第2回[4月20日、H.16(‘04)]
PE04-02.ppt
変数と代入・読込と表示
本日のメニュー
1)前回の課題・宿題と提出について
2)プログラムの印刷と氏名表示について
3)ファイルサーバー内のファイルの扱いについて
4)今日の課題・提出・宿題
前回の課題
まず、 学籍番号・氏名を出力せよ。続いて、
(1)[演習1-1] (p.6)
(2)[演習1-2] (p.9)
(1)の出力に続いて出力する。
(3)[演習1-3] (p.9)
(2)の出力に続いて出力する。
ファイル名: en1-****.c で保存する。
ファイル名の **** は学籍番号の二桁目と下3桁
例:学生番号 034987 ならば xxx-3987.c
#include <stdio.h>
標準ヘッダ
int main(void)
{
メイン関数の始まり
注釈行
/* 学生番号・氏名の出力 */
printf("034123 朝日太郎\n");
/* 演習 */
printf("15から37を引いた値"
"は%dです。\n", 15-37);
printf("風\n林\n火\n山\n");
printf("もしもし。\nこんにちは。\n\n"
"それでは。\n");
return(0);
}
前回の宿題
次の三角形をそれぞれ出力するプログラム
を作れ。最初に学籍番号・名前も出力せよ。
*
***
*****
*******
*
***
*****
*******
*
***
*****
*******
転送ファイル名:hw1-****.c hw1-****.exe
• 締め切り: 4月19日(月) 午後1時
• aucopy でのファイル転送フォルダーは、
[森下伊三男]-[プログラミング演習]
#include <stdio.h>
int main(void)
{
/* 学生番号・氏名の出力 */
printf("034123 朝日太郎\n");
/* 三角形の出力 */
printf(" *
**
\n");
printf(" *****
\n");
**
printf(" ***
*****
\n");
***
printf("*******\n");
****
****
return(0);
}
実
行
部
分
提出について
• プログラムの出力について
– 学籍番号・氏名の出力が無い(次回からは減点)
• 内容がほとんど同じプログラムがある
–
–
–
–
ちゃんと自分で作るようにすること
試験でプログラムを自力で書けるように
内容が同じと判断した場合は、すべて減点
幸い、今回は類似プログラムは無かった
• プログラムファイルの aucopy による提出
– ファイルは1回転送するだけでよい
– ファイルを2回以上転送する(古い方は強制削除)
– ファイル名を間違えない(間違えると減点)
• 次回からは、プログラムリスト印刷も提出する
プログラムリストの印刷
• 今日からはリストも提出
– A4の用紙を必ず持参すること
– 授業中の課題のリストは教卓の箱の中へ
– 宿題のリストはオープン利用室のケースの中へ
• [ファイル]メニューの中の
[印刷・印刷プレビュー]から印刷する
– 必要に応じて諸設定をし、プレビューしてみる。
• プリンターの使い方は「利用の手引き」(p.12)
学籍番号・氏名の記述(2カ所)
• プログラムの最初に、「学籍番号」と「氏名」
がコメント文(注釈行)として入れること。
(/* , */ は必ず半角にすること)
• /* xx(ここは全角でも良い)xx */ とする。
• {例} /* 034987 朝日太郎 */
• プログラム実行部分の最初に「学籍番号」と
「氏名」を出力する文を入れる。
・printf関数、puts関数を利用する
・printf("034321 朝日太郎 \n");
puts("034321 朝日太郎");
今日の課題
1)演習1-4、演習1-5 (p.13)、演習1-6、
演習1-7、演習1-8 (p.15) の内容を
順に出力していくプログラムを作成せよ。
2)上の出力に続いて、次の値を順に見出付
きで出力せよ。(式をそのまま入れて良い)
1年は何秒か(24時間/日、60分/時間
等)
ASCIIコード表の64番目の文字
ファイル名は en2-****.c
ファイル名の **** は学籍番号の二桁目と下3桁
例:学生番号 034987 ならば xxx-3987.c
今日の提出
1)プログラムリスト(A4版用紙を縦に使う)
今日の課題の 1)、2)の順にできたところまで
のリストを印刷して提出する
(必ずA4版の用紙で提出すること)
2)aucopyで en2-****.c を転送する。
3)aucopyで en2-****.exe を転送する。
2)、3)共に必ず aucopy を使って転送すること
ファイル名の **** は学籍番号の二桁目と下3桁
例:学生番号 034987 ならば xxx-3987.c
今回の宿題
(1)今日の課題を最後までやる。
(2)教科書第1章を良く復習する。
(1)について、授業中に提出できなかった
場合、提出した後に更に内容を追加した場
合は、オープン利用室から aucopy を使い
4月26日(月)午後1時までに
リスト印刷し提出、ファイル転送する。
リストはオープン利用室のレターケース
第2回終了
次回(第3回)は
4月27日です。
ダウンロード

プログラミング演習2004