岩手県立大学における
発注・検収について
平成21年12月
岩手県立大学
・実 施 日:平成21年12月1日
【公的研究費の適正な使用について】
●文部科学省より、公的研究費(以下、「研究費」)の適正
な使用と管理・監査が求められております。
●本学では、平成21年3月に不正防止計画を策定し、適
正な支出の確保に努めています。
●他大学では預け金等が発覚しており、透明性の確保が
急務となっています。
●本学においても、教員発注に関し、納品時の事務職員
による検収方法を変更しますので、ご協力をお願いい
たします。
【 今回の変更点 】
従来の流れ
今後の流れ
発注①
発注①
教員
業者
教員
業者
納品②
検収③
納品③
学部事務室
検収②
学部事務室
点線:物品の移動を表している
【 発注・検収制度の概要 】
1)本学では、1件50万円未満の契約については、
教員による発注を認めています。
※発注方法は、電話、FAX、電子メール、インターネットなど、
様々な形態を認めています。
2)研究費で購入した物品等については、すべて
第三者による現物確認(検収)が必要です。
※現物確認が困難なもの(即時使用の消耗品、生鮮食品、
動植物、機械等の修理等)については、省略できますが、
確認の意味合いで検収印の押印を受けてください。
3)10万円を超える物品は備品となり、備品登録が
必要です。
4)機器等、各部品を組み立てて一体のものとして
使用するものは、合算して1件となります。
例:コンピューター(本体、キーボード、モニターなど)
【業者の皆様へのお願い】
1.受注について
1)教員から受注したときは、納品書・請求書へ発注者と受
注日の記載をお願いいたします。
※発注の事実を把握し、支払が滞らないようにするためです。
記載がないと、決裁の遅れにつながります。
納品書
公立大学法人岩手県立大学理事長 様
必ずご記入ください。(記載は、備
考でも欄外でも構いません)
6/12受注
○○学部△△先生分
2)教員が発注する場合、研究費による発注と個人(私費)
の発注が一緒に行われることがあります。その際は、
個人の発注分を明確に区分していただき、本学へ請求
することのないようご注意願います。
同時に発注
私費
研究費
研究費購入分
個人使用分
2.納品時の検収について
1)納品する際には、学部事務室等で事務職員による検収を
受けた後に、教員への納品をお願いいたします。
※検収前に、教員へ納品することのないようにしてください。
納品書
検収(学部事務職員)
検収
納品書
納品(発注した教員)
検収印
検収印に重ねて
学部事務職員の
氏名の認印を
押す。
納品書への押印
(検収印と認印)を
確認し、受領する。
2)学部事務室等で検収を受ける際には、納品書の写しを
事務職員へ提出してください。
※事務職員は、納品書(写し)に基づいて発注者へ速やかな
会計処理を促します。
3)検収印等の押印を受けた納品書、請求書、見積書は、
物品と一緒に発注した教員へ提出して、確認を受けて
ください。
4)教員が個人(私費)で発注した分については、直接教員
に納品してください。事務職員による検収は必要ありま
せん。
3.見積書・納品書・請求書について
1)見積書・納品書・請求書には、必ず日付を記入してください。
2)見積書・納品書・請求書の宛名は、「公立大学法人岩手県
立大学理事長」としてください。
3)納品書・請求書には、発注した教員名、受注日を必ず記入
してください。
4)検収を受ける際は、納品書の写しを学部事務室に提出し
てください。
ダウンロード

検収制度