TES型X線マイクロカロリメータの
性能向上を目指した性能評価と
ノイズ抑制の研究
宇宙物理実験研究室
赤松 弘規
修士論文内容
性能の良い素子の特性評価
γ線カロリメータの特性評価
ノイズ抑制を目指した素子の特性評価
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
1
目次
1. 研究背景
2. TESカロリメータの動作原理
3. 実験装置と測定方法
4. 複素インピーダンス
5. 評価結果
6. まとめと今後の課題
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
2
1.研究背景
• 0.1~10 keVのX線領域 : 様々な元素の輝線が存在
将来のX線分光装置への要求
微細構造線の分離
⇒ 数 eVのエネルギー分解能
広がった天体の観測
⇒ 広視野撮像能力
X線マイクロカロリメータが有力候補
•次世代X線天文衛星 (DIOS : Diffuse Intergalactic Oxygen Surveyor)
中高温銀河間物質(Missing baryon)の大規模構造を探る
搭載X線分光装置への要求 (Tawara+,SPIE,2008)
エネルギー分解能 2 eV
広視野撮像能力 ⇒ 256素子のアレイ化
DIOS衛星 (PI:大橋)
2015年打ち上げを提案中
5.9 m
1.5 m
TES型X線マイクロカロリメータ
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
3
2.TESカロリメータの動作原理
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
X線マイクロカロリメータ
X線光子のエネルギーを
素子の温度上昇として感知
エネルギー分解能
EFWHM ∝ k T 2C / αeff
TES(Transition Edge Sensor)
Ts
超伝導遷移端の急激な抵抗
変化を利用した温度計
TESの感度を表すパラメータ
 ln R
 ln R
α

 ln T
 ln I
αeff  α /(1  β)
理論的分解能を知る上で必須だが、
X線パルスからではパラメータ α、β、C の分離が困難
4
• これまでの結果
5
Ti/Au TESカロリメータをIn-house 製作(首都大&宇宙研)
エネルギー分解能 4.8 eV @ 5.9 keV (Yoshino+,JLTP, 2008)
分解能を制限している原因は?
⇒従来の理論モデルでは
説明できない超過ノイズの存在
TMU146-4dのエネルギー分解能内訳
ΔEベースライン
4.1 eV
ΔETES
3.5 eV
超過ノイズ
Johnson noise
TESの抵抗による熱雑音
観測ノイズ
Phonon noise
TES-熱浴間の熱的ノイズ
ΔEreadout
2.1 eV
読み出しノイズ
Phonon noise 読み出しノイズ
Johnson noise
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
本研究の目的
• TESカロリメータの特性評価方法の確立
• 性能を制限している原因の追及
• 超過ノイズの振る舞いの評価
他機関での超過ノイズの原因候補
(Irwin & Hilton 2006 )
超伝導体を用いるTES特有
クーパー対の揺らぎ
渦糸数密度の揺らぎ
超伝導・常伝導の状態揺らぎ
原因解明と振る舞いの理解が急務
我々の素子でも同様な性質の超過ノイズが存在するか検証
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
6
3.実験装置と測定方法
TMU146-4d
Yoshino +,JLTP, 2008
希釈冷凍機
(OXFORD社製)
抵抗値 [m Ω]
Ti(35nm)/Au(100 nm)TES
200 μm□
124 cm
120 μm□1.5μm 厚
Au 吸収体
熱浴温度 [m K]
Tc=102 mK
二段転移気味
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
7
4.TESカロリメータの複素インピーダンス
インピーダンスからパラメータを決定可能
Lindeman + 2004
Z TES  Z   ( Z 0  Z  )
吸収体
温度計 T 、熱容量C
周波数が0の
インピーダンス
熱伝導度 G
周波数が∞の
インピーダンス
低温熱浴 Ts
1
1  i ω τ eff
実効的な 
 β 2
eff
Z 0   R 1 

時定数
 L 1 
P
フィードバックの
Z  R (1  β )
L

ループゲイン
GT
素子の熱的な応答分だけ
フィードバックが遅れていく
フィードバックが追い付かず
ただの抵抗と見なせる
1
G (L  1)

