郵政公社の改革
01w047
垣鍔 将史
郵政3事業
 郵便
 郵便貯金
 簡易保険
郵便

封書(第一種)

はがき(第二種)

定期刊行物(第三種)

点字郵便など(第四種)
・
積
立
貯
金
・
財
形
定
額
貯
金
・
定
額
貯
金
・
定
期
貯
金
・
通
常
貯
金
郵
便
貯
金
ゆうパック
 大きさは、長さ1m以内で、長さ・幅・
厚さの合計が1.5m以内。
● 重さは、20㎏以内。
 損害賠償
(最高6000円まで)
改革

コンビニエンスストア経営

佐川急便と提携
(佐川が集めたメール便を郵政公社が配達)

「かんぽの宿」8施設廃止

降格制度導入
問題点
3年ぶりの赤字
黒字額が前年度の635億円から432億円
民間各社との競争
ヤマト運輸のメール便、郵便より安く
郵貯の非効率経営
課題
完全民営化
人件費
(人件費の比率がヤマトを20%ポイント近く上回る)
郵便の運用と調達のミスマッチ
郵貯と簡保資金
の低迷
まとめ
 これから、日本の物流産業は郵政公社
も参入し、ますます活性化するだろう
 郵政公社⇒ゆうパック
 ヤマト運輸⇒クール宅急便
 佐川急便⇒飛脚クール便」
ダウンロード

power point形式のレジュメ