
(生息域)
の拡大
植物プラ
ンクトン
の大発生
森(山)と海をつなぐ川、そしてアユ
保水力・浄化力
山の森の木々によ
り作られた腐植土
森(山)
アユの遡上
腐って溶けた栄養分
は川の藻類に吸収
上・中流域の川
は清冽で豊かに
(海からの栄養分を持参)
川
栄養分は順繰りに
生物に取り込まれる
アユが成長
アユの遡上
と仔魚の降海
落ち葉・栄養分は川
を通じて海へ流れる
植物・動物プラ
ンクトンの繁茂
藻類が繁茂
海
豊饒の海へ
アユも海と森
を行き来する
河口周辺海で育つ
アユの子供たち
ダウンロード

発表資料(パワーポイント)