目次
1.
原子における弱い相互作用
2.
原子核のアナポールモーメント
3.
アナポールモーメントから何がわかるか?
4.
原子遷移を用いたアナポールモーメントの測定
1.
原子における弱い相互作用
弱いカレント:Charged and neutral currents.
パリティ非保存ハミルトニアン:
Effective P-odd Hamiltonian
弱い中性カレント
・Zボゾンの質量(~100GeV)は非常に大きいので、原子
スケールでは弱い相互作用は一定である。
・パリティは偶と奇(PNC)の両方から成り立つ。
・パリティ偶のカレントはアイソトープシフトと超微細
相互作用に少し影響する。
・パリティ奇(PNC)のカレントは原子過程の偽スカ
ラー(pseudo scalar)相関に影響を与える。
有効P-odd 電子-核相互作用
弱い相互作用の電荷
(右辺第一項)
結合定数κ(スピン依存力NSD)
(右辺第二項)
Anapole moment
VgAN弱い中性カレントとアナポールモーメント
VeAN弱い相互作用の結合定数κ
where sin 2θ W  0.239(Weinberg Angle)
2.原子核のアナポールモーメント
非相対論的近時では、最外殻核子と核コアーとのPNC相互作用は、
・その結果、スピンσは運動量pの方向成分を持ち、らせ
ん状のスピンを形成する。
・らせん状スピンはらせん状電流を生み出す。この電流は
核子の磁気モーメントと内殻コアーの断面積に比例する。
アナポール定数κA
 A  1.1510 A n g n
3
2/3
ここで、A=Z+N、μn,gnはそれぞれ核磁子単位の核磁気モーメント
不対核子の弱結合定数である。
不対陽子、中性子に対しては、
 p  2.8 N , g p  5,
 n  1.9 N , g p  1
アナポールモーメントは陽子の方が中性子より遥かに大きい。
3.アナポールモーメントから何が分かるか?
陽子と中性子の弱結合定数は7つの独立のパイオン、ローメ
ソン、オメガメソンの弱結合定数(それをDDH定数と言
う。)から成っている。
ダウンロード

スライド 1