流通論
新しい流通関係
本日の講義予定
背景
 「製販同盟」
 「効果的な消費者対応」

背景

メーカーと流通業者間の関係


価格支配を巡る対立
構造の変化
市場:低価格志向、価値観の多様化
 流通:低価格訴求業者の台頭


影響
流通業者:売上の低迷
 メーカー:NB商品の市場競争力の低下

製販同盟(Strategic Alliance)
メーカーと流通業者共同のマーケティ
ング戦略
 目的

良質かつ低価格な商品の開発
 効率的な流通システムの構築

流通コストの総合的な見直し
 リード・タイムの削減

製販同盟の方法
商慣行の改善
 EDIにより流通・マーケティング情報を共有

製品開発
 配送計画、在庫調整
 商品受発注の自動化・効率化


電子受発注(EOS)
製販同盟の問題点

メーカー
流通業者の下請け化
 既存の取引相手からの反発



流通業者


NB商品との価格差問題
卸売業者の中抜き化
他の(中小)業者

市場競争による淘汰の加速
効果的な消費者対応
ECR: Efficient Consumer Response

消費者志向の流通・マーケティング戦
略に対する業界全体の取り組み

カテゴリー・マネジメント
ECRの目的

効率的な
商品補充
 品揃え
 プロモーション
 新製品導入

ECRの方法
流通情報データの公開、
 「よりきめ細かなマーケティング」を推
進
 システム


第二次POS革命

推計ではなく、実際に収集された全国規模
のデータ
課題
「効率化」だけでは不十分
 「自分の生活を豊かにする商品」であ
るかどうかを見極める目

ダウンロード

「流通論」第25回 『新しい流通関係』