卒業研究
~楕円曲線法について~
9.21 中村直子
目次
・卒業研究について
・楕円曲線法
・今後の予定
卒業研究について
素因数分解に有効である楕円曲線法(ECM)がテーマである。
以下ECMと表記。
ECMは分解する合成数の性質により(どのような素因数を持つ
か)因数分解にかかる時間が変わる。
すなわち、合成数のサイズが大きくとも適用できる可能性がある
ということである。
ECMのアルゴリズムそのものは単純であるが,実際に計算する
上ではさまざまな高速化手法が欠かせない。
この高速化手法を研究する。
予定
・アルゴリズム紹介・実装
・実装はどれくらいの時間かかるのか実験
・ジャニスさんの論文の中で実装したものを検証
・既存システムとの比較
より効率の良い有効なアルゴリズムを探す
ダウンロード

ppt - TNT