社会基盤保全工学
ガイダンス
コンクリート工学研究室
岩城 一郎
シラバス-1
• 単位 2
• 授業の概要
<教育目標> (1)高度成長期に集中整備された社会基盤施設
(インフラ)の一斉老朽化時代に備え,インフラを適切に保全し長寿
命化させることの重要性を理解できる.(2)インフラの劣化に影響
を及ぼす主な要因について,主としてコンクリート構造物を例に挙
げ,その現象,機構,対策(補修・補強方法)を理解できる.(3)イ
ンフラの維持管理の基本と主な内容・手順を理解できる.(4)コス
ト最小化・平準化のもとでインフラの延命化を図るマネジメント手法
を理解できる.
<授業の概要> はじめに,本科目の目的と意義を理解させるた
め,全体概要を示す.次に,インフラの劣化に影響を及ぼす要因と
して,コンクリート構造物の中性化,塩害,凍害,アルカリシリカ反
応,化学的侵食,疲労,ひび割れを取り上げ,その現象の把握,
機構の解明,対策の提案に関する講義を行う.さらに,インフラの
維持管理にあたっての基本とその主な内容・手順を教え,最後に
コスト最小化・平準化の下でインフラの延命化を図るインフラマネ
ジメント手法を理解する.
シラバス-2
授業計画
1.序論(社会基盤保全工学概論)
2.中性化
3.塩害
4.凍害
5.アルカリシリカ反応
6.化学的侵食
7.疲労
8.ひび割れ
9.授業内試験(中間試験)および解説
10.維持管理の基本
11.点検,計測・モニタリング
12.劣化予測,性能評価,対策(補修・補強)
13.インフラマネジメント概論(ライフサイクルコスト評価)
14.橋梁維持管理の実践(陸奥テックコンサルタント高橋明彦氏)
15.授業内試験(期末試験)および解説
シラバス-3
<受講にあたっての留意事項> 本科目の講義資料は下記URLに
アップするため予習復習を欠かさないこと.
<達成度評価の方法> 3回の小テスト(10点×3回=30点),中間
試験(40点),期末試験(30点)にて評価を行う.各教育目標に対す
る成績評価の割合は,(1)約10%,(2)約50%,(3)約20%,(4)約20%
<プログラムの達成目標と対応> この科目は土木工学科学習・
教育目標のうち主として(D-1)の達成に寄与する.
授業を受ける前の準備学習等
• 本科目は構造材料学,コンクリート構造学の基礎知識に基づき
講義を行うため,これらの科目を履修しておくことが望ましい.
成績評価
• 中間試験(40%),期末試験(30%),小テスト(30%)を総合し,60点
以上を合格とする.出席率2/3以上を成績評価の前提とする.
シラバス-4
教科書
• 川上洵,小野定,岩城一郎著:コンクリート構造物の力学 -解
析から維持管理まで-,技報堂出版
参考書
• 三浦尚著:土木材料学(改訂版),コロナ社
• A. M. Neville 著,三浦 尚 訳:ネビルのコンクリートバイブル,
技報堂出版
オフィスアワー
• 月-金:9:30-18:00 ただし,出張等で不在の場合があるので,
事前に連絡を入れることが望ましい.
備考
• 講義資料や連絡事項は下記URLに掲載するため,情報収集を
怠らないこと.
http://www.civil.ce.nihon-u.ac.jp/~concrete/index.html
• 講義中の私語厳禁!!
ダウンロード

ガイダンス