災害時の支援物資管理システム
北海道情報大学 情報メディア学部
情報メディア学科 新井山ゼミ
0321612 中村 有佑
前回までの成果
• ハリボテVer2.0がほぼ完成
• テーブルが完成
• 自宅でのネットワーク実験
– 一部で不通
今回までの進捗状況
• テーブルの改良
– 名前の変更
– auto_increment の導入
• ネットワークの構築
• 画面設計の変更
• 検索システムのプログラミング
研究手順
• テーブルの改良
研究手順(2)
• auto_increment の導入
– 番号の自動入力
→
研究手順(3)
• ネットワークの構築(LAN)
– ファイアーウォールを解除
研究手順(4)
• 検索システムのプログラミング
→
研究手順(5)
失敗
成功
開発成果
• テーブルの改良
– 番号入力の自動化
• 検索システムが半分以上完成
– 検索→結果→選択→配達先指定→×
評価
• システム構築の遅延
• 番号入力の自動化により作業効率が向上
考察
• システム構築の遅延
– バグの多発
– 番号入力の自動化などの予定外の作業
• 番号入力の自動化
– 自動化プログラムの作成を考えていたが、
白紙化
– 全体の計画を修正
今後の課題
• システム構築の遅延を回復
• バグ修正の早期化
次回までの成果誓約
• 検索システムの完成
• 登録画面の完成
• 削除画面の完成
ダウンロード

Document