警戒区域内放置家屋(大熊町)の線量率
および汚染密度の経年変化 その1
(平成23年8月3日~平成25年3月23日までの記録)
○きなやん*1 富さん*2 坂さん*3
xls-hashimoto*4
*1:大熊町民
*2:日立市民
*4:元都路村民
*3:大洗町民
N
双葉町
国道6号線
大熊町
JR常磐線
1号機
原子炉建屋
調査家屋
南西3,029m
第一原発
2011年3月11日 14時46分 大地震 襲来
弾き飛ばされた屋根瓦
放射性プルーム 来襲
放射性プルームにどっぷりと浸かった調査家屋
調査家屋
汚染された大地
調査家屋
「2S4」の隣にある調査家屋
真っ赤に汚染された調査家屋周辺
調査家屋
19μSv/hr以上ある調査家屋周辺
一時立入時の測定項目
一時立入宅回数
1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
6回目
7回目
測定実施日
H23.8.3
H23.11.26
H24.3.18
H24.5.26
H24.10.7
H24.11.23
H25.3.23
3.11からの経過日数
(日)
145
260
373
442
576
623
743
家屋周辺環境線量率
○
×
×
×
×
×
×
家屋敷地の線量率
○
○
○
○
○
○
○
家屋内の線量率
×
○
○
○
○
○
○
家屋内の表面汚染
(スミア法)
×
×
○
×
○
×
○
警戒区域内移動時の
車内線量率
×
○
×
×
○
○
○
○:実施 ×:未実施 塗りつぶし:今回紹介する内容
家屋周辺環境線量率
一時立入 1回目
2012年8月3日
調査家屋周辺は、
環境省のデータと同様に
19μSv/hr以上
あった。
線量率に変動があり、
場所によっては、
30μSv/hr
に近い値を示す
ホットスポット
があった。
家屋敷地の線量率
一時立入 1回目
2011年8月3日
幾何平均:
18.2μSv/hr
幾何標準偏差:
1.17
生垣のヒバなどの
植物すべてが、
元気にスクスクと
大きくなっていました。
残念なことは、
そのヒバが線源となり
その周辺の線量率を
上げていることです。
23.0μSv/hr
ある場所もありました。
家屋敷地の線量率
一時立入 7回目
2013年3月23日
幾何平均:
13.6μSv/hr
幾何標準偏差:
1.19
背丈以上に伸びていた
セイタカアワダチソウは
すべて枯れ、
庭一面が可燃物
と化していました。
線量率の減少がすすみ
最大値は
16.5μSv/hr
です。
家屋敷地の線量率
トレンド
1回目~7回目
実効半減期:
1,527日
(4.18年)
半減期と風雨による減少
とは別に、
季節変動もありそうです。
セイタカアワダチソウは、
成長すると
茎や葉の中の水分が
遮蔽材として機能している
のかな?と思っていたら、
水分は放射性物質を含み
吸い上げられて
線源の地上高を上げている
のかな?とも思われます。
家屋敷地の線量率
トレンド
0.05μSv/hr到達日
13,102日
(35.87年)
0.05μSv/hr到達日:
家屋敷地の線量率が
原発事故前のレベルに
戻る日
家屋内の線量率
一時立入 2回目
2011年11月26日
測定高さ:1m
幾何平均:
10.78μSv/hr
幾何標準偏差:
1.15
①1階・2階の天井・壁・床
に雨漏り跡がある。
②雨漏り時の重量増加
のためか、天井が一部
落下している。
③1階台所天井部
(No.10)の線量率が
高い原因は、天井部の
雨漏り跡がなっている。
家屋内の線量率
一時立入 7回目
2013年3月23日
測定高さ:1m
幾何平均:
8.51μSv/hr
幾何標準偏差:
1.16
①全体的に線量率が
下がっていますが、
大きな変化は無い
ようです。
②居間の畳に生えていた
キノコは枯れました。
③2階の寝室に生えていた
キノコも枯れました。
家屋内の線量率
トレンド
2回目~7回目
測定高さ:1m
2階:
実効半減期:
2,627日
(7.19年)
1階:
実効半減期:
1,654日
(4.53年)
1階の実効半減期は、
家屋敷地の4.18年と
近い値となっています。
家屋内の線量率
トレンド
0.05μSv/hr到達日
測定高さ:1m
2階:
20,643日
(56.52年)
1階:
12,945日
(35.44年)
0.05μSv/hr到達日:
家屋内の線量率が
原発事故前のレベルに
戻る日
家屋内の表面汚染
一時立入 3回目
2012年3月18日
①汚染(放射性プルーム)は
、北側から侵入した可能
性が強い。
②汚染は、1階の換気扇、2
階の換気扇および玄関ド
ア隙間から侵入した。
③侵入というより、家全体を
汚染が包み込んだ。
④換気扇は停電で動いてい
ないが、外圧が高い(風
により外気が進入)と換気
扇口がバタバタと動く。
⑤・・・
⑥屋根の破損により、屋根に
付着した汚染が、雨水と
一緒に屋内に侵入した。
家屋内の表面汚染
一時立入 7回目
2013年3月23日
前回と比較すると、
①汚染が偏在している。
②汚染が偏在している場所
は、1階北側の洗面所か
らお風呂、階段踊り場近
傍である。
③その汚染密度もおよそ半
分となっている。
平成24年12月~平成25
年2月に某組織が家屋内
汚染機材の撤去作業を
実施した。
そのことが、結果的に除
染も兼ねたことになったも
のと思われる。
測定方法(1回/ 3ヶ月の一時立入を利用して測定)
①線量率
・ 1cm/1m/2m高の線量率
(市販の測定器で測定)
②表面汚染
・直接法(GMサーベイメータで測定)
・間接法(化学雑巾を用いてスミア試料を採取、
GMサーベイメータで測定)
線量率のまとめ





