目的
1996年厚生省の「公共の場の分煙のあり方検討会報告書」以来、原則禁煙とされ
ている保健医療施設の禁煙化はいまだ十分進んでおらず、兵庫県内では保健行
政担当者が机で喫煙する姿も散見される。兵庫県喫煙問題研究会では喫煙対策
を率先垂範すべき保健行政の現場での、禁煙環境、職員の喫煙状況、喫煙対策
について、質問紙調査をした。
方法
2001年2月中旬~3月中旬、県内各保健施設(健康福祉事務所、各市町の保健所、
保健部、保健担当課)に37項目の設問からなる質問紙を送付し、郵送で回収した。
はがきで督促し、締切日に回答を得た結果を集計した。
結果と回収率
結果は、健康福祉事務所、各市の保健所・保健部、各町の保健担当課の結果に
分けて集計した。回収率は次の通りであった。
各健康福祉事務所長宛(以下「健康福祉事務所」)回収率62.1% (18/29)
各市の保健所長・神戸市各区の保健部長宛(以下「各市」)回収率86.8%
(33/38)
各町の保健担当課長宛(以下「各町」)回収率81.8%(54/66)
合計の回収率78.9% (105/133)
施設内の喫煙状況
健康福祉事務所 (18か所)
喫煙制限なし
0%
完全禁煙
33%
分煙のつもり
67%
市・区 (33か所)
町 (54か所)
喫煙制限なし
0%
喫煙制限なし
4%
分煙のつもり
67%
完全禁煙
33%
分煙のつもり
77%
完全禁煙
19%
施設内の喫煙状況(分煙の場合について)
(職員の喫煙場所・複数回答)
30
30
健康福祉事務所
市区
町
25
20
か
15
所
10
15
不
完
併
煙
専
煙
1
用
室
下
喫
換
気
扇
の
機
浄
清
気
空
全
空
時
間
間
分
分
煙
煙
0 00
222
喫
5
6 6
3
用
5
室
11
7
4
10
4
7
施設内の喫煙状況(分煙の場合について)
(来訪者の喫煙場所・複数回答)
87
室
喫
煙
併
用
室
用
煙
喫
13 2
111
専
の
換
気
清
気
扇
浄
下
3 21
機
5
空
間
空
全
完
不
健康福祉事務所
市区
町
13
9
分
分
間
時
32
煙
煙
35
30
25
か 20
所 15
10
5
33
0
0
職員の喫煙問題
職員の喫煙状況
市・区 (33か所)
健康福祉事務所 (18か所)
喫煙者なし
0%
喫煙者なし
30%
喫煙者なし
35%
喫煙者あり
70%
喫煙者あり
100%
職員の喫煙場所
町 (54か所)
(複数回答)
30
27
25
20
健康福祉事務所
市区
町
16
か
15
所
10
13
6
5
0
喫煙者あり
65%
0 0
自席
5
喫煙場所
5
8
8
4
2
喫煙室
屋外
職員が喫煙するために無駄にする時間についての意見
健康福祉事務所 (18か所)
その他
17%
空欄
0% 税金の無駄
11%
わからない
17%
許容範囲
55%
町 (54か所)
市区 (33か所)
その他
12%
わからない
6%
空欄
9%
税金の無駄
21%
その他
12%
空欄
9%
わからない
6%
税金の無駄
21%
許容範囲
52%
許容範囲
52%
分煙施設設置にかかる公費についての意見
健康福祉事務所 (18か所)
その他
31%
空欄
6%
不適切
13%
問題なし
50%
市区 (33か所)
その他
9%
空欄
9%
問題なし
52%
不適切
30%
町 (54か所)
その他
17%
空欄
13%
不適切
20%
問題なし
50%
不完全空間分煙の喫煙所では受動喫煙が防げないことの知識
健康福祉事務所 (18か所)
知らない 空欄
0%
0%
町 (54か所)
市区 (33か所)
空欄
6%
知らない
9%
知っている
100%
知っている
85%
知らない
19%
空欄
7%
