有賀ゼミの皆様
企業の社会的責任(CSR)について
2004年11月17日
日本興亜損害保険株式会社
岩坂 健志
Corporate Social Responsibility
1
<どちらも社会の一員>
人の責任
会社の責任
Corporate Social Responsibility
2
<CSRとは?>
企業の社会的責任=Corporate Social Responsibility
「マルチステークホルダーの中心として、本業を通した
社会貢献を行うとともに、各ステークホルダーと共存共
栄しながら、持続可能社会の実現に貢献すること」
消費者の社会的責任=Consumer Social Responsibility
「消費者・個人株主としてCSRを果たしている企業を選
択し、自らも環境等に配慮した生活をおくることにより、
持続可能な社会に貢献すること」
Corporate Social Responsibility
3
<世界がもし100人の村だったら>
(持続可能な社会(1))
 52人が女性、48人が男性
 30人が子供、70人が大人、そのうち7人がお年寄り。
 70人が有色人種で、30人が白人
 61人がアジア人、13人がアフリカ人、13人が南北アメリカ
人、12人がヨーロッパ人、後はみな太平洋地域の人々
 20人は栄養が十分ではなく、1人は死にそう、15人は太り
すぎ
 すべての富のうち、6人のアメリカ人が59%を持っていて、
74人が39%を、20人が残りの2%を分けあっている。
 すべてのエネルギーのうち20人が80%を使い、80人が
20%を分けあっている。
出展:「世界がもし100人の村だったら
池田 香代子/再話 C.ダグラス・ラミス/対訳
(マガジンハウス 2001)
4
<世界の変化を1秒に縮めたら>
(持続可能な社会(2))
・人口が2.4人増え、0.3人が飢えで命を落としている
・252トンの化石燃料を使用
・世界で40万kWhの電力を使用
・二酸化炭素(CO2)762トン排出、うち384トンが大気に蓄積
・大気中の酸素(O2)が707トン減少
・地表の平均気温上昇0.00000000167℃(10年で5.8℃)
・5100㎡の天然林が消失、2300㎡の耕地が減少
・グリーンランドの氷の融解1600トン
・中国の砂漠化78㎡
・0.002種(7分に1種)の生物が絶滅
・自然災害に65万円の保険金が支払われている
出展:Think the Earth Project 「一秒の世界」(ダイヤモンド社)
Corporate Social Responsibility
5
<企業の存在意義>
「企業はその業務を通して人々を幸せにする社会的意
義を有し、その存続条件として利益をあげ続けなけれ
ばならない」
設立目的
(社会的ニーズ)
+
利益
(存続条件)
業務を通して社会的ニーズの継続的な達成
(幸福な社会への貢献)
Corporate Social Responsibility
6
<企業の影響力>
「企業は国家並みの影響力を持っている」
世界ランク
企業名
総売上高
(億ドル)
1
ウォルマートスト 2198
(世界最大・米国 ア
最大)
4
(欧州最大)
10
(日本最大企業)
ブリティッシュペ 1742
トロリアム(BP)
トヨタ自動車
1208
45
松下電器産業
549
GDP 相当国
(億ドル)
スウェーデン(2290)
ベルギー(2288)
トルコ(1999)
オーストリア(1887)
デンマーク(1627)
ノルウェー(1617)
タイ(1221)
フィンランド(1213)
ギリシャ(1133)
ポルトガル(1061)
ニュージーランド(507)
チェコ(507)
ハンガリー(463)
出所:企業ランク「フォーチュン誌」
(2001年度総売上高)
GDP「内閣府・海外経済データ」
(2000年度)
より作成
Corporate Social Responsibility
7
<マルチステークホルダー>
株主
投資家
メディア
金融機関
投資的社会貢献
政府
事業活動による社会革新
NGO
企業倫理・社会責任
取引先
住民
従業員
お客様
Corporate Social Responsibility
8
<企業評価の新しいモノサシ>
財務諸表
CSRは
各国の価値観
習慣によって
異なる
(BS・PL)
経済
企業
社会
環境
環境報告書
CSR報告書
トリプル・ボトムライン
Corporate Social Responsibility
9
<許せない!企業の行為>
(CSRと企業リスク(1))
CSR
ガバナンス
・リコール隠し
(54.0%)
・環境破壊
(45.0%)
コンプライアンス
・談合/癒着
(27.1%)
情報開示
・個人情報流出 (26.7%)
環境
・脱税
・セクハラ
(25.0%)
人権
(9.0%)
*複数回答
出展:東洋経済臨時増刊「環境・CSR」(2004・9・8)
500人Web調査
Corporate Social Responsibility
10
<「良い会社」「悪い会社」>
(CSRと企業リスク(2))
働きやすく
社会に貢献している
企業が良い会社
「良い会社」の条件
従業員が働きやすい
社会貢献をしている
利益を挙げている
その他
8% 2%
48%
「悪い企業」の条件
42%
5% 2%
社会的に好ましくない事業
36%
28%
従業員の待遇が悪い
儲け主義
赤字企業
赤字は
悪い会社にあらず
出展:東洋経済臨時増刊「環境・CSR」(2004・9・8)
その他
29%
500人Web調査
Corporate Social Responsibility
11
<CSRの流れ(1)>
環境問題
