サブテーマ3 地震研研究課題4
「プレート間地震モデル化の研究」
震度・史料データによるモデル化
研究代表者:都司嘉宣
所内担当者:纐纈一起
研究分担者:武村雅之
神田克久
境 有紀
史料による推定震度のデータベース
史料地名
よみ
現地名
北緯
東経
度
分
度
分
緯度経度備考欄
和暦年月日
閑散としているので町役場をとった 文久1.9.18
文久1.9.18
町の中心部と思われるところ。
閑散としているので町役場をとった 文久1.9.18
文久1.9.18
お寺(東光寺)を採用
文久1.9.18
駅前を採用
文久1.9.18
地名が不明なため検索不可能
文久1.9.18
祗園八坂神社を採用
文久1.9.18
T字路を採用
文久1.9.18
町の中心部と思われるところ。
文久1.9.18
町の中心部と思われるところ。
閑散としているので町役場をとった 文久1.9.18
文久1.9.18
町役場辺りの地名
文久1.9.18
地名が不明なため検索不可能
文久1.9.18
町の中心部と思われるところ。
文久1.9.18
旧道の交差点
文久1.9.18
旧道の交差点
141
141
140
141
141
24
31
51
8
2
39
38
38
38
38
1
47
47
29
33
140
141
141
141
141
141
141
141
141
141
58
2
8
12
12
12
14
15
19
19
38
38
38
38
38
38
38
38
38
38
33
48
46
41
38
38
36
34
29
31
宮城県桃生郡河南町鹿又
141
17
38
29 町の中心部と思われるところ。
わくやちょう
いしのまき
やもと
なるせちょうおの
なるせちょうのびる
たいわちょうよしおか
おおさとちょう
おおさとちょうかすかわ
まつしまちょうさくらわたしど
宮城県遠田郡涌谷町
宮城県石巻市
宮城県桃生郡矢本町
宮城県桃生郡鳴瀬町小野
宮城県桃生郡鳴瀬町野蒜
宮城県黒川郡大和町
宮城県黒川郡大郷町
宮城県黒川郡大郷町粕川
宮城県宮城郡松島町桜渡戸
141
141
141
141
141
141
141
141
141
8
18
13
10
10
53
0
1
2
38
38
38
38
38
38
38
38
38
32
25
25
24
22
26
25
27
23
仙台
せんだい
宮城県仙台市青葉区川内
140
52
38
15 青葉城を採用
文久1.9.18
仙台東照宮
落合橋
旧宮城町
上愛子
中田
岩沼
せんだいとうしょうぐう
おちあいばし
きゅうみやぎちょう
かみあやし
くなかだ
いわぬま
宮城県仙台市青葉区東照宮
宮城県仙台市青葉区落合
宮城県仙台市青葉区 西部
宮城県仙台市青葉区上愛子
宮城県仙台市太白区中田
宮城県岩沼市
140
140
53
48
38
38
140
140
140
43
53
52
38
38
38
17 仙台東照宮を採用
16 駅前を採用
余に範囲が広いため採用できず
16 閑散としているので適当に採用
12 町の中心部と思われるところ。
6 町の中心部と思われるところ。
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
大東町
本吉
花山村
南郷町
小牛田町北浦
小牛田町下小牛田
古川
栗駒町尾松栗原
若柳町
迫町佐沼
米山町
米山町米岡
豊郷町赤生津
桃生町寺崎
河北町東福田
河北町相野谷
岩手県東磐井郡大東町
だいとうちょう
宮城県本吉郡本吉町
もとよし
宮城県栗原郡花山村
はなやまむら
宮城県遠田郡南郷町
なんごうちょう
宮城県遠田郡小牛田町北浦
こごたちょうきたうら
宮城県遠田郡小牛田町???
こごたちょうしもこごた
宮城県古川市
ふるかわ
宮城県栗原郡栗駒町栗原
くりこままちおまつくりはら
宮城県栗原郡若柳町
わかやなぎちょう
宮城県登米郡迫町佐沼
はさまちょうさぬま
宮城県登米郡米山町
よねやまちょう
宮城県登米郡米山町米岡
よねやまちょうよねおか
宮城県登米郡豊郷町赤生津
とよさとちょう
宮城県桃生郡桃生町寺崎
ものうちょうてらさき
かほくちょうひがしふくだひがしふくだ宮城県桃生郡河北町東福田
宮城県桃生郡河北町相野谷
かほくちょうあいのや
河南町鹿又
かなんちょうかのまた
涌谷町
石巻
矢本
鳴瀬町小野
鳴瀬町野蒜
大和町吉岡
大郷町
大郷町粕川
松島町桜渡戸
町の中心部と思われるところ。
漁村の中心部と思われるところ
須賀神社を採用
町の中心部と思われるところ。
町の中心部と思われるところ。
町の中心部と思われるところ。
閑散としているので町役場を採用
閑散としているので適当に採用
閑散としているので交差点
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
文久1.9.18
宮城県沖地震
文久1年(1861年)
天保6年(1835年)
寛政5年(1793年)
元禄地震
元禄16年(1703年)
震度インバージョン
計測震度と建物被害の対応性
Table 1 Comparison of current and proposed seismic intensity scales
地点
IM
IP
d
1995年兵庫県南部
JR鷹取
6.48*
6.63
59.4
1995年兵庫県南部
葺合
6.49*
6.39
20.2
1995年兵庫県南部
NTT神戸
5.83
5.94
16.1
1995年兵庫県南部
JR宝塚
6.15
5.92
7.2
1995年兵庫県南部
本山第一小
6.12
5.73
6.5
1995年兵庫県南部
神戸JMA
6.43
6.09
3.2
1995年兵庫県南部
尼崎高架橋
5.69
5.84
2.4
1995年兵庫県南部
尼崎竹谷小
5.70
5.57
1.7
1995年兵庫県南部
尼崎港
5.74
5.70
0.0
1995年兵庫県南部
関電総合技研 5.95
5.54
0.8
1995年兵庫県南部
六甲アイランド
5.70
5.71
0.0
1995年兵庫県南部
JR新大阪
5.42
5.33
0.0
1995年兵庫県南部
大阪JMA
4.54
4.40
0.0
1994年三陸はるか沖
八戸市庁舎
5.82
5.57
1.9
2000年鳥取県西部
境港測候所
6.01
5.92
1.1
2000年鳥取県西部
K-NET米子
5.82
5.76
0.0
1993年釧路沖
釧路JMA
5.95*
5.64
0.0
1993年北海道南西沖余震
乙部小
6.15
5.44
0.0
2001年芸予
K-NET大野
5.63
5.27
0.0
2001年芸予
K-NET東予
5.57
5.16
0.0
2001年芸予
K-NET三原
4.98
4.77
0.0
1997年鹿児島県北西部3/26 K-NET宮之城 5.53
5.49
0.0
1997年鹿児島県北西部5/13 K-NET宮之城 5.92
5.39
0.0
1.0
0.8
相関係数
地震
0.6
0.4
0.2
0.0
低層住宅
全建物
-0.2
0.0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 3.0
周期(秒)
ダウンロード

プレート間地震モデル化の研究/震度・史料データに基づくモデル化