知っている
74%
空気清浄機では受動喫煙の害が防げないことについての知識
健康福祉事務所 (18か所)
知らない
17%
空欄
0%
知っている
83%
市区 (33か所)
知らない
24%
町 (54か所)
空欄
6%
空欄
7%
知っている
70%
知らない
54%
知っている
39%
全国の保健所の過半数が禁煙化を達成していることの知識
健康福祉事務所 (18か所)
市区 (33か所)
空欄
0%
知らない
39%
空欄
7%
空欄
6%
知っている
61%
知らない
42%
町 (54か所)
知っている
52%
知らない
56%
知っている
37%
上記を踏まえて、自らの保健施設の禁煙化を推進するか
健康福祉事務所 (18か所)
やる気はな
い
0%
空欄
17%
難しい
33%
推進したい
50%
市区 (33か所)
やる気はな
い
0%
空欄
9%
難しい
50%
推進したい
41%
町 (54か所)
やる気はな
い
空欄
0%
9%
難しい
51%
推進したい
40%
ただし、すでに禁煙であると答えたところは、健康福祉事務所では0箇所、各市区では、33箇所中11箇所(33%)、各町では、
54箇所中7箇所(13%)あった。
禁煙支援のための対策の現状
住民への禁煙支援をしているか
健康福祉事務所 (18か所)
予定なし
6%
実施予定
49%
市区 (33か所)
空欄
6%
空欄
6%
予定なし
18%
実施中
39%
20
15
予定なし
17%
実施中
55%
実施予定
21%
禁煙支援の形態
町 (54か所)
実施中
30%
実施予定
46%
(複数回答)
19
健康福祉事務所
市区
町
13
10
5
5
0
空欄
7%
0
教育
個別
健康
事業
個別
健
の
老
以外
老健
教育
3
3 4 3
1
禁煙
教室
5
2
その
他
0
喫煙問題に関する認識
「吸い過ぎに注意しましょう」という肺がん検診結果通知について
健康福祉事務所 (18か所)
その他
10%
これでよ い
14%
空欄
14%
不適切
62%
市区 (33か所)
空欄
9%
その他
18%
不適切
55%
これでよ い
18%
町 (54か所)
空欄
7%
その他
22%
不適切
51%
これでよ い
20%
時間分煙では受動喫煙の害が防げないことに対する知識
健康福祉事務所 (18か所)
知らない 空欄
0%
0%
知っている
100%
市区 (33か所)
知らない
21%
空欄
6%
町 (33か所)
空欄
7%
知っている
73%
知らない
33%
知っている
60%
保健施設管理職の喫煙状況
管理職は喫煙者か
管理職の執務時間内喫煙状況
(喫煙者の場合のみ)
空欄
7%
喫煙者
27%
喫煙しない
25%
非喫煙者
66%
空欄
4%
喫煙する
71%
管理職は施設内で喫煙するか 管理職の喫煙はどうあるべきか
(喫煙者の場合のみ)
喫煙しない
21%
止められな
い
8%
空欄
0%
喫煙する
79%
個人の自由
30%
空欄
4%
喫煙すべき
でない
58%
考察
 兵庫県内の保健施設内での不完全な受動喫煙対策の実態が明らか




となった
保健施設管理者の執務室あるいは勤務中の喫煙の実態が明らかに
なった
健康日本21喫煙対策を推進する立場からも保健施設とその管理者
がまず率先垂範し、現状を改めなければならない
今後は、厚生労働省がこのような調査を全国的に行い、全国の保健
施設の現状を把握して健康増進法の中で保健施設の禁煙化、保健
医療従事者の職務中の禁煙などを、法律で定め、禁煙を推進してい
ただきたい
今後は、健康増進法をさらに強化して、保健医療施設の禁煙を法律
で義務化するように働きかけてゆきたい
ダウンロード

施設内の喫煙状況 - 兵庫県喫煙問題研究会