問題14(8.鉄筋コンクリートの特徴)
鉄筋コンクリートの特徴に関する次の記述のうち,間違っているものの組み合
わせはどれか.
a.鉄筋コンクリート(英語:Reinforced Concrete)は,圧縮に強いコンクリートと引張
強度の高い鉄筋による複合材料である.
b.鉄筋コンクリートに曲げモーメントを与えると、コンクリートにひび割れを生じる。
このときコンクリートの引張応力を鉄筋が肩代わりする.このため,充分な鉄筋
の配置により,ひび割れの発生を防ぐことができる.
c.鉄筋コンクリートの長所は,耐久的であること,重量が軽いこと.短所は,ひび
割れが発生しやすいこと,現場打設により,施工管理,養生管理が必要になる
ことである.
d.鉄筋コンクリートは、はり、柱、スラブ、壁、ラーメンなど、多くの構造形式に適
用が可能である。
e.鉄筋の腐食防止,圧縮鉄筋の座屈回避のため,コンクリートによる鉄筋の被覆
が必須であり,従って,コンクリートのかぶりが極めて重要となる.
解答群
① a. b、 ② b. c、 ③ c. d 、 ④ d. e., ⑤ a. e.
問題14(8.鉄筋コンクリートの特徴)の解説と正答:
ヒント:鉄筋コンクリートの基本的な特徴をまとめたもの。
a.正しい:鉄筋コンクリートの基本中の基本
b.誤まり:鉄筋の配置により,ひび割れの発生を防ぐことができる.→ 発生を防
ぐことはできない(鉄筋は、ひび割れ発生後の,ひび割れ開口を制御
する).
c.誤まり:重量が軽いこと.→ 例えば,鋼構造に比べて,自重は増加する.
d.正しい:土木、建築、海洋構造物など適用範囲は広い。
e.正しい:鉄筋に対する「かぶり」の3つの役割:防火耐火、座屈回避、腐食防止
正解: ② b. c
ダウンロード

H15コンクリ前期1(鉄筋)