天体の諸階層1
太陽系 Solar system
第三惑星 地球
•
•
•
•
半径6400km
大気圏:数百km
対流圏:10km
スペースシャトル:
300km
• 静止衛星:1万4千km
• 月まで:38万km
恒星の一つ,太陽のサイズ
• 半径:70万km
• 質量:2×10E30kg
• 地球から:1億5千万
km
• 地球地表のエネル
ギーは太陽から。
核融合 2p+2n→He+エネルギー
• 2p(陽子)+2n(中性子)=6.69×10E(-24)g
なお,10E(-24)は10の-24乗のことです。
• > He=6.65× 10E(-24)g
• この差がエネルギーで見ると, 4.1×10(-12)J
となり,1回の核融合反応の際に放出。
• アボガドロ数6.022×10E(23)の粒子,陽子
1.007g, 中性子1.009gで,3億kcal,つまり
40kw/hの一年分。
• 太陽全体でL◎=3.9×1026W :太陽光度
• 10-4W/kg。人間なら100W/70kg
太 陽 系
水星
金星
地球
火星
太陽
木星
土星
天王星
海王星
冥王星
• 肉眼で見えるのは,
水,金,地,火,木,
土で,中国の陰陽五
行説(七曜)に対応。
• 地球型惑星(内惑
星)と木星型惑星
(外惑星)に分かれ
る。
閑話休題:七曜(星)(しちよ
う)
• 肉眼で見える惑星と、太陽・月を合わせた7
天体。
• 恒星よりも明るく、天球から独立して動くと
いう点で、世界各地で神々と同一視された。
• ある七曜が守護する日をその七曜の曜日と呼
ぶ。
• 占星術では黄道と白道の交点(2つ存在す
る)を天体と同一視し、インド占星術では、
この2点を七曜に加えて九曜と呼ぶ。
地球型惑星
• 主に岩石や金属から
構成されるなど、地球
に類似した特徴を持
つ惑星
• 水星・金星・地球・火
星の四惑星がこれに
あたる。
木星型惑星(と天王星型惑星)
• 水素やヘリウムなどの、星間ガスを主体とした巨大な惑星で,
小惑星帯より外側にある木星・土星・天王星・海王星。木星と
土星(巨大ガス惑星Gas Giant)を特に木星型惑星と呼ぶ。天
王星と海王星は、天王星型惑星(巨大氷惑星Ice Giant)。
惑星形成のシナリオ
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション