電子顕微鏡室
平成20年度
電子顕微鏡室の主な業務
電顕機器利用状況
過去5年間の利用数の推移
電子顕微鏡室の主な業務
当室では下記に記しました機器を、常に研究者の皆様に良い状態でご利用頂けるよう整備しております。また、電顕試料作製
に関する研究レベルでのご希望には、電顕室の技術顧問である1解剖の二宮先生、市川先生にもお力添えいただいております。
電顕3台は機器予約システムにて、他の機器類は電話で予約を受け付けております。
1)透過型電子顕微鏡(細胞、組織の微細構造の観察
日立H7500 平成12年設置、日本電子1200EX 昭和60年設置
<利用予約のある時>
・利用時間の30分~1時間前より電圧(利用者の希望により、60Kv、80Kv、100Kv)を入れ、ウォーミングアップの後、
フィラメント調整、軸調整、対物絞りの位置確認等をします。
・標本観察、写真撮影のお手伝いをします。(記録はフィルムのみで、フィルムは現像してお渡しします)
・利用後、電顕の真空度の確認等をします。
<日常業務>
・毎朝夕に、水回り、オイル回り、真空度の点検をします。
・週1回、120Kvまで高圧をかけます。
・フィラメントが切れた時、交換、軸調整をします。
・実際に試料観察、写真撮影をし、機械の作動確認をします。また、フィルムの現像、焼付をして、フィルムの黒化度
等を確認します。
・随時、フィルムの予備排気をします。
2)走査型電子顕微鏡 (細胞、組織の表面構造の観察)
日立S4300 平成12年設置
<利用予約のある時>
・利用時間の30分前に、コンピュータを起動し、ウォーミングアップ、軸調整等をします。
・標本観察、記録のお手伝いをします。(記録はUSBメモリに保存していただきます。またプリンターも設置しています。)
<日常業務>
・毎朝夕に、水回り、オイル回り、真空度の点検をします。
・実際に試料観察をし、機械の作動確認をします。
3)透過電顕、走査電顕の試料作製にご利用頂ける機器類
①凍結割断装置 日本電子JFD9010 (凍結試料を割断してレプリカを作製)
②凍結乾燥装置 日本電子JFD300 (走査電顕試料の乾燥)
③試料蒸着装置 日立E‐1030 (走査電顕試料のコーティング)
④カーボン蒸着装置 日本電子JEE‐4C (透過電顕試料の補強コーティング)
①、②、④
の機器は、週に1度1日中真空を引き、作動を確認します。
凍結割断装置の利用予約がある時は、ウォーミングアップに時間がかかるため、前日から機械を作動させ、翌日すぐ使用
できるように準備します。
利用時は、フィラメント、カーボン、白金の交換、メッシュの準備等、作業補佐をします。
終了後は、機械内の清掃を行い、再度セットアップ(作業時間として約1日)します。
4)試料作製サービスに関して
・透過電顕:次の3つに分けて、受益者負担でお受けしています。
エポン包埋…固定、脱水、包埋、ブロック作製
光顕標本作製(1ブロックにつき)…標本作製、染色
電顕標本作製(1ブロックにつき)…標本作製、染色
2000円
500円
3000円
•走査電顕:通常、凍結乾燥装置の予約をして頂き、アルコール脱水を終えた段階でお預かりします。t-ブチルアルコールに
置換し、凍結乾燥、試料台への接着・乾燥、Pt-Pd蒸着をします。
なお、ご利用時に生じる消耗品、透過電顕試料作製の受益者負担以外(電顕用フィルム、走査電顕のUSBメモリ、割断作業
時のフィラメント、メッシュ等)は、利用講座でご用意して頂いております。
透過電顕利用状況
月
使用回数
第1病理 使用時間
撮影枚数
使用回数
第2病理 使用時間
撮影枚数
使用回数
第1解剖 使用時間
撮影枚数
使用回数
癌研病理 使用時間
撮影枚数
使用回数
第1内科 使用時間
撮影枚数
使用回数
第2内科 使用時間
撮影枚数
使用回数
第3内科 使用時間
撮影枚数
使用回数
耳鼻科
使用時間
撮影枚数
使用回数
臨床検査部 使用時間
撮影枚数
使用回数
救急部
使用時間
撮影枚数
使用回数
KKR
使用時間
撮影枚数
使用回数
合計
使用時間
撮影枚数
4月
1
1.0
13
5月
1
1.0
14
6
13.0
256
6月
1
1.5
14
1
2.0
7
7月
8月
1
2.0
12
9月
1
1.0
9
1
2.5
26
4
7.5
82
1
1.0
10
10月
11月
1
4.0
20
1
2.0
28
1
1.5
20
2
6.0
10
4
5.0
20
12月
5
12.0
248
1月
4
11.0
20
3
7.0
50
2月
1
2.5
10
12
28.0
413
3月
12
35.5
40
1
2.0
32
2
2.0
7
2
3.0
25
1
1.5
10
1
1.5
0
1
6.0
9
2
4.0
9
1
1.5
4
2
2.5
1
1
7.0
33
4
10.0
82
13
26.0
358
3
5.5
58
6
13.5
91
2
5.0
46
4
8.5
67
1
2.5
