2010年6月25日
09BA390L 山村美帆
金融の規制強化・制度改革
~アメリカ~
今回の金融危機を受けて、これまでの過度な
規制緩和により金融が暴走し、リスクの適切
な管理を怠ってきたことが直接的要因である
として、規制強化を求める声が高まっていた。
2009年8月11日、オバマ政権は大恐慌以来70年ぶりと言わ
れる金融規制改革法案を議会に提出し、
金融危機を教訓として行き過ぎた規制緩和の流れに終止符
を打つ方針を明らかにした。
システミックリスクに着目した規制
これまでの業態別に規制当局の分かれた
米国の規制システムはシステミックリス
クの認識、対処の点で十分でない。
今回の改革は、金融システムの安定性を脅かす恐れの
ある金融機関について一括して監督、規制しようとい
う考えのもと行われた。
FRB(連邦準備制度理事会)の権限拡大
○銀行だけでなく証券会社や保険会社もFRBの監督下に置く。
○大規模投資銀行の監督権限を米証券取引委員会(SEC)からF
RBに移管する。
○大規模で、他の金融機関との相互関係が密接である金融機関の監
督権限をFRBに集約することを目的とし、こうした金融機関の財
務悪化が米国や世界全体の経済の安定性にとって脅威となる場合、
FRBが当該金融会社を「ティア1金融持株会社」に指定し、FR
Bに一元的に監督権限を担わせる。
FRB権限拡大に関して、中央
銀行であり、本来金融政策を扱
ティア1の判断基準
うFRBが金融危機に対し適切
・資産や負債の規模及び性質
に金融機関に対して強制力を発
・他の主要金融機関との取引
揮できるのかという疑問から批
および関係性
判の声も上がっている。
金融サービス監督協議会(FSOC)の設立
○金融システムの安定を脅かす要因を発見することを責務と
する省庁横断型の機関。
○FSOCを構成する当局及び、金融機関からも直接情報を入
手する権限を持つ。
○FRBがティア1金融持株会社に指定することに関して勧告
を行うことができる。
システム上重要な金融機関の破綻処理権限
破綻した場合に金融システムを脅かすような金融機関に秩
序ある破綻処理の枠組みを整備することを目的とし、今ま
でセーフティネットの枠組みのなかったノンバンクや、
ティア1などの破綻処理権限をFDIC(連邦預金保険公社)
に付与する。
FDICに対し今までの預
金取扱機関の破綻に対
応する機能と概ね同等
の機能がノンバンクに
対しても与えられる。
経営危機に陥った問題金
融会社に対し、FDIC
が融資や資産・負債等の
買い取りを行うことがで
きる。
投資家保護の観点

格付機関規制
格付け機関はNRSRO(全国的に認知されている統計的格
付機関)としてSEC(証券取引委員会)に強制的に登録
することを義務づける。
SECはNRSROに対し・・
・内部統制、デューデリジェンス、格付け決定の手
続きについての評価を行う。
・格付けに利用するデータ、格付けのモニタリング
の頻度などの情報開示を規定
投資家保護の観点

証券化に関する規制
○ABS(資産担保証券)の証券化プロセスに関わる証券化業
者に対し、第3者に移転した資産に係る信用リスクの少な
証券化のプロセスに関わった
くとも5%を保有することを義務付ける。
機関に対して責任を負わせる
○ABSの発行者に対する情報開示を強化し、開示情報には少
ことで、危険性の高い証券化
なくとも投資家が独自に適切な投資であるか調査を行える
商品を無責任に発行すると
よう、ABSの裏付けとなる資産レベルのデータが含まれる
ことになる。 いった行動を防ぐ。
○ABSの品質に欠陥があれば投資家から買い戻しを求められ
るようにする。
消費者保護の強化
金融消費者保護庁(CFPA)の設置
 クレジットカードや住宅ローンなど消費者向
け金融商品、サービスを規制する新たな機関。

○消費者保護関連の規則制定権
消費者が、消費者向けの金融商品、サービスを判
断するための情報を有しそれを理解すること、不
○商品設計への介入
正行為から消費者を守ることなどを目的とする。
○消費者向け金融商品サービスを扱う業者への健全
性の調査、業務停止命令や罰金などを課せる
店頭デリバティブ規制
デリバティブ取引の市場の不透明さが危機を増幅さ
せたという認識から
店頭デリバティブに対して標準化を求める

+
全ての標準課されたデリバティブは中央清算機関で清算、取引
所で取引を行うこととする
証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)に、取引所や
清算機関に対し、店頭デリバティブ取引の記録と報告を義務付ける権
限を付与
中央決済機関で清算されていない取引についても、取引管
理機関への報告を義務付ける
論点
役員報酬規制の導入について
ダウンロード

金融の規制強化・制度改革 ~アメリカ~