第19回 大阪府市統合本部会議資料
資料2
府議会での議論について
※ 代表質問(2月26~28日), 健康福祉常任委員会(3月8日・14日), 総務常任委員会(3月12日) の質疑をもとに
事務局において要約
〔大阪維新の会〕
 住民の理解を得て、病院の機能統合を早期に実現するためにも、大阪府も大阪市と一緒に
なって、機能統合案と民間病院の誘致が両立できるように取り組んでほしい
〔公明党〕
 誘致される民間病院の規模や機能によっては、府市で共同設置する住吉母子医療センター
の診療科目等に影響が出るのではないか
 跡地活用と機能統合案について、再度、府市統合本部会議において確認する必要がある
〔自由民主党〕
 新棟の病床数、診療機能が変わる可能性があり、市南部地域における小児周産期の医療
機能を急性期センターが継承するとした基本コンセプトが破たんしているのではないか
 民間病院も含めたトータルのプランが示されないと議論できない。一旦取り下げるべき
〔民主党・無所属ネット〕
 現地建替えすれば、府・機構の支出38億円は不要。地元住民の意見を無視して、なぜ拙
速に進めようとするのか
 今回の機能統合案で示された市南部地域における小児周産期の医療機能を急性期セン
ターが継承するとした整備計画の根拠がなくなる。計画と関連議案は撤回すべき
ダウンロード

住吉市民病院にかかる区民意見について