20
3
6.0
42
2
3.5
30
2
3.5
30
3
7.0
60
9
18.0
177
2
4.5
30
6
13.5
98
1
2.0
18
9
17.0
57
4
9.0
86
10
22.5
338
2
5.0
50
13
28.5
146
1
0.5
2
2
4.0
34
16
35.0
459
1
2.5
24
15
47.0
129
合計
2
2.0
22
23
64.0
154
38
80.5
1148
2
2.5
30
2
2.0
7
2
3.0
25
2
3.0
10
6
14.0
23
1
7.0
33
1
0.5
2
27
60.5
538
106
239.0
1992
走査電顕利用状況
月
使用回数
第1解剖
使用時間
使用回数
癌研病理
使用時間
使用回数
第2病理
使用時間
使用回数
産婦人科
使用時間
使用回数
臨海研究所
使用時間
使用回数
合計
使用時間
4月
4
7.0
5月
6月
1
2.0
7月
8月
2
3.0
9月
4
6.0
10月
2
2.5
11月
12月
2
4.0
1月
1
2.0
2月
2
2.0
3月
2
7.0
6
23.0
4
7.0
2
7.0
1
2.0
6
23.0
3
9.0
2
3.0
2
5.5
4
11.5
6
11.5
6
14.0
0
0.0
2
4.0
11月
12月
3
8.0
1
1.0
5
11.0
1
3.0
3
5.0
3
9.0
合計
18
28.5
2
7.0
9
32.0
10
28.0
1
1.0
40
96.5
凍結乾燥装置利用状況
月
使用回数
癌研病理 使用時間
個数
使用回数
第2病理 使用時間
個数
使用回数
第1解剖
使用時間
個数
使用回数
臨海研究所 使用時間
個数
使用回数
産婦人科 使用時間
個数
使用回数
合計
使用時間
個数
4月
1
6.0
5
5月
1
6.0
4
6月
7月
8月
9月
10月
1月
2月
6
36.0
13
2
12.0
27
3
18.0
32
1
6.0
8
1
6.0
4
1
6.0
8
1
6.0
4
2
12.0
4
6
36.0
13
3月
2
12.0
4
4
24.0
9
4
24.0
9
2
12.0
3
2
12.0
5
2
12.0
3
1
0.5
6
3
12.5
11
0
0.0
0
1
6.0
2
1
6.0
1
2
12.0
5
2
12.0
3
2
12.0
5
1
6.0
4
合計
2
12.0
9
7
42.0
17
16
96.0
63
1
6.0
1
1
0.5
6
27
156.5
96
蒸着装置利用状況
月
使用回数
癌研病理 使用時間
個数
使用回数
第2病理 使用時間
個数
使用回数
第1解剖
使用時間
個数
使用回数
臨海研究所 使用時間
個数
使用回数
産婦人科 使用時間
個数
使用回数
合計
使用時間
個数
4月
1
0.5
5
5月
1
0.5
4
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
10
5.0
13
2
1.0
27
3
1.5
32
2
1.0
8
1
0.5
4
2
1.0
8
10
5.0
13
3月
1
0.5
4
2
1.0
4
4
2.0
9
2
1.0
4
1
0.5
1
5
2.5
10
2
1.0
3
2
1.0
5
2
1.0
3
1
0.5
6
3
1.5
11
0
0.0
0
1
0.5
2
1
0.5
1
2
1.0
5
2
1.0
3
2
1.0
5
1
0.5
4
合計
2
1.0
9
11
5.5
17
17
8.5
63
1
0.5
1
2
1.0
7
33
16.5
97
凍結割断装置利用状況
第2病理
合計
月
使用回数
使用日数
使用回数
使用日数
4月
0
0
5月
0
0
6月
0
0
7月
0
0
8月
0
0
9月
0
0
10月
0
0
11月
1
5
1
5
12月
0
0
1月
0
0
2月
1
5
1
5
3月
0
0
合計
2
10
2
10
電顕試料作製状況
学内依頼
月
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
第1病理 光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
第2病理 光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
第1内科 光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
第3内科 光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
第2内科
光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
臨床検査部 光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