家屋敷地の線量率は、当初14~23μSv/hr
当初、敷地内の立ち木が線源となっていたが、時間の経過とと
もに汚染が移動した。
家屋敷地の線量率は、4.2年の半減期で減少している。
敷地内は、物理的半減期に加え、雨風による汚染の移動がある。
家屋内の線量率は、 3.7~7.7年の半減期で減少している。
家屋内は、家屋敷地ほど雨風の影響を受けにくい。また、締め
切っているため汚染の出入りが少ないことによるものと思われる。
家屋内/家屋敷地の線量率比は、
1階:0.61 2階:0.66であり、家屋材による遮蔽効果は約
40%であることがわかった(1m高:木造建築物)。
表面汚染のまとめ






東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性プルー
ム(汚染)は、北東側から家屋を包み込み、家屋の北側に集中し
て設置してある換気扇群から家屋内に侵入した。
壁は汚染が検出されず、床面から汚染が検出されていることか
ら、沈降性汚染である。
汚染はスミアで採取できるため、容易に除去が可能と思われる。
人の立ち入りによる汚染拡大の痕跡が顕著に見ることができる。
以上から、表面汚染はルーズ性汚染である。
雨水の家屋内への漏洩が認められたが、漏洩痕がホットスポッ
トとなっていないことから、雨水は大きな汚染拡大源となってい
ない。雨水は、家屋の大きな腐朽源である。
得られた知見

線量率
1)家屋内の線量率が0.05μSv/hとなるには、
~35年を要する(1.0m高)。
2)家屋内/家屋敷地の線量率比は0.6程度となった。

表面汚染
1)非常時、家屋内で避難する場合は、気密の確保できる換気
扇のない締め切った部屋が有効である(内部被ばく低減)。
2)汚染の侵入を防止するためには、換気扇の閉鎖が有効であ
る。
謝 辞


本発表を行うにあたり、様々な方からご指導と
ご助言をいただきましたことに感謝いたします。
本発表データは、下記URLに掲載されていま
す。
http://xlshashimoto.cool.coocan.jp/radiation_monitoring/kinayan
/kinayan.html
「xls-hashimoto」で検索!
ダウンロード

警戒区域内放置家屋(大熊町)