所蔵スキーマと状態通知についての考え方
株式会社紀伊國屋書店 加茂健二
1.現在の状況
Z39.50で書誌所蔵を表示する場合、所蔵の状態表示については確定されたものがない。
MARCの特定にタグに貸し出し中等の状況を表現しているアプリケーションもある。
(1)国立情報学研究所
CATP項目を表示。以下はMARC21との対応。所蔵の状態表示はない。
FANO(参加組織レコードID)
852$a
LIBABL(参加組織略称)
852$a
LOC(配置コード)
852$b
VOL,CLN,RGTN(巻冊次等,請求記号,登録番号)
852$I
(2)早稲田大学等のINNOPAC
920$cに所蔵の状態表示がある。表示としてはON HOLDSHELF、ON THE SHELF、
DUE XX-XX-XX など。ただしINNOPACクライアント以外から見ると表示されない。
(3)その他
California State University,Northridge(GEAC)では、852$yに in library 等の表示あり。
LVZ等国内のZ39.50システム=NII仕様準拠。
3.Z39.50交換標準仕様の提案
(1)Z39.50で相互交換する所蔵項目には状態表示は含めない。
(2)対象とする所蔵項目は基本的には以下のものとする。
①館・配架場所
②請求記号
③資料ID(登録番号)
(3)個々のアプリケーションに強制するものではない。例えばZ39.50を標準OPACとしている場合。
3.所蔵状態の通知について
(1)ILLへの連動を考えると所蔵状況の表示は望ましい。しかし、Z39.50の枠組みにとらわれると、
論議が複雑になる。Z39.50とは切り離して考えたい。
(2)Z39.50とは別の枠組みで状態通知を考える。
ISO ILL :異なるILLサービス提供機関同士を相互に接続し,ネットワーク経由でILLメッセージ
交換を実現することを目的とした国際標準規格。NIIではGlobal ILL Framework。
事例1:LVZゲートウェイからNACSISを表示
事例2:早稲田大WINEのZ39.50表示
事例3:CaliforniaStateUniversity,Northridge(GEAC) --LCのZ39.50ゲートウェイ経由
事例4:GlobalFinderによる九州大データの表示
事例5:Hong Kong: Chinese University INNOPACによる表示 と LCのZ39.50ゲートウェイによる表示
事例6:LIBIS-Net -Belgium(DOBIS/LIBIS) LCのZ39.50ゲートウェイによる表示
事例7:University of Minnesota, Morris (GEAC) LCのZ39.50ゲートウェイによる表示
事例8:Washington Research Library Consortium (Endeavor) LCのZ39.50ゲートウェイによる表示
事例9:Washington Research Library Consortium (Endeavor) LCのZ39.50ゲートウェイによる表示(つづ
き)
ダウンロード

所蔵スキーマと状態通知についての考え方