図表3-2-7
1
【28pt、HG丸ゴシ】 A
設計FMEAとは、各重要な
機能部品などに関して、ど
のような想定故障モードが
致命的であるかをシステ
【20pt、HG丸ゴシックM-P】
C
設計FMEAとは、各重要な機能部品
などに関して、どのような想定故障モ
ードが致命的であるかをシステム上で
評価することによって致命的欠陥の事
前防止をはかる手法です。
一方、FTAは、システムにおいて発
【24pt、HG丸ゴシック】 B
設計FMEAとは、各重要な機能
部品などに関して、どのような
想定故障モードが致命的である
かをシステム上で評価すること
によって致命的欠陥の事前防
【16pt、HG丸ゴシックM-PRO】
D
設計FMEAとは、各重要な機能部品などに関し
て、どのような想定故障モードが致命的である
かをシステム上で評価することによって致命的
欠陥の事前防止をはかる手法です。
一方、FTAは、システムにおいて発生の予測
される重大トラブルをトップ事象と呼び、これ
に関する原因や要因をサブシステムから部品レ
ベルへと展開、解析します。
図表3-2-8
2
A
【28pt、MS Pゴシック】
設計FMEAとは、各重要な
機能部品などに関して、どの
ような想定故障モードが致命
的であるかをシステ
【20pt、MS Pゴシック】
C
設計FMEAとは、各重要な機能部品な
どに関して、どのような想定故障モード
が致命的であるかをシステム上で評価
することによって致命的欠陥の事前防止
をはかる手法です。
一方、FTAは、システムにおいて発生
【24pt、MS Pゴシック】
B
設計FMEAとは、各重要な機能
部品などに関して、どのような想
定故障モードが致命的であるかを
システム上で評価することによっ
て致命的欠陥の事前防
【16pt、MS Pゴシック】
D
設計FMEAとは、各重要な機能部品などに関して
、どのような想定故障モードが致命的であるかをシ
ステム上で評価することによって致命的欠陥の事
前防止をはかる手法です。
一方、FTAは、システムにおいて発生の予測され
る重大トラブルをトップ事象と呼び、これに関する
原因や要因をサブシステムから部品レベルへと展
開、解析します。
3
図表3-2-9
【行間2.0:20pt】
【行間1.2:20pt】
C
設計FMEAとは、各重要な機能部品
設計FMEAとは、各重要な機能部品
などに関して、どのような想定故障モ
などに関して、どのような想定故障モ ードが致命的であるかをシステム上で
評価することによって致命的欠陥の事
ードが致命的であるかをシステム上で 前防止をはかる手法です。
一方、FTAは、システムにおいて発
評価することによって致命的欠
生の予測される重大トラブルをトッ
A
D
【行間1.0: 20pt】
設計FMEAとは、各重要な機能部品
などに関して、どのような想定故障モ
などに関して、どのような想定故障モ ードが致命的であるかをシステム上で
ードが致命的であるかをシステム上で 評価することによって致命的欠陥の事
前防止をはかる手法です。
評価することによって致命的欠陥の事
一方、FTAは、システムにおいて発
生の予測される重大トラブルをトップ
前防止をはかる手法です。
事象と呼び、これに関する原因や
【行間1.5:20pt】
B
設計FMEAとは、各重要な機能部品
4
図表3-2-10
【20pt、行間:1.5 】
A
設計FMEAとは、各重要な機能部品などに関して、どのような想定故障モー
ドが致命的であるかをシステム上で評価することによって致命的
【20pt、行間:1.5 】
B
設計FMEAとは、各重要な機能部品などに関して、どの
ような想定故障モードが致命的であるかをシステム上で
評価することによって致命的
【20pt、行間:1.5 】
C
設計FMEAとは、各重要な機能部品
などに関して、どのような想定故障モ
ードが致命的であるかをシステム上で
評価することによって致命的
ダウンロード

Document