シンクロトロン放射光について
08232033
福田 龍起
Spring-8
• 大きさ:
甲子園球場の面積の約36
倍
(ディズニーランドの面積の
約3倍)
1、放射光の原理
• 〔1〕放射光とは・・
• ほぼ光速で直進する電子が、その進行方向を磁石
などによって変えられた際に発生する電磁波を放射
光と呼び、1947年に電子シンクロトロン(電子加速
器)で初めて観測されました。放射光は、電子のエ
ネルギーが高いほど指向性の良い明るい光となり、
また、電子のエネルギーが高く、進む方向の変化が
大きいほど、X線などの短い波長の光を含むように
なります。
• 電子は負の電荷をもっているためその周りに
電場をつくっていますが、これは仮想の光子
を雲のようにまとっていると考えられます。高
エネルギーの電子が磁場で曲げられると仮
想の光子が振り落とされて現実の光子となっ
て放出されます。これが放射光です。
• 〔2〕放射光を発生させるための磁石・・
• Spring-8:電子の進行方向を変える
ために用いる磁石のタイプとしては、
電子をリング状の加速器に閉じこめ
るために必要な偏向電磁石で放射
光を作っている。
偏向電磁石:赤外線からX線までの連
続した波長の光が得られます。
電子ビームの速さ
• 光速の99.999998%
• (299.792.458m/s)
〔3〕放射光の特徴・・
•
•
•
•
•
極めて明るい。
細く絞られ拡がりにくい。
X線から赤外線までの広い波長領域を含む。
偏光している。
短いパルス光の繰り返しである。
放射光でできること
•
•
•
•
放射光のX線を使ってレントゲン
たんぱく質の構造
地球の内部や惑星など
超微量元素分析
• おわり
ダウンロード

シンクロトロン放射光について - SAGA-HEP