書のみかた
書をどうみるか 本質論から
書とは何か
┌本質論
┤
└歴史
本質論
書の中の書
北宋 蘇軾《黄州寒食帖》
台北故宮博物院蔵
日本語
本質論
文字からみた書の3つの側面
視覚性、聴覚性、意味
形音義(書法・音韻・意
味)
┌書き言葉(文字)→視覚性の発達したものが書
└話し言葉(音声言語)→西洋で発達
本質論
書の視覚性(造形性) 3つの側面
点画
結体
章法
(1画の筆触
絵画のタッチ)
(1字の構成、垂直と整斉
絵画のモチーフ)
(字間の構成
絵画の構成)
本質論
視覚性からみた書の2つの基軸
時間性、身体性
過程芸術としての書
(
筆触が時間の経過に伴い刻まれていく)
用筆 執筆法 腕法 運筆法
筆意(意在筆先) 筆勢 筆力
時間(遅速、リズム)、角度
本質論
書とは芸術(美)であるか
→参照:日本近代 天心vs.小山
「書は美術ならず論争」
書とは「美術」でなく、芸術である
┌書家の書、画
└画家の画、書
徐冰の天書の例
書をどうみるか 歴史から
書とは何か
┌本質論
┤
└歴史
書法史
中国書法史
唐までの書体の創造
篆→ 隷→草 →行 →楷の展開
篆書
隷書
草書
行書
楷書
(秦の公用体、多様な書体を統一)
(漢の公用体、波磔(八分)の洗練)
(公用体を略した実用書体)
(公用体をくずした実用書体)
(唐の公用体、三折法の完成)
書法史
中国書法史
晋韻
4つの区分
(王羲之、行草書の力のバラン
ス)
唐法
(欧陽詢、虞世南、褚遂良の楷
書)
宋意 (蘇軾、米芾、黄庭堅の個性)
元明態 (様々なスタイルの応用)
書法史
中国書法史
正系と逸脱
正系の流れ(晋王羲之への復古)
唐太宗、宋淳化閣帖、元趙孟頫、
明文徴明、董其昌、清乾隆帝など
逸脱 唐顔真卿、北魏碑
禅の墨蹟(藁筆、かすれ、にじみ)など
(日本
奈良平安の王羲之尊重、鎌倉以降の墨蹟偏愛)
書法史
中国書法史
筆触の展開
無折法
(甲骨文、金文、篆書の筆触)
二折法
(漢の隷書、晋王羲之の行
草)
三折法
(唐で完成、楷書の筆触)
多折法
(宋以降、黄庭堅など)
無限折法
(清 八大山人、金農など)
石川九楊の説
書法史
中国書法史
筆と刀
筆による文字の歴史 「筆触 」
(刀のようにとぎすました肉筆による書)
↓↑ 相互影響
刀による刻字の歴史 「筆蝕」
石川説
(殷周甲骨文・金石、漢印・漢碑、北魏碑、清篆刻)
宋以降:印刷術による活字(タイポグラフィ)の歴史
ダウンロード

書をどうみるか