PHITS
Multi-Purpose Particle and Heavy Ion Transport code System
α線,β線,γ線,中性子線を止めるには?
2015年5月改訂
title
1
実習目的
• α線は紙1枚で止まる
• β線はアルミ板1枚で止まる
• γ線は鉛ブロックで止まる
• 中性子線は,それら全てを透過する
と言われています。
本当かどうかPHITSを使って確認してみよう
Contents
2
Range.inpの確認
基本計算条件
入射粒子: 20MeV電子(半径0.01cmのペンシルビーム)
体系: 円柱の遮へい体と真空のみが存在
(厚さ2cm,半径5cmのアルミターゲット)
タリー: [t-track]によるフラックス空間分布
[t-cross]により遮へい体後方のエネルギー分布
20MeV
電子
Al Void
計算体系
track.eps
Check Input File
cross.eps
3
本演習の流れ
1. 線源をβ線に変更する
2. 遮へい体の厚さを変更する
3. タリー領域の変更する
4. 線源をα線に変更する
5. 遮へい体を紙に変更する
6. 線源をγ線に変更し,遮へい体を鉛に変更する
7. γ線を遮へいできる鉛の厚さを最適化する
8. 統計誤差を小さくする
9. 線源を中性子に変更する
10. 中性子遮へいに最適な素材を探す
各ステップで変更するインプットは「range*.inp」として準備されています
Procedure
4
ステップ1:線源をβ線に変更
入射電子のエネルギーを20MeVから通常のβ線
エネルギー(例えば1MeV)に変更してみよう
[Source]
s-type = 1
proj = electron
e0 = 20.00
r0 = 0.0100
x0 = 0.0000
y0 = 0.0000
z0 = -20.000
z1 = -20.000
dir = 1.0000
e0を変更して
実行
線源エネルギーは
[source]セクションの
e0パラメータで定義
電子フラックス(track.eps)
飛程が短くなり止まった
Step 1
5
ステップ2:遮へい体厚さの変更
実際のアルミ板はもっと薄い(1mm程度)
遮へい体の厚さを変更してみよう
[Surface]
set: c1[2.0] $ Thickness of Target (cm)
1
pz
0.0
2
pz
c1
3
pz 50.0
11
cz
5.0
999
so 100.0
• ターゲット厚は変数(c1)で
定義している
電子フラックス(track.eps)
1mmでは止まらない!
どれくらいの厚さで止まるか調べてみよう
Step 2
6
ステップ3:タリー領域の変更
遮へい体内での放射線挙動を詳しく見てみよう
1. ターゲット厚(c1)は0.2cmとする
2. X,Y方向は-c1からc1までとする
3. Z方向は0cmからc1の2倍までとする
[T-Track]
title = Track in
mesh = xyz
x-type = 2
xmin = -1.5
xmax = 1.5
nx = 50
y-type = 2
ymin = -1.5
ymax = 1.5
ny = 1
z-type = 2
zmin = 0.0
zmax = 3.0
nz = 90
電子フラックス
ぎりぎり止まっている
Step 3
光子フラックス
止まっていない!!
7
透過した光子のスペクトルは?
透過率
は?
cross.outの94行目に”# sum over”
として積分値(1線源当たりにその
面を横断した粒子数)が出力される
…
# sum over
y(electron)... y(photon)
0.0000E+00 7.5439E-02
1MeV電子1入射当たり0.075個の
光子が2mmのアルミ板を透過する
透過粒子エネルギー
スペクトル(cross.eps)
β線はアルミ板で止まるが,
放射線を完全に遮へいでき
るわけではない!
数10keV~数100keV
の光子が透過している
Tally
8
ステップ4:α線入射の場合は?
1. 入射粒子をβ線からα線(6MeV=1.5MeV/u)に変更する
[Source]
s-type = 1
proj = electron
e0 = 1.00
r0 = 0.0100
x0 = 0.0000
y0 = 0.0000
z0 = -20.000
z1 = -20.000
dir = 1.0000
α線フラックス
(track.epsの3枚目)
表面で全て止まっている
Step 4
9
ステップ5:遮へい体を紙に変更
1. 紙(セルロース)の化学式は(C6H10O5)n
2. 密度は0.82g/cm3, 厚さは0.01cmと仮定
[Material]
MAT[ 1 ] # Aluminum
27Al
1.0
[Cell]
1
1 -2.7 1 -2 -11 $ Target
2
0
2 -3 -11 $ Void
98
0
#1 #2 -999 $ Void
99
-1
999 $ Outer region
[Surface]
set: c1[0.2] $ Thickness of Target (cm)
1
pz
0.0
2
pz
c1
3
pz 50.0
11
cz
5.0
999
so 100.0
α線フラックス
• 本当に紙1枚(0.006cm程度)で止まる
• 2次粒子も発生しない
Step 5
10
ステップ6:γ線入射の場合は?