2π τeff
C
虚
部
Z
Z0
f
虚
部
実
部
Z
Z0
フィードバックにより、
負の抵抗として見える
実部
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
周波数 (Hz)
周波数 (Hz)
8
測定回路
ローパスフィルタ(< 34 kHz)
フィルタ BOX
希釈冷凍機
TES
I
Rb=15 kΩ
R
Rs=
4.4mΩ
Ls
Cb=2400 pF
SQUID
ホワイトノイズ発生器 フィルタBOX
入力V (t)
フィルタ
BOX
オシロスコープ
希釈冷凍機
ホワイトノイズ
Vb
発生器
Z(f)=V(f)/ I(f)
ホワイトノイズ
発生器
入力V (t)
出力 I (t)
V (t),I (t):実数を
フーリエ変換後の
V (f), I (f) は複素数
デジタル
オシロ
TES
2009/1/22
ホワイト
ノイズ
SQUID
2008年度修士論文発表会
9
時系列データの取得方法
ADCボードで時空間のデータを取得しフーリエ変換して評価
Sample
Rate
Sample Number
(サンプル時間)
Records
= 平均数
Band
Width
入力ノイズ
200 kHz
10k(50ms)
340
50 kHz
2 Vpp
SQUID出力
(=50k V/A×TES電流)
入力コイルカットオフ Rs/Ls = 5.7 kHz
フィルタ BOX(34 kHz)
オシロのBand Width
入力ノイズ
TESが超伝導のときの
入力/出力のパワースペクトル
周波数 (Hz)
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
Sample Rate より高い
周波数成分を十分に落
とすため
これらの効果を補正して、
TES インピーダンスを計算。
10
5.評価結果 複素インピーダンス
測定された ZTES (複素平面上) 25箇所の異なる抵抗値で
インピーダンスを測定
R = 8~120 mΩ
虚
部
低周波側 20 Hz
高周波側 40 kHz
モデルインピーダンス
をフィットすることで
α、β、Cが得られる
実部
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
11
5.評価結果 複素インピーダンス
測定された ZTES (複素平面上)
25箇所の異なる抵抗値で
インピーダンスを測定
R = 8~120 mΩ
虚
部
低周波側 20 Hz
高周波側 40 kHz
モデルインピーダンス
をフィットすることで
α、β、Cが得られる
実部
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
12
パラメータの抵抗値依存性
α
120
100
80
60
40
温度感度
α
 ln R
 ln T
動作点でのパラメータを
用いてノイズ解析
20
β
1.2
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
電流感度  
熱容量Cは遷移中で
常伝導状態に近い値
0.4
0.3
TESが超伝導を仮定
0.2
[pJ/K] 0.1
0.0
0.0
C
2009/1/22
 ln R
 ln I
2008年度修士論文発表会
TESが常伝導を仮定
0.5
R/Rn
1.0
常伝導状態の抵抗値で規格化
13
X線照射時の動作点におけるノイズ解析
得たパラメータ(α、β、C)を用いて理論式でノイズスペクトルを評価
理論モデルと読み出しノイズのみでは
観測したノイズスペクトルを説明できない
超過ノイズ
Phonon
Noiseと
再現できていない
同じ周波数依存性
ノイズ総和
超過ノイズ
Johnson Noiseと
同じ周波数依存性
Johnson Noise
Phonon Noise
Phonon Noise TESの抵抗の熱雑音
TESと熱浴間の
TESと熱浴間の
熱的ノイズ
熱的ノイズ
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
14
TMU146-4dのエネルギー分解能内訳
ΔEベースライン
4.1 eV
ΔETES
3.5 eV
超過ノイズ
3.12 eV
Johnson noise
1.08 eV
Phonon noise
1.16 eV
ΔEreadout
2.1 eV 読み出しノイズ
Excess Johnson
1.44 eV
Excess Phonon
2.77 eV
Conventional
noise
1.61 eV
二種類の超過ノイズ成分の存在を確認
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
15
Phonon noise 的な超過ノイズ
エネルギー分解能に最も大きな寄与(2.77 eV)
原因 ⇒ 素子の温度揺らぎ
実験セットアップで対応可能
X線あるいは外部輻射が
TES以外の部分に照射
or
熱浴温度の揺らぎ
コリメータを用いてTESのみにX線照射
冷凍機の温度安定度を改善
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
16
Johnson noise 的な超過ノイズ
他機関ではこちらだけ観測され大きな寄与
原因未解明⇐振る舞いの理解が重要
超過ノイズ [A/√Hz] = M × Johnson Noise [A/√Hz]
M  0.2 0.5
( Ullom + APL 2004 )
M
ばらつき程度の誤差が存在する
NIST(アメリカ)の素子のM因子の振る舞いと似た傾向
温度感度 α
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
17
6.測定結果のまとめ
• インピーダンスを用いてTESのパラメータを評価
する方法を確立
• TMU146-4dのα、β、Cを評価
• Phonon 的とJohnson 的の二種類の超過ノイズが
あることを明らかにした
• Johnson noise 的な超過ノイズの振る舞いを評価
(M ~ 0.2α 0.5)
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
18
6.今後の課題
TMU146-4dにおいて、conventional noiseの寄与 1.61 eV
超過ノイズの抑制がカギ
 Phonon noise 的な超過ノイズ成分
⇒熱的な揺らぎが原因
コリメータを用いてTESのみにX線を照射(2月上旬予定)
冷凍機の温度安定度を改善
 Johnson noise 的な超過ノイズ成分
0.5
⇒温度感度αと相関( M  0.2 )
超伝導遷移が急に進むことで、TES内で遷移の
非一様性が大きくなり、ノイズ源になることを示唆
電流の流れる経路を制限することで非一様性を抑制
 読み出しノイズ(2.1 eV 相当)の改善
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
19
熱揺らぎ対策を行ったTMU146-4d再評価
熱揺らぎ対策
シリコンコリメータ(TMU168用を流用。TESに対して60%の穴)
輻射対策
他の温度領域が見えないようにアルミテープ
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
20
ノイズ抑制を目指した素子開発
電流の流れる経路を制限することで、超伝導遷移の非一様性を解消
電流の
流れる方向
TMU169-10
TMU169-11
TMU169-01
常伝導金属
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
21
測定した TES型γ線マイクロカロリメータ
スズ ( Z= 50 )
吸収体貼り付け
Stycast2850
SII155+Sn
630 µm
ΔEFWHM=38.4±0.9 eV @ 59 keV
(首都大 山川修論 2006、
Oshima et al 2008 )
670 µm
t0.3 mm
241
Am
Am
世界最高レベルの分解能
(世界記録 24 eV @ NIST)
Np-L
Am
0
2009/1/22
10
20
Sn
escape
30
40
Energy ( keV )
2008年度修士論文発表会
50
60
22
SII155+Snのインピーダンス測定結果
吸収体 Ca
熱伝導度 Ga
温度計 T 、熱容量C
熱伝導度 G
測定された ZTES (複素平面上)
虚部 [ mΩ ]
吸収体 – TES間の熱伝導度を
考慮した熱モデル
低温熱浴 Ts
実部 [ mΩ ]
虚
部
フィットパラメータ
黒:熱伝導度が良い場合
赤:熱伝導度が悪い場合
2009/1/22
実部
2008年度修士論文発表会
α
 ln R
 ln R C Ca