耳鼻科
光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
救急部
光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
4月
5月
6月
7月
8月
4
4
2
9月
1
10
2
2
2
1
24
4
4
4
10月 11月 12月
1月
2月
10
64
10
10
10
2
2
2
1
16
3
3
2
1
14
4
40
175
40
40
6
36
6
6
6
1
6
6
6
6
1
25
7
7
3
3月
合計
1
10
6
6
4
11
88
14
14
14
0
0
2
2
2
2
30
7
3
2
40
175
40
40
0
6
36
6
6
6
1
6
6
6
6
1
25
7
7
3
学内+学外依頼
学内合計
学外合計
総合計
月
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
光顕標本ブロック数
光顕標本枚数
電顕標本ブロック数
エポン包 埋 件 数
エポン包 埋 ブロック数
光 顕 標 本 ブロック数
光顕標本枚数
電 顕 標 本 ブロック数
4月
2
31
19
19
13
5
24
24
65
14
7
55
43
84
27
5月
0
0
0
0
0
10
21
21
49
18
10
21
21
49
18
6月
1
16
3
3
2
3
15
7
7
4
4
31
10
10
6
7月
1
14
0
0
0
11
44
28
60
6
12
58
28
60
6
8月
0
0
4
0
0
9月
2
34
6
6
6
13
33
23
35
9
13
33
27
35
9
10月 11月 12月
10
0
0
64
0
0
10
0
0
10
0
0
10
0
0
6
16
26
122
9
8
50
32
128
15
8
20
20
53
8
6
20
20
24
5
18
84
30
63
18
6
20
20
24
5
1月
0
0
0
0
0
16
64
43
100
14
16
64
43
100
14
2月
46
211
46
46
6
7
12
12
70
7
7
12
12
70
7
3月
0
0
0
0
0
7
21
21
33
10
53
232
67
79
16
11
37
41
97
18
11
37
41
97
18
合計
62
370
88
84
37
103
327
286
715
122
165
697
374
799
159
ミクロトーム利用状況
第2内科
合計
月
使用回数
使用時間
使用回数
使用時間
4月
0
0.0
5月
0
0.0
6月
0
0.0
7月
0
0.0
8月
0
0.0
9月
0
0.0
10月
11月
12月
0
0.0
0
0.0
0
0.0
1月
2
4.5
2
4.5
2月
0
0.0
3月
0
0.0
合計
2
4.5
2
4.5
電子顕微鏡室利用状況
使用回数
透過電顕
使用時間
撮影枚数
使用回数
走査電顕
使用時間
使用回数
凍 結 乾 燥 装 置 使用時間
個数
使用回数
蒸着装置
使用時間
個数
使用回数
凍結割断装置
使用日数
使用回数
ミクロトーム
使用時間
エポン包埋件数
エポン包埋ブロック数
電顕試料作製数
光顕標本ブロック数
電顕標本ブロック数
平 成 16年 平 成 17年 度 平 成 18年 度 平 成 19年 度 平 成 20年 度
205
201
202
159
106
478.5
463.5
451.0
332.5
239
4251
6331
6974
4785
1992
71
35
46
62
40
214.5
88.0
103.0
194
96.5
18
22
10
14
27
114
132
60
84
156.5
55
77
34
41
96
33
29
36
33
33
33.5
14.5
18
16.5
16.5
88
87
82
84
97
8
3
2
1
2
37
15
12
5
10
1
9
5
6
2
8
21.5
18.5
17
4.5
56
137
274
127
165
523
1161
447
697
81
289
535
256
374
47
120
267
114
159
電顕利用時間
使用時間
800
700
600
500
400
300
200
100
0
平成16年
平成17年度
透過電顕 使用時間
平成18年度
平成19年度
平成20年度
走査電顕 使用時間
試料作製数
1400
1200
1000
800
600
400
200
0
平成16年
平成17年度
平成18年度
電顕試料作製数 エポン包埋件数
電顕試料作製数 光顕標本ブロック数
平成19年度
平成20年度
電顕試料作製数 エポン包埋ブロック数
電顕試料作製数 電顕標本ブロック数
ダウンロード

電子顕微鏡室の主な業務