温度制御装置の製作
T20R004
粟谷 朋弘
目的
• ワンチップマイコンを使用してセンサ
からの情報をA/D変換した入力情報
によって出力部(ファン・熱源)を自
動的にon/offを出来るようにする。
内容
• ワンチップマイコンによるA/D入力。
• 熱源として白熱球のON/Offと冷却用
扇風機のON/Offで、実験してみる。
制御システム
制御装置のON/off(ファンと熱源)
マ
イ
コ
ン
ボ
ー
ド
実
験
装
置
センサからの情報
製作した装置
正面図
側面図
制御方法
• 装置内気温が27℃未満のとき、内部の白熱
球が点灯し気温を上げる。
• 装置内気温が27℃を超えたとき、装置側面の
冷却用ファンが動作して気温を下げる
動作結果
温度(℃)
27
時間(s)
•
装置内の温度は27℃をキープした。
まとめ
• この装置の作成でPICマイコン使ったA/D入力
の方法と、出力信号でモータと熱源をon/offさ
せる方法が理解できた。
• 制御装置の回路は、温度センサと熱源と冷
却装置の単純なつくりでも問題なく動作する
ことがわかった。
ダウンロード

温度制御装置の製作