 ln T
 ln I Ga
23
SII155+Snのインピーダンス測定結果
温度感度 α 
200
α
 ln R
 ln T
すべてのパラメータをfit
100
2.0
電流感度  
β
1.0
吸収体の熱容量は一定なはず
物性値で固定
 ln R
 ln I
この動作点 ( R / Rn = 0.33 )
のパラメータを用いて
ノイズ解析
10
吸収体の熱容量 Ca
C、Ca
5
[pJ/K]
TESの熱容量 C
100
Ga
吸収体とTES
間の熱伝導度 Ga
50
[μW/K]
0.0
2009/1/22
0.5
R/Rn
2008年度修士論文発表会
1.0
24
Rを5%ふった場合
2009/1/22
温度感度 α 
 ln R
 ln T
電流感度  
 ln R
 ln I
2008年度修士論文発表会
25
Gを5%ふった場合
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
26
Iを5%ふった場合
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
27
エネルギー分解能へのノイズの寄与
カロリメータのエネルギー分解能(Moseley et al., 1984)
Erms  ( 

0
1

4df
2
)
NEP2 ( f )
パルススペクトル×√f はエネルギー分解能への寄与を
周波数の関数で表している
パルススペクトル×√f
パルススペクトル
1 kHz以下の周波数が分解能に大きく寄与
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
28
超伝導遷移に関する仮定
遷移の進み方
抵抗が小さい
抵抗が大きい
ほぼ超伝導状態
with phase slips
熱容量の振る舞い
C
BCS
Normal
R
ほぼ常伝導状態
滑らかに遷移が進行
超伝導状態の塊
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
29
エネルギー分解能 (TMU-146) の内訳
ΔEFWHM
4.8 eV
ΔEばらつき
2.5 eV
ΔEベースライン
4.1 eV
熱浴の温度揺らぎ ∝ E
波高値のX線入射位置依存性
Unknown noise
ΔETES Johnson noise
3.5 eV Phonon noise
・TES - 熱浴間
ΔEreadout
2.1 eV
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
SQUID noise
外乱 noise
30
質問
• なぜ2eVが必要なのか(住吉先生)
⇒酸素基線を観測したいが、銀河からの酸素の分離を行うため
• すでに読み出しノイズが2eV存在するがどうするのか(住吉先生)
⇒SQUIDを変えることで可能??
• 二段転移はどうにかならんのか(佐藤先生)
⇒薄膜を用いているので、難しい
• Phononノイズって何、なぜそのような周波数依存性??(青木先生)
⇒答えられなかった。今後報告に行く
• Phononノイズは物性では別の意味を示す(佐藤先生)
• 前半と後半で話のつながりが分からない(宮原先生)
⇒特性パラメータを評価するのにインピーダンスが必要
• なんで、変な動作点で評価したの??(佐藤先生)
⇒X線照射したのが、この動作点だから(本当はほかだとサチってし
まうちうことを言った方が良かった)
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
31
林質問
•
•
•
•
•
•
•
打ち上げの影響は??良くなれば影響が効いてくるのでは?(宮原先生)
アライメントプレートの精度は十分なのか?
去年に比べて位置決め誤差が増えたようににえるが(マサイ先生)
すべて入れるとどのようになりますか(住吉先生)
内外でどのような傾向がありますか?(住吉先生)
CCDカメラで見た時の形状はなぜできる(青木先生)
他の望遠鏡はないの?(住吉先生)
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
32
白田質問
•
•
•
•
凹面鏡ではやっていないのですか?(宮原先生)
端がだれているのは、どうにかできないのか?(宮原先生)
コメント意味不明(佐藤先生)
弱点は?(東先生)
2009/1/22
2008年度修士論文発表会
33
ダウンロード

ppt