自然言語処理2012
-平成24年11月5日(No5)東京工科大学
コンピュータサイエンス学部
亀田弘之
前回の復習から
今日の課題
先週授業で学んだことを列挙しなさい。
解答例)
1.XXXを学んだ。
2.XXXのインストール手順
3.XXXの定義
4.XXXという用語
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
2
NLPのプログラムを書いてみよう!
1. Prologのインストール
2. プログラム作成手順
1.
2.
3.
4.
5.
6.
IC分析
形式文法の設定
Prolog形式への書き換え
NLPプログラムの実行(その1)
構文木を出力するプログラムへの拡張
NLPプログラムの実行(その2)
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
3
1.Prologのインストール
• (再確認)
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
4
Prologの種類
•
•
•
•
•
•
•
Swi-prolog
SICStus-Prolog
I/F-Prolog
K-Prolog
Minerva
Arity/Prolog
RUN/Prolog
•
•
•
•
C-Prolog
Gnu Prolog
Open Prolog
YAP Prolog など
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
5
自由課題
•
•
•
•
どんなPrologがあるのか調べてみよう。
それぞれのWeb Siteを見つけてみよう。
どれか1つdownloadして使ってみよう。
各Prologの特徴を比較し、一覧表を作ってみ
よう。
(注)本授業ではswi-prologを使います。
なぜでしょうか?
理由を考えてみてください。
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
6
Prologによる構文解析プログラム
• 処理対象:
Tom broke the cup.
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
7
IC分析
• Tom broke the cup
文
__ _____
名詞句 動詞句
___ __ __
名詞 動詞 名詞句
__ ___
限定詞 名詞
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
8
形式文法
•
•
•
•
開始記号=s
終端記号={ tom, broke, the, cup }
非終端記号={ s, n, v, d, np, vp }
書き換え規則={
s → np + vp. np → n. np→d+n. vp→v+np.
n→tom. n→cup. v→broke. d→the.
}
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
9
Prologで表現する
s :- np + vp.
np :- n.
np:-d+n.
vp:-v+np.
n:-tom.
n:-cup.
v:-broke.
d:-the.
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
10
Prog1.pl
s(A,C):-n(A,B),vp(B,C).
vp(A,C):-v(A,B),np(B,C).
np(A,C):-d(A,B),n(B,C).
n([tom|T],T).
n([cup|T],T).
v([broke|T],T).
d([the|T],T).
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
11
Prog2.pl
s(A,C,s(_n,_vp)):- n(A,B,_n),vp(B,C,_vp).
vp(A,C,vp(_v,_np)):- v(A,B,_v),np(B,C,_np).
np(A,C,np(_d,_n)):- d(A,B,_d),n(B,C,_n).
n([tom|T],T,n(tom)).
n([cup|T],T,n(cup)).
v([broke|T],T,v(broke)).
d([the|T],T,d(the)).
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
12
今日の内容
1. 構文解析プログラムの動作を理解する
2. 構文解析プログラムを自分で書いてみる
3. その結果、先週までの内容の理解を深める。
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
13
1.構文解析プログラムの動作を理解
• (例文)
Tom broke the cup.
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
14
2.構文解析プログラムを自分で書く
• 作成手順は?
(これも復習事項です。思い出せますか?)
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
15
作成手順の概要
1. 処理対象を決める
2. 処理対象の各文に対して、統語構造の分析
を行う
3. 上記の分析結果をもとに、文法を書き下す
4. 上記で得られた文法を、Prologの形式に書
きかえる
5. 動作を確認する
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
16
自習問題
• 例文)
Time flies like an arrow.
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
17
3.その他
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
18
構文解析の種類
• 分類1
– トップダウン解析方式(Topdown)
– ボトムアップ解析方式(Bottom-up)
• 分類2
– 縦型解析方式
– 横型解析方式
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
19
確認問題
• 下記の用語を自分の言葉で説明しなさい。
– 構文解析
– トップダウン解析方式とボトムアップ解析方式
– 縦型解析方式と横型解析方式
– バックトラック
– プログラミング言語Prolog
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
20
次回の予告
• 日本語を対象とするプログラムを一緒に作成
します。
• PCを忘れないように。
• Swi-Prologが動くこと、UTF-8コードで保存でき
るエディターが必要です。メモ帳でもOKです。
• 必要なら、日本語の文法書や辞書を持参して
ください(たぶん要らないと思いますが...)。
Natural Language Processing 2012 (Tokyo Univ. of Tech.)
21
ダウンロード

講義資料