米国にとってPartnership論は
「水」や「空気」の様に当たり前のこと。
268頁
…9月には私は初めての講義を教え始めた。独占禁
止法---私はそれをYaleで学び大いに楽しんだものだ--と、Agency &Partnership論(以下、Partnership論
と訳す)を教えた。 Partnership論は、契約による関
係性規定の性質と、それによって生ずる法的義務を
扱う。独占禁止法では16人の学生を、 Partnership
論では56人の学生を教えた。独占禁止法は、フェア
で自由な市場経済を上手く働かせることを目的に、独
占や非・競争的行動の形成を、政府は防止しなけれ
ばならないという考え方に基づいている。「全ての学
生が経済学の十分な知識を持っているわけではな
い。」と分かっていたので、説明資料を明瞭なものに、
そして諸原理を分かりやすくすることに努めた。他方、
Partnership論は十分にstraightforward(容易な、簡
単な、複雑でない、分かりやすい、単純な、)だと思え
た。むしろ、学生が退屈し、その重要性を見落とし、
「一つの共通事業体の中の各部門にどういうNature
を与えれば的確(exact)なのか、場合によってこれが
難しい問題になる。」ということを見落とすのではない
かと心配になった。だから私は、興味をそそる様な例
を考え、クラス討論が活発になる様に努めた。例えば
…
ダウンロード

米国にとってPartnership論は 「水」や「空気」の様に当たり前のこと。