南北問題
人間性の回復
グローバル社会
競
争
性
人間性
(忘れられていた価
値)
バランス
(重要視されていた価
値)
効率性
社
会
性
成長から持続可能へ
Corporate Social Responsibility
12
<CSR経営の流れ(2)>
情報開示
理念・行動指針
(ディスクロージャー)
対話
ステークホルダー
への貢献
(コミュニケーション)
リスクマネジメント
環境
コーポレートガバナンス
持続可能な社会の実現
Corporate Social Responsibility
13
<CSRの構造と日本興亜におけるCSR>
C:事業活動を通した社会革新
企業
戦略
B:投資的社会貢献活動
独立系総合損保
独自の営業基盤
CS ⇒ お客様相談
保険商品・サービス ⇒ リスクコンサルティング
広報 ⇒ ブランド戦略・情報開示
ディスクロージャー誌
ホームページ・メセナ
社会活動 ⇒ 環境対応・ISO14001取得
環境情報誌「Risk Review」
環境セミナー
環境対応型保険
CR ⇒ ホットライン24(事故受付)
コールセンター
金融 ⇒ 社会的責任投資
福祉財団 ⇒ ジェロントロジー
CSR
企業の
存続条件
A:企業倫理・社会責任
企業理念・行動指針
リスク管理(体系) コンプライアンス IR
Corporate Social Responsibility
14
<社会的責任投資(SRI)とは>
(Socially Responsible Investment, SRI)
収益性・安全性ばかりでなく
社会的・倫理的要因を考慮した投資
ソーシャルスクリーン
(69%)
(12%)
株主行動
コミュニティー投資
(43%)
(0.3%)
(個人投資家・機関投資家)
(地域コミュニティー・NPO・宗教法人)
(Active)
Corporate Social Responsibility
15
<SRI各国事情・動向>
【米
国】
・社会的責任投資の発祥の地(30年の歴史)
・市場規模2.2兆ドル(235兆円)(2003年)
・最近数年で急激な伸び(残高は過去6年でほぼ倍、1997年1.2兆ドル)
・SRI投資家のフォーラム、SRI基準の専門機関
・インデックス(Domini400, DJWS, GMIA,GMUA )
【英国・欧州】
・市場規模2360億ポンド(45兆円)
・企業社会的責任担当大臣の設置(2000年3月)
・公的年金において社会的責任投資方針の公開の義務づけ(2000年7月)
(年金の60%が何らかのかたちでSRIを採用)
・インデックス(FTSE4Good)、SRI基準の専門機関
SRIは
すでに起きている未来
・ドイツ、フランス、スイスが米英に追随
【日
本】
・少ないが急激な伸び 1500億円
[ISO]
企業の社会的責任基準の作成開始
Corporate Social Responsibility
16
<SRIの投資行動における特徴>
1.「企業の社会責任(CSR)を遂行している企業へ
の投資にはアルファが存在する」という投資戦略。
2.従来の銘柄選択基準にSRI基準を加えること
(一部潜在して行っていたことを顕在化させること)
従来の銘柄選択基準 +
SRI基準
3.独自のSRI基準を持つこと
*FMの数だけSRIがある
Corporate Social Responsibility
17
<SRIの基準例(日本)>
経営理念
ガバナンス
環境保護
顧客対応
コンプライアンス
リスク管理
情報開示
従業員
社会貢献
Corporate Social Responsibility
18
<SRIの基準例(米国)>
たばこ
(96%)
ギャンブル
(86%)
アルコール
(83%)
軍事産業
(81%)
ネガティブスクリーン
環境保護
(79%)
人権
(43%)
労働条件
(38%)
女性保護
(23%)
動物保護
(15%)
Corporate Social Responsibility
19
<エピローグ>
(
松
下
幸
之
助
)
り「
を会
利社
益は
、
とお
し客
て様
いと
た
だ社
く会
もに
貢
の献
で
すし
。た
」お
釣
(実は古くて新しいCSR)
「利益以外何も生み出さないビジネスは
貧しいビジネスである。」
(ヘンリー・フォード)
「商売は、売り手良し、
買い手良し、世間良し」
(近江商人の三方良し)
「人に人格・人徳があるように、
会社にも社格・社徳が必要です。」
(盛田 昭夫)
Corporate Social Responsibility
20
<もっと勉強したい人>
•
•
斉藤槇「企業評価の新しいモノサシ」生産性出版
大和総研「大和レビュー春季号(2004 No14)」
•
P・F・ドラッカー「イノベーションと企業家精神ーその方法と実践(上)(下)」ダイヤモンド社
•
•
•
•
•
•
•
•
水谷雅一「経営倫理学のすすめ」丸善ライブラリー
谷本寛治「CSR経営」中央経済社
エイミー・ドミニ(山本利明訳)「社会的責任投資」木鐸社刊
足達英一郎・金井司「CSR経営とSRI」金融財政事情研究会
斉藤槇「社会起業家」岩波新書
木内孝「新学問のすすめーエコ経済への道」プラネット出版
高巌他「企業の社会的責任」日本規格協会
岩坂健志著・上田和勇編「現代金融サービス入門」白桃書房
Corporate Social Responsibility
21
<いつでもご質問ください>
日本興亜損害保険株式会社
総務部社会活動推進室
℡03-3593-5410
岩坂:[email protected]
Corporate Social Responsibility
22
ダウンロード

機関投資家の資産運用 - C