第2章 第1節
情報通信の仕組み
4 暗号技術と情報の保護
5 コンピュータとネットワークの管理
情報Cプレゼン用資料(座学22)
担当 早苗雅史
1
4 暗号技術と情報の保護
1 ネットワークの安全性
 電子メールの危険性
盗み見(盗聴)
なりすまし
改竄
なりすまし
改竄
2
4 暗号技術と情報の保護
2 暗号化
 暗号
 変換の規則を知らない人には意味がわか
らない
 変換の規則を知っている人は,基の意味
が復元できる
 シーザー暗号=換字式(かえじしき)暗号
z o o k d
a p p l e
b q qm f
暗号化
+
-
複号化
c r r n g
d s s o h
e t t p i
3
4 暗号技術と情報の保護
多文字置換暗号
平文
I
a m
a
b o y
鍵
7
3 2
4
7 3 2
暗号文
p
d o
e
i
r a
 キーワードが繰り返し使用される
 使用頻度の高い文字を元にキーワードが簡
単に推測
4
4 暗号技術と情報の保護
いろいろな暗号
★転置式暗号
① 行→列
② 1列→3列→2列→4列
★円盤式暗号
① 内側の小さい円盤位置決め
② 外側の大きい円盤の文字
③ 短い方の矢印が指している
小さい円盤の文字が暗号
5
4 暗号技術と情報の保護
3 暗号方式と鍵
 “apple”をアルファベット順に3つずつずらす
→“dssoh”
 「アルファベット順にずらす」が暗号化の規則
=暗号方式
 「3」が鍵
 受信者以外に鍵を知られないことで秘匿性が守ら
れる
平文
暗号化
暗号文
複号化
平文
"apple"
→
"dssoh"
→
"apple"
6
4 暗号技術と情報の保護
4 共通鍵方式と公開鍵方式
 共通鍵方式
暗号化と複合化で同じ鍵を使用
シーザー暗号etc
 公開鍵方式
暗号化と複合化で違う鍵を使用
RSA暗号etc
 公開鍵
一般に公開する暗号化のための鍵
 秘密鍵
情報を受け取るものだけが知っている複合化のための鍵
 電子署名
7
4 暗号技術と情報の保護
RSA暗号のしくみ①
平文 =1234
暗号文=1234を37乗して2491で割った余り=2328
平文
1234
みんなに公開
37 乗して
2491で割る
公開鍵
n=2491
e=37
暗号文
97乗
2328
平文
1234
秘密鍵
d=97
自分だけが
知っている
8
4 暗号技術と情報の保護
RSA暗号のしくみ②
37乗したあと97乗すると元に戻る
2
3
4
5
6
7
8
9
10
…
36
37
…
1197
…
2393
…
3589
2
4
8
16
32
64
128
256
512
1024
…
672
1344
…
2
…
2
…
2
3
9
27
81
243
729
2187 1579 2246 1756
…
788
2364
…
3
…
3
…
3
4
16
64
256
1024 1605 1438
770
589
2356
…
713
361
…
4
…
4
…
4
5
25
125
625
634
679
904
2029
181
905
…
897
1994
…
5
…
5
…
5
6
36
216
1296
303
1818
944
682
1601 2133
…
1444 1191
…
6
…
6
…
6
7
49
343
2401 1861
572
1513
627
1898
831
…
354
2478
…
7
…
7
…
7
8
64
512
1605
385
589
2221
331
157
1256
…
864
1930
…
8
…
8
…
8
9
81
729
1579 1756
858
249
2241
241
2169
…
685
1183
…
9
…
9
…
9
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
…
1234
755
36
…
664
2328
…
1234
…
1234
…
…
…
2077 2270 1296
42
2008 1818 1512
1234
9
37乗
97乗
4 暗号技術と情報の保護
RSA暗号のしくみ③
2つの素数の積は簡単に計算できる
38903 × 60293 = 2345578579
しかし,ある数を2つの素数の積に分解す
るのはコンピュータを用いても困難
2250021941 = 40253 × 55897
暗号の秘密は「素因数分解の困難性」に起因
10
4 暗号技術と情報の保護
暗号方式のまとめ
共通鍵暗号方式 共通鍵=3 知られると困る
平文
暗号化
暗号文
複合化
平文
"apple"
→
"dssoh"
→
"apple"
共通鍵
共通鍵
公開鍵暗号方式
公開鍵=37(乗),2491(で割る) 知られてもOK
秘密鍵=97 自分しか知らない
平文
暗号化
暗号文
複合化
平文
“1234"
→
“2328"
→
“1234"
公開鍵
秘密鍵
11
5 コンピュータとネットワークの管理
1 バックアップ
 バックアップ
コンピュータに保管してある情報のコピー
 目的
いつ発生するかもしれない事態のことまで
考えたデータの保全
 方法
ハードディスクを丸ごと
CR-R,MOなど
12
5 コンピュータとネットワークの管理
2 コンピュータウイルス
 コンピュータウイルス
他人のコンピュータに侵入し,プログラムやデー
タを破壊する目的を持ったプログラム
感染
 FDやネットワーク上のデータを媒介
 ワクチンプログラム(アンチウイルスプログラム)
→ 常に最新のものが必要
 電子メールの添付ファイル,マクロウイルス
 ワーム
13
5 コンピュータとネットワークの管理
ウィルスの感染症状
 コンピュータの動作速度が遅くなる
 メモリが不足する
 画面上にメッセージやグラフックが表示される
 画面上のテキストやグラフィックが崩れる
 ディスクのデータが破壊される
 プログラムファイルのサイズが大きくなる
 プログラムが実行できなくなる
 ファイルが削除される
 キーボートからの入力がおかしくなる
 システムスピーカから音が鳴り出す
 ハードウェアの基本設定がリセット,おかしくなる
14
5 コンピュータとネットワークの管理
コンピュータウイルスの種類
広義のウイルス
(不正プログラム)
ファイルに
感染
ファイルに
感染しない
プログラムファ プログラムファイルに感
イル感染型
染
ブートセクタ
感染型
ブートセクタ(システム領
域)に感染
複合感染型
プログラムファイルとブー
トセクタの両方に感染
マクロ感染型
データファイルに含まれ
るマクロを利用して感染
トロイの木馬
自己増殖せずに実行直
後に発病
コンピュータ
ワーム
ネットワーク上で不正増
15
殖
5 コンピュータとネットワークの管理
コンピュータウイルスの被害
4000
3645
3500
3000
2391
2500
2035
2000
1500
1127
897
1000
668
500
0
755
253
14
57
1990
91
92
93
94
95
96
97
98
99
16
5 コンピュータとネットワークの管理
ウイルス感染を防ぐには
 電子メール,チャット(IRC)などからの感染対策
 知らない相手からの添付ファイルには厳重に注意
 添付ファイルの拡張子によってファイル形式を確認
 知り合いからのメールも不審なものは削除するか確認して
開く
 添付ファイル送信時には本文で添付ファイル名等を伝える
 インターネット等からファイルをダウンロードする場合
 サイトが信頼できる団体等かの確認
 ダウンロードファイルはウィルス対策ソフトでチェック
 リムーバルメディアで外部から持ち込むファイル
 ウィルス対策ソフトでウィルスチェックをしてから使用
17
5 コンピュータとネットワークの管理
2 コンピュータセキュリティ
 コンピュータセキュリティ
さまざまな危険からコンピュータやデータを守る
 セキュリティホール
被害の拡大
 不正アクセス
権利のないコンピュータを使用すること
 不正アクセスの防御
ファイアウオール
不正アクセス行為の禁止等に関する法律
18
ダウンロード

Document