肉眼所見について
A班
足立、池内、伊藤、井上、植木
上田、大谷、小笠原、小川、小口
主に注目した臓器
• 心臓
• 肺
• 腎臓
• 脳
心臓
• 心臓の重さ・・・334g(ほぼ正常:高齢者男性
は320~330g)
心臓(ホルマリン固定)
④
②
③
①
心臓の肉眼所見
①左心室・・・右室に比べて肥大している。
→心室壁は肥大しているが、内腔は拡大も縮小もしていない
→求心性心肥大が考えられる(後負荷による左室肥大)
重量が正常に近いのは?
②大動脈弁・・・硬化している
可能性→・動脈硬化症による石灰化
・リウマチ性心内膜症による弁膜の肥厚
→リウマチ熱既往なし
心臓の肉眼所見
③心筋・・・白く半透明になっている部分がある
可能性→ 正常の線維組織→心筋にはこれだけ大きな線維組
織は見られない。
線維化→陳旧性心筋梗塞が考えられる
腫瘍組織(細胞体が白く見える)
④冠動脈・・・硬い
可能性→動脈硬化症の可能性が大きい
肺の肉眼所見(左肺)
• 重さ:330g(右)430g(左)
→重量差の原因は?
•
•
•
•
•
もともと
静脈系のうっ血
水腫
腫瘍
?
炎症
• 左肺が赤く見える
※正常値・・・300~400g
肺の肉眼所見(右肺)
• 右肺:黄色調に見える
胸水
(黄色透明、600mg)
肺水腫
肺うっ血
• (左)心不全
• 腎不全
正常の腎臓
特徴:
副腎皮質
副腎髄質
腎皮質
腎髄質
腎静脈
腎動脈
腎乳頭
小腎杯
• きれいな
輪郭
• 厚い皮質
の層
腎盤
尿管
大腎杯
腎洞
腎乳頭
腎柱
腎線維被膜
本症例の
腎臓では
どうか?
本症例の腎臓
右 98g
左 114g
(正常:120~150g)
腎臓の肉眼所見
・重量が正常値より軽くなっている。
・表面が凸凹している。
・皮質厚の減少、腎臓の萎縮
これらの所見から
慢性腎不全による腎機能低下が推測される。
慢性腎不全
慢性の腎臓病が進行し、腎臓の機能が徐々
に低下した状態 。糸球体の硬化(sclerosis)
や間質の線維化(fibrosis)のような基本的に
は不可逆性の変化が著明に認められる。
原因はいろいろ考えられるが本症例では?
病歴からの推測
• 高血圧
死亡7年前より内服加療
• 糖尿病
死亡35年前に指摘 7年前より内服加療
• 高脂血症
死亡7年前に指摘 食事・運動療法のみ
これらのファクターが絡み合って、腎機能の
低下を招いたものと思われる。
脳
• 特に目立った所見はなし。
Thank you for listening!!
ダウンロード

肉眼所見のまとめ