観測者も動く場合のドップラー効果
0
T
f×T個の波
f×T個の波
2T
f×2T個の波
f×2T個の波
3T
f×3T個の波
f×3T個の波
4T
f×4T個の波
f×4T個の波
5T
f×5T個の波
f×5T個の波
6T
f×6T個の波
f×6T個の波
t
(Vーvs)t
(V+vs)t
vst
Vt
ft 個の波
Vt
ft 個の波
音源が動く場合は
t
波長が変わるから
振動数が変わる
(Vーvs)t
ft 個の波
v=fλ
λ’=
Vーvs
f
V
f’= f
Vーvs
観測者が動く場合は
波の伝わる速さが変わるから
V
v0
振動数が変わる
v0t
Vt
t秒後
(Vーv0)t
v=fλ
V’= Vーv0
f’= f
Vーv0
V
音源も観測者が動く場合
fs= f
V
Vーvs
f0= f
Vーv0
V
Vーv0
f‘=f Vーvs
ダウンロード

観測者も動く場合のドップラー効果