1. 入射粒子をα線から0.662MeVの γ線(=photon) に変更する
2. 遮へい体を厚さ1cmの鉛(密度11.34g/cm3)に変更する
204Pb
206Pb
207Pb
208Pb
0.014
0.241
0.221
0.524
透過エネルギースペクトル
一度も散乱せずに
透過した光子が多数存在
光子フラックス
遮へいが十分でない
Step 6
11
ステップ7:γ線を遮へいできる鉛の厚さは?
1. 遮へい体の厚さを変更する
2. 一度も散乱されずに透過する確率が1/100になれば遮へい
できたとする → cross.outの75行目で確認
鉛4.3cmの場合の光子フラックス
Step 7
透過エネルギースペクトル
透過率0.010
12
ステップ8:統計誤差を小さくする
maxcas, maxbch, batch.now, istdevなどを駆使して,透過
率の統計誤差が10%以下になるまで,計算を実行する
maxcas = 1000, maxbch = 1の場合
3.1232E-01
3.8073E-01
4.6413E-01
5.6580E-01
6.8973E-01
3.8073E-01
4.6413E-01
5.6580E-01
6.8973E-01
8.4081E-01
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000
0.0000
0.0000
0.0000
0.0000
0.0000E+00 0.0000
3.1116E-03 0.7100
1.1609E-03 1.0000
1.0050E-02 0.3148
0.0000E+00 0.0000
cross.outの75行目に透過率と統計誤差が出力されている
maxcas = 1000, maxbch = 14の場合
3.1232E-01
3.8073E-01
4.6413E-01
5.6580E-01
6.8973E-01
3.8073E-01
4.6413E-01
5.6580E-01
6.8973E-01
8.4081E-01
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000E+00
0.0000
0.0000
0.0000
0.0000
0.0000
1.5474E-04 1.0000
8.8026E-04 0.3625
1.5655E-03 0.2444
9.0937E-03 0.0891
0.0000E+00 0.0000
0.0091 ± 9%なので,透過率が1/100以下と考えてよい
Step 8
13
ステップ9:中性子入射の場合は?
1. 入射粒子をγ線から1.0MeVの中性子(=neutron)に変更する
2. maxbchを5に変更
中性子フラックス
ほとんど遮へいできない
透過エネルギースペクトル
一度も散乱せずに
透過した中性子が80%以上!
Step 9
14
ステップ10:中性子を効果的に遮へいする
1. 遮へい体の素材と厚さを変更して,中性子の透過率が
1/100以下になるようにする(sum overの値を見る)
2. 様々な素材を試して,どのような物質が効果的に中性子
を遮へいできるか検討してみよう
アルミ(2.7g/cm2)
約38cm
黒鉛(1.77g/cm3)
水(1.0g/cm3)
約26cm
約15cm
元素番号の軽い原子の方が効果的に中性子を遮へい可能
Step 10
15
まとめ
• PHITSを用いてα線,β線,γ線,中性子線の
透過力を計算し,通説が(ほぼ)正しいことを
確認できた
• PHITSは,様々な放射線の挙動を解析可能
なので,それぞれの特性を包括的に評価す
ることができる
Summary
16
宿題(難題!)
1. 高エネルギー中性子(100MeV)ビームの遮へい設計をする
2. 遮へい設計の指標は,フルエンスではなく実効線量とする
3. 遮へい体内での実効線量を計算し,表面と背面での線量比が
1/100以下となる遮へい体で,できるだけ薄いものを探す
4. 遮へい体は,2種類以上の素材を組み合わせてもよい
ヒント
• 奨励設定「h10multiplier」にある[t-track]を使う
• axisをxzからzに変更し,深さ方向の線量をヒストグラムで見る
• グラフがたくさん出力されすぎないよう,nx=1とする
• 低エネルギー中性子は軽い元素の方が遮へいできるが,高エネルギー中
性子はある程度重い元素の方が遮へいできる
Homework
17
回答例(answer1.inp)
鉄
コ
ン
ク 空
リ 気
ー
ト
鉄(80cm)とコンクリート(25cm)を組み合わせた遮へい体内の線量率深さ分布
考えてみよう
• 光子による線量寄与はどれくらいあるのか?
• 鉄遮へい体後方の中性子エネルギースペクトルはどうなっているか?
• コンクリートと鉄の順番を逆にするとどうなるか?
Homework
18
ダウンロード

総合実習:α, β, γ, 中性子線を止めるには?